糸原美波の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|郡山なの?

 

「美人すぎる劇団員」と話題になった女優の糸原美波さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は糸原さんはかなりの進学校の出身者でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

糸原美波(いとはら みなみ)

 

 

1996年8月4日生

身長163.5㎝

血液型はA型

 

奈良県大和郡山市出身の女優

「劇団4ドル50セント」の元メンバー

 

以下では糸原美波さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

糸原美波の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

高校:奈良県 郡山高校 偏差値68(難関)

 

 

糸原美波さんの出身高校は、県立の共学校の郡山高校です。

 

この高校は1893年開校の伝統校で、奈良県内ではトップクラスの公立校のひとつとして知られています。

 

また部活動も盛んで、特に硬式野球部が強豪として知られています。

 

同校の2019年度の主な進学実績は次のようになります(浪人生含む)。

 

京都大学:1名

大阪大学:9名

神戸大学:19名

大阪市立大学:20名

奈良県立医科大学:4名

 

関西大学:134名

同志社大学:84名

立命館大学:66名

近畿大学:139名

 

 

この高校へは一般受験でしか入学できないことから、糸原さんは高い学力を有していました。

 

また糸原さんは出身高校を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの高校への在籍情報が存在します。

 

それに加えて高校時代の制服姿を公開していますが、この高校の制服と一致するので間違いないはずです。

 

 

(参考)

 

高校時代も演劇をやっていたということなので、演劇部に在籍していた可能性もあります。

 

高校3年生だった2014年には「東京ガールズコレクション」のモデルオーディションである「東京ガールズオーディション」を受けてファイナリストになっています。

 

 

ちなみにこの際の初々しい画像も残っています。

 

 

ちなみにこのオーディションのファイナリストには、ファッションモデルの古川優奈さんや丹羽仁希さん、中村りおんさんも選ばれています(グランプリは丹羽さん)。

 

【主な卒業生】

小日向えり(タレント)

河野純喜(アイドル・JO1)

 

そして糸原美波さんは高校卒業後は大学などに進学していません

 

在籍した高校のレベルを考えると大学に進学できるほどの学力は有していたと思われますが、上京して本格的に女優を目指しています。

 

糸原美波さんは演劇の道に進むため、大学へは行きませんでした。

 

上京後はアルバイト生活をしながら、レッスンやオーディションを受験しています。

 

ただし当初はオーディションに落ちまくったことから、女優の夢を諦めかけたことがあると述べています。

 

21歳だった2017年に、劇団4ドル50セントのオーディションに受かり入団します。

 

こちらの劇団は、AKB48などでお馴染みの秋元康さんとエイベックスの社長である松浦勝人さんが共同で設立させた劇団で、糸原さんはそのオープニングメンバーとして加入しています。

 

劇団4ドル50セントのオーディションにトライしたきっかけは、通学していた演技スクールに劇団員の募集が告知してあったからです。

 

チラシを見て、『もう22歳だし、年齢的にもこれが最後のチャンスかも!』と覚悟を決めて受けてみたところ、見事1次審査に合格しています。

 

ただし2次審査得意なダンスを踊るはずが、あまりに緊張したせいで体が動かなくなって大失敗してしまったことから、「もう完全に落ちたと思った」とインタビューで述べています。

 

ダンスは自分の武器だと思っていたことから帰り道の落ち込みぶりはひどく、泣きながら母親に電話したそうです。

 

とは言え結果は合格で、2017年8月の劇団の旗揚げ公演にも参加しています。

 

 

舞台では主演を務めたこともあり、この頃から「美人すぎる劇団員」との異名をとっています。

 

 

22歳になると、朝の情報番組「めざましテレビ」のイマドキガールにも起用されています。

 

 

そんな中、2019年6月をもって「劇団4ドル50セント」を退団しています。

 

退団の理由は明らかにされていませんが、その後の糸原さんは女優のほかグラビアアイドルとしても活動を開始しています。

 

さらにWEBの配信番組のレギュラーを務めるなど、活動の幅も広がっています。

 

スポンサードリンク

 

糸原美波の学歴~出身中学校の詳細

 

中学校:不明

 

糸原美波さんの出身中学校は、地元大和郡山市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

糸原さんが女優に興味を持ちはじめたのは、中学生の時でした。

 

もともと両親もすすめていたようですが、中学の時に舞台「ロミオとジュリエット」でお芝居をした時、役者をやってみたいと女優の仕事に関心を寄せはじめたのです。

 

さらにその翌年の2011年には「平城遷都1300年記念」のイベントの一環で制作された短編映画「未来がある」に主演として起用されています。

 

演技経験はわずか1年でしたが、よほど光るものを持っていたのでしょう。

 

糸原美波の学歴~出身小学校の詳細

 

小学校:不明

 

糸原美波さんの出身小学校は、大和郡山市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

また家族構成は両親と姉の4人家族のようです。

 

特技であるダンスは幼稚園の時に姉がクラシックバレエをやっていた影響ではじめています。

 

両親の影響を受け、子供時代からミュージカルに行く機会が多かった糸原さんは子供の頃からミュージカルが大好きでした。

 

小学校時代には、いつかミュージカル女優として帝国劇場に立ちたいと思っていました。

 

以上が糸原美波さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「劇団4ドル50セント」では看板女優のひとりでしたが、前記のように退団してしまっています。

 

とは言えこのところは女優のほか、タレントやグラビアアイドルとしても活動しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ