松尾貴史の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

タレントの松尾貴史さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。数々のバラエティ番組でお馴染みの松尾さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

松尾貴史(まつお たかし)

 

 

1960511日生

身長176

血液型はB型

 

兵庫県神戸市出身のタレント、俳優

本名は岸邦浩(きし くにひろ)、別名義はキッチュ

 

以下では松尾貴史さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

当初は大阪芸術大学の非常勤講師やDJの見習いなどとして活動。 

1984年にスカウトされて「キッチュ」の名義でタレント活動を開始。 

1985年から「アッコにおまかせ」の初代司会者を務める。 

1989年に芸名を「松尾貴史」に改名し、同年から「笑っていいとも!」の曜日レギュラーに起用されて知名度が大幅に上昇。 

以降も「TVタックル」や「クイズ赤恥青恥」、「熱血!オヤジバトル」などのテレビ番組に出演。 

俳優としても活動しており、「相棒」や「義経」、「ちりとてちん」などのテレビドラマに出演。

既婚者。

 

松尾貴史の学歴~出身大学(大阪芸術大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:大阪芸術大学 芸術学部デザイン学科 偏差値43(普通)

 

 

 

松尾貴史さんは高校卒業後は、大阪芸術大学に進学しています。

 

同大は芸術系の大学なので学科試験は容易で偏差値も低めですが、普通レベルの芸術大学です。

 

大学ではデザインを学んでいました。

 

また松尾さんは当時からお笑い好きで、大学時代は友人とコントをカセットテープに吹き込んでいました。

 

その他にも大学在学中から、舞台のナレーションやライブの司会などをはじめています。

 

大学卒業を控えて周囲が就職活動をしている中でも松尾さんは何もしませんでした。

 

どこか楽観主義で就職活動をしなくても何とかなるだろうと根拠のない自信があったと当時を振り返っています。

 

とは言え、周囲からは「就職活動をしないと駄目だ」などと脅かされたとのことです。

 

松尾さんは落語が好きだったため、落語家に弟子入りをしようと考えていました。

 

そして実際に桂枝雀師匠の自宅まで訪ねて行っていますが、不在だったためそれっきり自宅に行くことはありませんでした。

 

東京のデザイン事務所に就職が決まっていましたが、月給が8万円で少なかったため就職はしませんでした。

 

そのため松尾さんは大学卒業後はこの大学の非常勤副助手になっており、自宅から通勤をしていました。

 

給料をもらえるのは16時半までで1日に2,000円ほどにしかならないため、夜は北新地の親戚の店でDJの見習いをしていたとのことです。

 

同時にデザイナーになろうと思っていたため、上手にプレゼンをするために月謝の安い話し方の教室にも通っていました。

 

24歳だった1984年にスカウトされて、「キッチュ」の芸名で芸能活動を開始しています。

 

 

すると翌年にはバラエティ番組「アッコにおまかせ」のレギュラーに起用されています。

 

 

そして1989年から「笑っていいとも!」のレギュラーに起用されて、人気も全国区になっています。

 

以降も数々のバラエティ番組に出演していました。

 

 

俳優としても数々のテレビドラマに出演しています。

 

 

さらにナレーターやコラムニスト、大学の客員教授などかなりマルチな活動も展開しています。

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。 

 

スポンサードリンク

 

松尾貴史の学歴~出身高校(大阪商業高校)の詳細

 

出身高校:大阪府 大阪商業高校 偏差値38(当時・かなり容易)

※現在は大商学園高校

 

 

 

松尾貴史さんの出身高校は、私立の男子校(当時)の大阪商業高校です。

 

この高校は1887年開校の伝統校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校は現在は共学化されて、大商学園高校に名称も変更されています。

 

加えて現在は特進コースなどを設置して偏差値も上昇していますが(偏差値は43~49)、松尾さんが在籍した当時は現在ほどのレベルではありませんでした。

 

松尾さんは高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

また高校生の頃には生徒会に入って書記を務めていました。

 

理不尽な校則を変える運動に参加をしています。

 

松尾さんは不良グループの生徒や教師とも上手く付き合うなど、当時からかなり要領も良かったようです。

 

高校時代は親戚のお兄ちゃんとその彼女と一緒に遊ぶなど、年上とよく遊んでいたようです。

 

【主な卒業生】

オール巨人(お笑い)

 

スポンサードリンク

 

松尾貴史の学歴~出身中学校(西宮市立瓦木中学校)の詳細

 

出身中学校:兵庫県 西宮市立瓦木中学校 偏差値なし

 

 

 

松尾貴史さんの出身中学校は、西宮市内の公立校・西宮市立瓦木中学校です。

 

松尾さんは神戸市出身ですが進学予定の中学校が男子は丸刈りだったことから、西宮市にあるこちらに中学校に越境入学しています。

 

中学1年生の時にはすでに落語が好きでした。

 

当時はYOUTUBEやCDプレイヤーもない時代だったため、落語番組に間に合うようにテレビの前にカセットテープレコーダーをセットして、出囃子がはじめる瞬間に録画をしていました。

 

しかし松尾さんの学校の成績があまりにも悪かったことから、父親が松尾さんが学校に行っている間にカセットテープなどを捨てています。

 

松尾さんは自宅の近所の弁護士を探して電話をかけており、「父親を訴えます」と言ったことを鮮明に覚えているとのことです。

 

【主な卒業生】

小池真理子(小説家)

小西博之(俳優)

団長安田(お笑い・安田大サーカス)

佐野晶哉(ジャニーズ・Aえ!group)

 

松尾貴史の学歴~出身小学校(神戸市立神戸小学校)の詳細

 



 

出身小学校:兵庫県 神戸市立神戸小学校

※現在は神戸市立こうべ小学校

 

 

 

松尾貴史さんの出身小学校は、地元神戸市内の公立校・神戸市立神戸小学校です。

 

この小学校は周囲の小学校と統合されて、現在は神戸市立こうべ小学校になっています。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

父親は神戸でバーを経営していました。

 

読書家だった母親の影響で幼少期から本に囲まれた生活を送っていました。

 

松尾さんは当時のことについてインタビューでは次のように振り返っています。

 

「子どもの頃、自分ではモーリス・ルブランとかコナン・ドイル、学生の頃は、團伊玖磨さんの『パイプのけむり』シリーズをよく読んでいましたね。母が読んでいた本もぱらぱらと。でもちょっと難しい本が多かったので、拾い読みみたいな感じでした」

 

ひとりっ子だったことから、3歳年上の親戚のお兄ちゃんとよく一緒に遊んでいました。

 

小学生の頃はクラスメイトや先生をよくものまねで笑わせていたそうです。

 

以上が松尾貴史さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

タレントとしてデビュー後はその軽快な話術で、とんとん拍子で人気者になっています。

 

根強い人気を誇る人物だけに、今後の大きな活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ