甲斐よしひろの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

 

「甲斐バンド」で一世を風靡した甲斐よしひろさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。本格的に音楽活動をはじめた高校時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

甲斐よしひろ(かい よしひろ)

 

 

195347日生

身長165

血液型はB

 

福岡県福岡市出身のミュージシャン、タレント

本名は甲斐祥弘

ロックバンド「甲斐バンド」のボーカル

 

以下では甲斐よしひろさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:福岡県 福岡商業高校 偏差値不明

※現在は福翔高校(偏差値58

 

 

甲斐よしひろさんの出身高校は、市立の共学校の福岡商業高校です。

 

この高校は1900年開校の伝統校ですが、2000年に総合学科のみを設置する福翔高校となっています。

 

また現在のこの高校の偏差値は58ですが、甲斐さんが在籍した時代は商業科のみの時代だったので現在よりもレベルは低かったと推測されます。

 

甲斐さんは中学時代からバンドを組んでいましたが、高校時代より本格的に音楽活動を開始しています。

 

高校2年生だった1970年には同級生とカントリーバンド「ノーマン・ホットフィールド」を結成し、福岡市にあった伝説のライブ喫茶「照和(しょうわ)」のステージにも立っています。

 

ちなみにこのライブ喫茶は数々の著名なミュージシャンを輩出しており、海援隊やチューリップ、長渕剛さんや井上陽水さんらも出身者です。

 

なお当時の同校は自由な校風で長髪はOKでしたが、ライブ喫茶に出演していたことは学校に内緒にしていました。

 

【主な卒業生】

小林よしのり(漫画家)

藤原さくら(シンガーソングライター)

浜村淳(俳優)

 

そして甲斐よしひろさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、大手旅行代理店に就職しています。

 

しかしサラリーマン生活が性に合わず、音楽も諦めきれなかったことから会社を4か月で退職しています。

 

その後は「照和」でウェイター兼シンガーとして勤務して音楽活動を再開し、20歳だった1973年にはヤマハの「ポプコン」で九州大会最優秀楽曲賞も受賞しています。

 

1974年に「甲斐バンド」を結成してファーストシングル「バス通り」でメジャーデビュー。

 

 

1975年にはセカンドシングル「裏切りの街」がヒット。

 

 

1978年には「HERO」がオリコン1位のヒットとなって、国内有数の人気ロックバンドになっています。

 

 

1986年に甲斐バンドは解散して、ソロ歌手としての活動を開始しています。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:福岡県 福岡市立三宅中学校 偏差値なし

 

 

甲斐よしひろさんの出身中学校は、地元福岡市内の公立校の三宅中学校です。

 

甲斐さんは中学時代にギターをはじめています。

 

この頃から音楽にハマって、海外のミュージシャンやバンドの伝記を読み漁っています。

 

ちなみにこの経験で甲斐さんはバンドは印税で揉めて解散することが多いのを知ったことから、甲斐バンド時代には印税をメンバー全員に均等に配分したというエピソードが残っています。

 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:福岡県 福岡市立三宅小学校

 

 

甲斐よしひろさんの出身小学校は、地元福岡市内の公立校の三宅小学校です。

 

家族構成は両親と兄3人の6人家族です。

 

実家は理容店を経営するほかアパートなどの不動産を所有しており、裕福な家庭に生まれています。

 

しかし甲斐さんが5歳の時に父親が借金の保証人になったことがきっかけで財産を失って、父親も蒸発してしまっています。

 

そのため当時の一家は生活保護を受けるほどの極貧生活を送っています。

 

甲斐さんは父親の音楽好きだった父親の影響で、幼少期から洋楽から演歌まで様々なジャンルの音楽に親しんでいます。

 

ちなみに小学校時代は加山雄三さんのファンでした。

 

加えて甲斐さんは小学校時代から読書好きで、映画を観るのも大好きでした。

 

以上が甲斐よしひろさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ボーカルを務めた甲斐バンドは一世を風靡して、数々のヒット曲をリリースしてきました。

 

 

その後はソロや「KAI FIVE」などで活躍し、1999年には甲斐バンドの活動も再開しています。

 

またこのところはタレントとしても活動しており、「バイキング」などのテレビ番組にも出演しています。

 

未だに根強い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ