浅丘ルリ子の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

女優の浅丘ルリ子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。人気女優として数々の作品に出演した浅丘さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

浅丘ルリ子(あさおか るりこ)

 

 

194072日生

身長156

血液型はA

 

満州国出身(東京千代田区育ち)の女優

本名は浅井信子(あさい のぶこ)

元夫は俳優の石坂浩二

 

以下では浅丘ルリ子さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

浅丘ルリ子の学歴~出身高校(菊華高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 菊華高校(中退) 偏差値56~62(現在)

※現在は杉並学院高校

 

 

 

浅丘ルリ子さんは中学卒業後は、私立の女子校の菊華高校に進学しています。

 

この高校は1923年開校の私立高校で、2000年に共学化されて現在は杉並学院高校になっています。

 

またこの高校は当時から芸能活動を容認していましたが、現在よりもレベルはかなり下でした。

 

この高校に在校時は、2学年上にタレントで参議院議員も務めた山東昭子さんも在籍していました。

 

後述するように浅丘さんは中学時代に女優として注目されたので、高校時代も多くの作品に出演していました。

 

そのため高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていません。

 

高校1年生だった1955年は実に5本もの映画に出演していました。

 

そのため多忙で高校への通学が困難になったことから、高校は比較的早期に中退しています。

 

【主な卒業生】

山東昭子(政治家・女優)

松原智恵子(女優)

天海祐希(女優)

 

とは言え浅丘さんは高校時代にあたる時期に若手女優として、大スターへの階段を上っていきました。

 

17歳の時には石原裕次郎さん主演の映画「鷲と鷹」でヒロインに起用されています。

 

 

また同じ年には「三人姉妹マンボ」で歌手デビューを飾っています(ペギー葉山、芦川いずみと共演)

 

 

そして18歳の時には映画「夫婦百景」や「明日は明日の風が吹く」などに出演して、日本映画製作者協会新人賞などを受賞。

 

 

この時期の浅丘さんは主演作こそなかったものの、美少女女優として数々の映画のヒロインに起用されています。

 

また当時は映画全盛期だったことから、テレビドラマへの出演はほとんどしていませんでした。

 

 

スポンサードリンク

 

浅丘ルリ子の学歴~出身中学校(千代田区立今川中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 千代田区立今川中学校 偏差値なし

※現在は千代田区立神田一橋中学校

 

 

 

浅丘ルリ子さんの出身中学校は、千代田区内の公立校の今川中学校です。

 

この中学校は2005年に統合されて、現在は神田一橋中学校となっています。

 

浅丘さんは中学2年生だった1954年に映画「緑はるかに」のヒロインの募集を知って、両親の後押しもあって応募。

 

3000人の応募者の中から見事に選ばれています。

 

 

ちなみにこの映画のオーディションの最終選考に残った6名には、高校の先輩の山東昭子さんもいました。

 

浅丘さんは最終的に女優の水の江瀧子さんの姪と争って、ヒロインに選ばれています。

 

中学3年生の時にこの作品でデビューしています。

 

そして映画ではその美少女ぶりが注目されて、髪型も「ルリ子カット」と呼ばれて女性の間で大流行するほどでした。

 

 

 

また中学3年生の2月に出演した映画「愛情」でははじめてのキスシーンもあったことからかなり動揺したそうですが、父親の激励もあって乗り越えています。

 

ただし浅丘さんはデビュー後は仕事が多忙で中学校を長期間欠席するなどしたことから、当時は物議を醸したこともありました。

 

【主な卒業生】

星由里子(女優)

古舘伊知郎(アナウンサー)

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 

浅丘ルリ子の学歴~出身小学校(千代田区立今川小学校)

 

出身小学校:東京都 千代田区立今川小学校(有力)

※現在は閉校

 

浅丘ルリ子さんの出身小学校は、千代田区にあった今川小学校が有力です。

 

家族構成は両親と姉、2人の妹の6人家族です(4人姉妹の次女)。

 

出身は満州国の新京市で父親が軍属だったことから、終戦時にはタイにおり、一家で強制収容されています。

 

その後日本に引き揚げてきて、浅丘さんが小学校3年生の時に千代田区の神田鍛冶町に移住しています。

 

当時は父親は代議士の秘書をしていましたが、家庭は非常に貧しい生活をしています。

 

ただし浅丘さんは当時から近所でも評判の美少女でした。

 

 

また小学校時代は近所のお姉さんにかわいがってもらったことをインタビューで明らかにしています。

 

「近くにステキなお姉さんが住んでいて、喫茶店でソーダをおごってもらったり、お化粧の仕方を教えてもらったり、とてもかわいがってくれたの。その弟さんが爽やかな男の子でね。私にとって初恋の人だったのよ」

 

浅丘さんは小学生時代から美空ひばりさんに憧れて、歌手になりたいと思っています。

 

以上が浅丘ルリ子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

20代前半で日活映画の看板女優となって、これまで出演した映画の数は150本以上に上ります。

 

渥美清さんと共演した「男はつらいよシリーズ」のリリー役は好評で、シリーズ史上最多となる4回もマドンナとして出演しています。

 

 

また俳優の石坂浩二さんとの結婚・離婚は大きな話題になっています。

 

 

姉御肌で後輩の面倒見もよかったことから、高橋英樹さんや松原智恵子さん、大原麗子さんら後に売れっ子になる多くの俳優・女優たちからも慕われてきました。

 

年齢は既に80代ですが、現在も女優として活動する傍ら、バラエティー番組やクイズ番組などにも出演して元気な姿を見せています。

 

 

昭和の大女優で現在でも高い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ