室井佑月の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

室井佑月(むろい ゆづき)

 

01

 

1970227日生

身長162

血液型はB型

 

青森県出身のタレント、小説家

本名非公開

 

以下では室井佑月さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 
1997年に小説新潮の公募「性の小説」で入選して文筆活動をはじめる。 

同年にVシネマの「監禁逃亡」に出演し女優デビューし、ON THE ROCK」などの映画にも出演している。 

2000年頃からタレントとしてテレビ出演が増えて、過去には「とくダネ!」や「スーパーモーニング」、「ピンポン!」などの情報番組のレギュラーを務めている。 

「金曜日のスマたちへ」や「バラいろダンディ」などのバラエティー番組にも、レギュラー出演している。 

私生活では1999年に作家の高橋源一郎と結婚して長男を出産するも、2001年に離婚した。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:栃木県 石橋高校 偏差値60程度(当時)

 

 

室井佑月さんの出身校は、県立の共学校の石橋高校です。

 

この高校は1924年開校の公立校で、ハンドボール部や吹奏楽部が県内では強豪として知られています。

 

同校は現在は進学実績もさらに高くなり偏差値も65程度の難関校ですが、室井さんの在籍時はそこまで高くありませんでした。(但し、進学校ではあった)

 

中学生までは成績が非常によく進学校である同校に進みましたが、高校では目標を見いだせませんでした。

 

そのため高校時代は学校をよくサボったので、母親がたびたび学校に呼び出されています。

 

また室井さんは自身の高校時代については、インタビューで次のように振り返っています。

 

「高校時代は、「先生のいうことをきかないとまともな大人にならない」などとよく言われていた。けれど、先生のいうことを聞いて、先生のいう通りにしていたら、先生のいうまともな大人というのは「=先生」だったから、それじゃあ、ああいう大人にはなりたくないと思ったもの」

 

加えて室井さんは学生時代は「暗黒時代」と述べており、特に体育の時間が嫌だったと話しています。

 

「私の学校時代?はっきりいってもう、早く学生時代が終わってよかったよ。ほんと、暗黒の時代だと思っていたからね(笑)。何がイヤかって、体操着にゼッケンつけられて並ばされる体育の時間がイヤだった」

 

そのためダラダラと無気力で過ごしてしまったようで、同校在籍中の成績は非常に悪かったといいます。

 

また在校時は「変わった子」と思われています。

 

そして室井佑月さんは高校卒業後は大学に進学していません

 

その後は雑誌モデルやレースクイーン、高級クラブのホステスなど数々の職業を経験しています。

 

そして27歳の時に「小説新潮」が主催した「性の小説コンテスト」に入選して執筆活動を開始。

 

翌年の1998年に「血い花(あかいはな)」で小説家デビューを飾っています。

 

以降はタレント活動も開始して、「とくダネ」や「ひるおび!」などの情報番組にコメンテーターとして出演。

 

 

また「ネプリーグ」などのクイズ番組にも出演しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:不明

 

室井佑月さんの出身小学校は栃木県内の公立校のようですが、校名などは不明です。

 

なお小学校から高校まで学校は公立に通学していたとインタビューで話しています。

 

中学校時代は陸上部に入部していますが、すぐに辞めたとインタビューで話しています。

 

「陸上が得意で、800m走が速かったから、中学になると陸上部に入れられたのですが、すぐに辞めました(笑)。どうして?って、練習がキツくって(笑)。」

 

ちなみに陸上部に入部したのも陸上競技をしたかったわけではなく、出席日数が足りなかったので、先生に勧められたからです。

 

なお室井さんは小学校から高校時代まで、ずっと遅刻・早退・欠席がNO.1だったと語っており、それほどまでに学校が嫌いだったとのこと。

 

加えて母親もかなり室井さんを甘やかしており、学生時代は雨が降ると風邪をひくから学校を休むようにも勧められています。

 

ただし勉強も嫌いでしたが、中学時代まではあまり勉強しなくても学校の成績はよかったとのこと。

 



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

室井佑月さんの出身小学校は不明です。

 

小学校時代は6回も転校を経験していることを明らかにしています。

 

1970年生まれというと、ちょうどベビーブームの頃。小学校にはプレハブ校舎がありました。青森、栃木、仙台……と、6回転校していて、短い時には半年、平均すると一年ずつくらいしかいませんでした

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

父親は製薬会社の営業マンでしたが会社を解雇されたことから職を転々として、そのために転校を繰り返しています。

 

ちなみに母親は元銀座の高級クラブのホステスでした。

 

父親はギャンブル好きだったことから、室井さんが子供の頃には「動物園に行くぞ」と言われ競馬場に連れて行かれたこともありました。

 

また小学校時代から「群れる」のが嫌いでした。

 

「子どもの頃は、群れたりするのが好きではなく、おトイレに行きたくないのに連れ立っていくとか(笑)、そういうのがイヤだった。一部の仲のよい子たちとだけ遊んでいましたね。人に合わせるのが苦手だから、登下校も一緒に帰ったり、誰かを待ったりするのも苦痛だった」

 

以上が室井佑月さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

小説家としての活動を開始すると、その美貌や歯切れのいいコメントが話題になって、コメンテーターとしても人気を博しています。

 

また女優として映画に出演したこともありました。

 

 

その後は文筆活動よりも、徐々にタレント活動にウェイトを置いているようです

 

現在に至るまで人気の情報番組に立て続けに起用されるなど、根強い人気を博しています。

 

キャラクターとしても稀有な人物なので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ