南沙良の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値とかわいい画像

 

人気若手女優の南沙良さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。このところかわいいと評判でテレビドラマや映画に引っ張りだこの南さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

南沙良(みなみ さら)

 

 

2002年6月11日生

身長160.9㎝、体重41㎏

血液型はA型

 

神奈川県出身の女優

本名同じ

 

以下では南沙良さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

南沙良の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:目黒日本大学高校(有力) 芸能コース 偏差値42(容易)

 

 

 

南沙良さんの入学した高校は、芸能人御用達の目黒日本大学高校が有力です。

 

南さんは進学先の高校名を明らかにしていませんが、当初から芸能コースのある高校に進学したと言われています。

 

 

また在籍する芸能事務所「レプロエンタテイメント」のタレントのこの高校や前身の日出高校の芸能コースへの進学率は非常に高くなっています。

 

「レプロエンタテイメント」のタレントでは、以下の人物たちがこの高校(日出高校を含む)の出身者になっています。

 

寺本莉緒

北村優衣

古畑星夏

高見奈央

傳谷英里香

 

また福地桃子さんや久間田琳花さんはこの事務所の所属でも他校の出身者ですが、いずれも和光学園高校の出身者で小学校からこの系列校に通学していたことやこの高校も芸能活動を認めているという事情があったからでしょう。

 

そのため確証がないので有力としますが、南さんはこの高校に進学したのはほぼ間違いないはずです。

 

後述するように南さんは中学時代から芸能活動をしていたので、幅広く活動できるようにこの高校に進学したのでしょう。

 

 

南さんはインタビューで「私も高校生だけど、制服を普段、着ることがないので」と話していました。

 

高校1年生だった2018年には映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で映画初主演を果たしました。(蒔田彩珠とW主演)

 

 

映画初主演にして「吃音症で上手に言葉を喋ることができない女子校生」という難役に抜擢されました。

 

オーディション前には原作のコミックを読んでいて、絶対に主演をやりたいという気持ちが強かったそうです。

 

南さんはこの作品と出会ったことでコンプレックスへの考え方が変わったそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「自分のなかにはコンプレックスや『嫌だな』と思う部分がたくさんあるのですが、今まではどうやって排除しようかとばかり考えていました。でも、個性としてしっかり向き合うことの大切さを学びました。」

 

この映画での演技が評価されW主演の蒔田さんと共に「第43回報知映画賞新人賞」と「第33回高崎映画祭最優秀賞新人女優賞」を受賞しました。

 

 

また南さん単独で中学時代に一度逃した「第61回ブルーリボン賞新人賞」と「第28回日本映画批評家大賞新人女優賞」を獲得しています。

 

また同年9月には江崎グリコ「ポッキー」のイメージキャラクターに起用されて、CM初出演を果たしています。

 

 

初のCM出演だったこともあり南さんはインタビューで次のように話しています。

 

「すごく緊張していて、撮影前日の夜も早く寝たら、朝4時に目が覚めてしまいましたが、宮沢さんも大倉さんも気さくに話しかけてきてくださったので、自然体でできた気がします」

 

また2019年1月にはドラマ「ココア」でドラマ初出演と共に初主演を果たします。

 

 

そして同年3月に「nicola」の専属モデルを卒業しました。

 

南さんが高校2年生だった2019年の5月には映画「居眠り磐音」で時代劇にも挑戦しています。

 

南さんはこれからは一つの型にはまらない色々な表現ができる女優になりたいそうです。

 

実力派女優である新垣結衣さんや二階堂ふみさん、満島ひかりさんに憧れていていつか一緒にお芝居がしてみたいそうです。

 

さらにこのところはCMなどで歌を披露して話題になっています。

 

 

今後はさらにメディアへの出演が増えていきそうですね。

 

なお南さんは2020年の時点でインタビューなどで大学進学を明言していません。

 

このあたりは何かわかりましたら追記しておきます。

 

スポンサードリンク

 

南沙良の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 川崎市立麻生中学校 偏差値なし

 

 

 

南沙良さんの出身中学校は、川崎市内の公立校の麻生(あさお)中学校です。

 

当初は別の中学校に入学しましたが、転校してこの中学校を卒業しています。

 

 

南さんは中学時代は美術部に所属していました。

 

後述するように小学校時代にファッション誌「nicola」の専属モデルとしてデビューしていることから、中学時代も3年間通じて「nicola」のモデルを務めていました。

 

中学3年生だった2017年に映画「幼な子われらに生まれ」で女優デビューを果たしました。

 

 

初めて映画撮影を経験した南さんはインタビューで次のように話しています。

 

「本当に右も左も分からない状態だったのですが、そんな中で皆さんが支えてくださったりアドバイスをくださったりして、すごく恵まれているなと思いました」

 

南さんはこの作品の出演で「第60回ブルーリボン賞」にノミネートされましたが、結果は落選に終わっています。

 

そして同年に「レベッカ」の新曲「恋に堕ちたら」のミュージックビデオに出演しています。

 

 

中学校を卒業目前の2018年の2月には「nicola」で初表紙を飾っています。

 

 

このように南さんは中学校時代に女優やファッションモデルとして、大きく成長しています。

 

スポンサードリンク

 

南沙良の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 聖ドミニコ学園小学校

 

 

 

南沙良さんの出身小学校は、私立の共学校の聖ドミニコ学園小学校です。

 

この小学校はキリスト教育も行っていて、幼稚園から高校まで同じ敷地内にある一貫校です。

 

また小学校までは男女共学となりますが、中学校と高校は女子校となっています。

 

家族構成は、両親と兄の4人家族です。

 

幼稚園の頃から女優の仕事に憧れがあり、女優になりたいと思っていたそうです。

 

ただ南さんはインタビューでは「女優になりたいと思い始めた明確なきっかけは正直ないんです」と話していました。

 

ただ小さい頃にリスやインコになってみたかったり、「自分以外の何かになる」ことに憧れがあったそうです。

 

また小学校の頃にはクラスの中心となるような人気者の女の子に憧れて、その子になってみたいと思うこともあったようです。

 

幼い頃一人で遊ぶことが多く何かになりきりながら、ごっこ遊びもしていたとインタビューで話しています。

 

南さんは幼いころからモンスター映画や怪獣映画を観ることが多く、映画に登場する「大きい生物」が好きだったそうです。

 

小学6年生だった2014年に叔父さんが見つけてくれた「第18回nicolaモデルオーディション」に応募し、グランプリを受賞しました。

 

 

ちなみにこのオーディションでは川床明日香さんや宮原響さんらもグランプリを獲得しています。

 

以上が南沙良さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

 

当初はファッションモデルとしてデビューしていますが、このところは女優として大きな注目を集めています。

 

既にテレビドラマや映画では主演も経験しており、今後も話題作の主役級に起用されることは間違いなさそうです。

 

またさらに演技力を磨けば、女優としてブレイクするポテンシャルを秘めています。

 

「第2のガッキー」と呼ばれ大きな期待も背負っているので、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ