石坂浩二の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

俳優の石坂浩二さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。タレントとしても高い人気を誇る石坂さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

石坂浩二(いしざか こうじ)

 

 

1941620日生

身長177㎝ 体重65kg

血液型はO型

 

東京都中央区出身の俳優、タレント

本名は武藤兵吉(むとう へいきち)

 

以下では石坂浩二さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1958年のテレビドラマ「お源のたましい」にエキストラとして出演。 

1962年の「泣くなマックス」で連続ドラマ初出演。 

1967年に浅利慶太にスカウトされて劇団四季に入団して演出を担当。 

俳優との両立が困難になって同年に劇団四季を退団するが、1972年ごろまで脚本家としても活動。 

1969年の大河ドラマ「天と地と」で主演。 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「金田一耕助シリーズ」や「白い巨塔」、「やすらぎの郷」など。 

タレントとしても活動しており、「世界まるごとHOWマッチ」や「開運!なんでも鑑定団」などにレギュラー出演。 

私生活では1971年に女優の浅丘ルリ子と結婚したが、2000年に離婚。 

2001年に一般人女性と再婚した。

 

石坂浩二の学歴~出身大学(慶応義塾大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:慶応義塾大学 法学部法律学科 偏差値68(現在・難関)

 

 

 

石坂浩二さんは高校卒業後は、名門私立大の慶応義塾大学に進学しています。

 

この大学の系列の高校に通っていたことから、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

石坂さんが法学部に進んだ理由は、当時「法廷ドラマ」が大流行していたからでした。

 

このことについてインタビューでは次のように語っています。

 

「僕は芝居の他にずっと脚本も書きたいと思っていたので、法廷見学がたくさんあればいいなと思っていたんですが、とても少なかった。そして、すごくつまらなかった(笑)」

 

後述するように石坂さんは高校時代から劇団に所属をしてエキストラの仕事をおこなっており、大学入学後も引き続き活動をおこなっていました。

 

 

大学2年生の時にエキストラ役を演じていたところ、後に「渡る世間は鬼ばかり」のプロデューサーとなった石井ふく子さんにスカウトをされて本格的に芸能界入りをしています。

 

その後は20歳の時にドラマ「七人の刑事」で俳優としてデビューを果たしました。

 

石坂さんは大学2年生の時に本格的に芝居をやると決めて休学をしており、2年生を3回やったと語っています。

 

また大学在学中には大河ドラマ「太閤記」にも抜擢をされていますが、学業と仕事の両立は難しかったようです。

 

 

当時はかなり追い込まれていたようで、インタビューでは次のように振り返っています。

 

「つい最近まで、あと一つ(単位が)取れないから卒業できないっていう夢を見てましたから」

 

石坂さんは必須科目だった体育の単位をなかなか取得することができませんでした。

 

後述するように石坂さんは子供の頃からプラモデルにハマって、ずっと作り続けていましたが大学時代に芝居に夢中になり休学した期間には忙しくてできなかったと語っていました。

 

それでも石坂さんは何とか勉強を頑張って、大学は6年かけて卒業しています。

 

なお大学卒業後には、劇団四季に入団しています。

 

28歳だった1969年には、NHKの大河ドラマ「天と地と」の主演に抜擢されています。

 

 

以降も「金田一耕助シリーズ」などの数々の作品で主演しています。

 

 

その他にもタレントや司会者としても活動しており、多くのバラエティ番組にも出演しています。

 

 

私生活では1971年に女優の浅丘ルリ子さんと結婚しましたが、2000年に離婚しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

石坂浩二の学歴~出身高校(慶応義塾高校)の詳細

 

出身高校:神奈川県 慶応義塾高校 偏差値75(現在・超難関)

 

 

 

石坂浩二さんの出身高校は、私立の男子校の慶応義塾高校です。

 

この高校は1948年開校の慶応義塾大学の系列の私立高校で、古くから自由な校風で知られています。

 

また卒業生は原則として慶応義塾大学に進学できるので、現在では偏差値が跳ね上がっています。

 

石坂さんは高校時代は演劇部に在籍をしていました。

 

 

中学3年生の時には高校の演劇部に手伝いに行っていたことから、先輩から演劇部への入部を誘われていました。

 

当時の石坂さんは大道具を作ることにハマっており、非常に面白さを感じていました。

 

高校入学後には3つの劇団に所属をする傍ら、劇団の運営費を稼ぐためにエキストラの仕事をしてテレビに出演をしていました。

 

また高校時代には母親が結核で入院をしており、このことがきっかけで料理をするようになったそうです。

 

高校2年生の時にエキストラとしてドラマに初出演しますが、それが本格的に俳優としてのデビューにつながっています。

 

【主な卒業生】

岩田剛典(EXILE

櫻井翔(嵐)

小出恵介(俳優)

石原裕次郎(俳優)

 

スポンサードリンク

 

石坂浩二の学歴~出身中学校(慶応義塾普通部)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 慶応義塾普通部 偏差値68(難関)

 

 

 

石坂浩二さんの出身中学校は、私立の男子校の慶応義塾普通部です。

 

この中学校には中学受験で入学しています。

 

この中学校に入学後は同級生が突然クラシック音楽や美術の話をしはじめており、石坂さんは全く知識がなかったためかなりの落差を感じたといいます。

 

石坂さんはこれまでは病院などに飾ってあるミレーの「晩鐘」しか見たことがないという状態でした。

 

同級生は小学校からエスカレーター式に上がってきているため、かなり生意気でませていたそうです。

 

石坂さんは同級生にかなり影響を受けており、この中学校に入学していなければ全く違う人生だったとインタビューで語っています。

 

また中学時代には友人たちと共に演劇部を設立しました。

 

石坂浩二の学歴~出身小学校(大田区立田園調布小学校)の詳細

 



 

出身小学校:東京都 大田区立田園調布小学校

 

 

 

石坂浩二さんの出身小学校は、大田区内の公立校・大田区立田園調布小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

石坂さんは幼い頃に戦争を経験しています。

 

子供の頃には芝居が好きだった祖母によく連れられて浅草の劇場に行っていました。

 

そのため物心ついた頃には演劇にハマっていたといいます。

 

また子供の頃からプラモデルにもハマっており、当時は木の板から削り出す模型作りをおこなっていました。

 

以上が石坂浩二さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

既に年齢は80代に突入していますが、年齢を感じさせない若々しさで現在も第一線で活躍しています。

 

 

未だに高い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ