紺野彩夏の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

ファッションモデルで女優の紺野彩夏さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は紺野さんは進学校の出身で勉強もできました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

紺野彩夏(こんの あやか)

 

 

1999年6月24日生

身長164㎝

血液型はA型

 

千葉県船橋市出身の女優

本名同じ

 

以下では紺野彩夏さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

紺野彩夏の学歴~出身大学(明治学院大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治学院大学 偏差値50~58(学部不明のため)

 

 

 

紺野彩夏さんは高校卒業後に、明治学院大学に進学しています。

 

大学進学については本人は明言していませんが、高校2年生の時に大学への進学を希望していることをインタビューで明らかにしています。

 

「2017年は受験生、進路を決める節目でもあります。私は大学に進んで英語の勉強をしたいと考えています。英語が堪能になったら、きっとシゴトの幅も広がると思います。海外の俳優さんにインタビューするような新しいことにも、どんどん挑戦していきたいです!」

 

また高校もこの大学の系列校に通学していたので、進学先としてこの大学が最有力とされています。

 

 

在籍学部は明らかになっていませんが、上記のように英語を学べる学部に進学している可能性が高く、とすれば同大の文学部英文学科(偏差値54)や国際学部国際学科(同58)が有力になりそうです。

 

「大学に進んで英語の勉強をしたいと考えています。英語が堪能になったら、きっとシゴトの幅も広がると思います。海外の俳優さんにインタビューするような新しいことにも、どんどん挑戦していきたいです!」

 

高校時代からファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルを務める紺野さんですが、大学1年生の時には待望の表紙に起用されています。

 

 

また「SEVENTEEN」の公式動画サイトにもたびたび起用されています。

 

 

なお大学1年生の時に同誌の看板モデルだった広瀬すずさんが卒業した際には、「次は紺ちゃんが引っ張る番だから頑張ってね」とエールを贈られています。

 

※追記

紺野さんは2020年11月に「SEVENTEEN」を卒業することを発表しています。

 

 

ファッションモデルとしては「東京ガールズコレクション」などのランウェイにも出演しています。

 

 

紺野さんは大学進学後は女優活動を本格化させて、連続ドラマ「仮面ライダージオウ」にレギュラーキャストとして出演しています。

 

 

このドラマでは紺野さんは悪役のオーラ役をオーディションで射止めています。

 

最初に聞いたときはびっくりしたのと嬉しさと両方ありました。オーディションでは周りにすごい方がたくさんいらっしゃって、手応えもあまりなかったので、これは無理じゃないかなとも思っていました。なので「え?私?」という気持ちで。驚きのほうが大きかったです」

 

またこの作品は紺野さんにとっては初のレギュラー出演となるのですが、悪役を演じるにあたっては、インタビューで次のように話しています。

 

「菜々緒さんや沢尻エリカさんのような悪女役がかっこいいなと思っていて、最近は悪女役をやりたいと言っていたので、この役をいただけて嬉しかったです。台詞の言い方ひとつをとっても普段の自分とは全く違って楽しいですし、違う人格になれることが楽しいです」

 

 

また同じく大学1年生の頃にはウェブムービー「はやいよ、さくらちゃん」に主演しています。

 

 

 

さらに大学2年生だった2019年7月には、自身のYOUTUBEチャンネル「Konno Ayaka」を立ち上げてファンを喜ばせています。

 

 

大学3年生になった2020年には映画「叩き壊すほどに君へ」の主演に起用されています。(久保田紗友とW主演)

 

 

ちなみに目標とする女優は石原さとみさんであることや朝ドラへの出演を目指しているとインタビューで明言しています。

 

石原さとみさんのように幅の広い演技ができる女優さんになりたい。私は万人受けする顔じゃないと思いますが…いつか朝ドラのヒロインをやりたい

 

女優としても「逸材」とされる紺野さんですが、今後は出演作も増えていきそうなので楽しみです。

 

スポンサードリンク

 

紺野彩夏の学歴~出身高校(明治学院高校)の詳細

 

出身高校:東京都 明治学院高校 偏差値67(難関)

 

 

 

紺野彩夏さんの出身高校は、私立の共学校の明治学院高校です。

 

この高校は1863年開校の伝統校で、日本でもっとも古いキリスト教系の学校のひとつとして知られています。

 

また学業優先を条件として芸能活動を認めていることから、在籍する芸能人も増えています。

 

紺野さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

 

紺野さんは高校時代は部活動をおこなっていませんでした。

 

ただし高校時代の学校行事は楽しかったとインタビューで話しています。

 

「自由な校風の学校に通っていましたが、きちんと勉強をしなければいけない時は勉強をして、他のところでは「わーっ」とはしゃいでいました。文化祭や体育祭がすごく楽しかったです」

 

また高校2年生の文化祭ではお化け屋敷をやったそうです。

 

「2年生の時にクラスでお化け屋敷をやりました。段ボールを集めに行ったりして楽しかったです。本番では説明係としてお客さんに注意事項を伝えたりしていました」

 

ちなみにその際に作ったお化け屋敷はかなり凝った迷路のようなものだったので、誰が入っていつ出たのかわからないようなものだったそうです。

 

高校2年生の時に念願だった人気ファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルに起用されています。

 

「あの日、急に事務所から呼び出しがあったから「私、何か悪いことした?」とドキドキしたことを覚えています。事務所に到着すると応接室に通されて『Seventeen』の専属モデルに決定したと伝えられました」

 

その際には「SEVENTEEN」のモデルとしては遅いデビューだったことから、「できるか?」と確認されたのですが、うれしくて涙したことをインタビューで明らかにしています。

 

 

また当時「SEVENTEEN」の専属モデルだった女優の永野芽郁さんが、すごいスケジュールで撮影しているのを目の当たりにして感心しています。

 

高校時代はファッションモデルやCMやイメージキャラクターの仕事が中心でした。

 

 

このように紺野さんは高校時代から芸能活動が忙しかったので、仕事の都合で6限目から授業に出席したりもしています。

 

またインタビューでも学業の両立は大変だったと述べていましたが、見事に両立しています。

 

なおこの高校は進学先の大学の系列校のため、大学へは一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

【主な卒業生】

加藤ミリヤ(シンガーソングライター)

南沢奈央(女優)

高見沢俊彦(ミュージシャン)

 

スポンサードリンク

 

紺野彩夏の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

紺野彩夏さんの出身中学校は、船橋市内の中学校のようですが校名などは不明です。

 

出身高校には系列の中学校がないことから、中学校に関しては公立校の可能性が高そうです。

 

中学1年生の時に部活動に入ろうかどうか迷っていますが、仕事のために部活をしなかったことをインタビューで語っています。

 

「部活に入らないと一緒に帰る友だちもいなくなっちゃうし、クラスの話題にもついていけないかもしれない。でもシゴトをしながら部活をしたら、どっちも中途半端になってしまいます。たくさん考えた結果、部活はあきらめてシゴトに集中することにしました」

 

紺野さんが仕事を優先させたのは、当時から「SEVENTEEN」のモデルになりたいと思っていたからでした。

 

中学3年生の時もこの雑誌のオーディションの「ミスセブンティーン」に応募していますが、残念ながら不合格になっています。

 

 

ちなみにこの年の「ミスセブンティーン」に選ばれたのは、横田真悠さんと川津明日香さん、樫本琳花さんの3人でした。

 

紺野彩夏の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

妹の萌花さんも芸能活動をしており、CMなどに出演しています。

 

(右が妹の萌花さん)

 

ちなみに萌花さんはクレラップのCMにも出演していました。

 

(右が萌花さん)

 

紺野さんは赤ちゃんモデルとして芸能事務所入りし、3歳の頃から子役としてデビューしています。

 

幼少期の頃は撮影現場に行くと同じくらいの年の子供たちが多かったので、遊びに行っている感覚だったとインタビューで述べています。

 

 

小学校3、4年生の頃から「仕事って楽しいな」という気持ちになっています。

 

(11歳の頃)

 

以上が紺野彩夏さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「SEVENTEEN」では、永野芽郁さんや大友花恋さん、横田真悠さんらとともに人気モデルになっています。

 

 

またこのところは女優業にも力を入れており、今後はテレビドラマや映画の出演も増えるはず。

 

年齢的にも伸び盛りですから、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ