皆川夏穂の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|新体操の実績が凄い

 

新体操「フェアリージャパン」のエース皆川夏穂さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。皆川さんは高校からロシアで生活していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

皆川夏穂(みながわ かほ)

 

 

1997820日生

身長170㎝、体重53

血液型はO

 

千葉県千葉市出身の新体操選手

 

以下では皆川夏穂さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

皆川夏穂の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:国士舘大学 21世紀アジア学部 偏差値48(やや容易)

 

 

皆川夏穂さんは高校卒業後は、国士舘大学に進学しています。

 

女子新体操は長らく東京女子体育大学と日本女子体育大学の2強状態が続いていますが、このところはこの大学の新体操部が伸びてきて2強に迫る勢いをつけています。

 

皆川さんは大学1年生の時にリオデジャネイロオリンピックに出場していて、とても思い出に残る大会だったそうでインタビューで次のように話していました。

 

「小学6年生のころからの夢だったので、大きな自信になりました。目標の決勝には出られなかったので、もっと頑張ろうと思いました。」

 

結果は予選16位でしたが、東京オリンピックに手ごたえを感じさせる内容でした。

 

 

また大学2年生の時にイタリアで行われた世界新体操2017の大会に出場し、日本の新体操界では42年ぶりのメダル獲得を果たしました。

 

 

この大会で皆川さんが獲得したのは銅メダルです。

 

そして2018年にポルトガルで開催された「2018新体操リスボン国際トーナメント」の個人総合で1位を獲得します。

 

 

しかしその翌年の20198月に皆川さんがロシアで練習中のところ、いきなり右脚に力が入らなくなりコンパートメント症候群と診断されます。

 

皆川さんは「なんで今なんだろう」と気持ちは激しくゆすぶられました。

 

同じような症状が2015年のリオ五輪前にも出たのですが、その時は症状が悪化することはなかったそうです。

 

2019年の選手権には参加しましたが10月のイオンカップは欠場し、現在は注射などの治療を行っています。

 

皆川さんは東京オリンピックへの思いをインタビューで「恩返しをしたい。人の心に伝わる演技をしたい」と話しました。

 

 

美人アスリートとして人気の高い人物だけに、本格的な復活も望まれています。

 

スポンサードリンク

 

皆川夏穂の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:大原学園高校 通信制課程 偏差値なし

 

 

皆川夏穂さんの出身高校は、通信制の大原学園高校です。

 

この高校は2009年にサポート校から通信制・単位制の高校に移行して、新体操の畠山愛理さんや卓球の平野美宇さんの母校として知られています。

 

皆川さんは中学卒業後に新体操の強豪国のロシアに派遣されたため、インターネットなどを通じて授業を受けることができるこの高校に進学しています。

 

 

高校1年生の時にはじまったロシアでの生活は、5年にも及んでいます。

 

ロシアへは単身で渡っています。

 

ロシアで有名なコーチの元、18時間の猛練習とマンツーマンの厳しい指導に耐え続けます。

 

最初は言葉も分からないので身振り手振りで意思疎通をしながら練習をスタートしましたが、翌日の時間割を理解するのもままならないほどでした。

 

ロシアに派遣されて以来5年間は、1年のうちの10ヶ月ほどは3分で行ける練習場との往復の日々を送っていました。

 

そんな皆川さんの唯一リラックスできるのが、3代目 J Soul Brothersの音楽を聴くことだそうです。

 

日本にいるときはライブ会場まで足を運んでいるそうで、「一人のファンとして応援すると同時に、観客を魅了するパフォーマンスはとても勉強になる」と話していました。

 

また2015年に開かれた世界新体操選手権で15位となって、3大会ぶりにオリンピックの出場枠を獲得しました。

 

スポンサードリンク

 

皆川夏穂の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学:千葉県 千葉市立真砂中学校 偏差値なし

 

 

皆川夏穂さんの出身中学校は、地元千葉市内の公立校の真砂(まさご)中学校です。

 

皆川さんは中学時代はこの学校に通いながら、千葉市に拠点がある「イオン新体操クラブ」に在籍して競技に励んでします。

 

皆川さんは中学時代に新体操選手として頭角を現して、中学3年生だった2012年の全日本ジュニア大会で優勝を飾りました。

 

 

この実績が認められて、翌年に特別強化指定選手になってロシアに留学しています。

 

皆川夏穂の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:千葉県 千葉市立真砂第二小学校

※現在は千葉市立真砂西小学校

 

 

皆川夏穂さんの出身小学校は、公立校の千葉市立真砂第二小学校です。

 

現在この小学校は廃校していて2011年に千葉市立真砂第三小学校と統合し、千葉市立真砂西小学校となっています。

 

皆川さんは4歳の時に友人が通っていたイオン新体操スクールに通い始めます。

 

その当時のことを皆川さんはインタビューで次のように話していました。

 

「新体操をやりたかったというより、その子と一緒に遊びたい気持ちが強かったかな」

 

友人と遊びたかったと言いつつ、練習をしているうちに皆川さんの新体操の才能はどんどん開花されていきました。

 

以上が皆川夏穂さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2017年に世界選手権で42年ぶりにメダルをもたらして大きな話題になりました。

 

また日本女子のエースとして活躍しましたが、このところは故障に悩まされています。

 

 

とは言えその実力は誰もが認めるところですので、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ