芦名星の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代は太っていた

 

女優の芦名星さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は芦名さんは高校時代はかなり太っており、実に25㎏のダイエットに成功しています。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

芦名星(あしな せい)

 

 

19831122日生

身長165

血液型はO型

 

福島県出身の女優

本名は五十嵐彩(いがらし あや)

 

以下では芦名星さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2002年にモデルデビューして、ファッション誌「CanCom」や「PINKY」などに出演。 

2003年の「Stand Up!」で連続ドラマ初レギュラー。

2004年の「ジャンプ」で映画初出演。

2005年の「仮面ライダー響鬼」の悪役キャラで注目される。 

同年1月からバラエティー番組「恋するハニカミ」にレギュラー出演。 

2006年に日本・カナダ・イタリアの合作映画「シルク」のヒロインに抜擢。 

2007年の「たとえ世界が終わっても」で映画初主演して、以降も「ジュテーム」や「七瀬ふたたび」などの映画に主演している。 

2008年の「ジュテーム」で連続ドラマ初主演。

「信長のシェフ」や「スペシャリスト」、「デイジー・ラック」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

芦名星の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 日出高校 偏差値42(容易)

※入学時は日出女子学園高校、2019年4月から目黒日本大学高校

 

 

 

芦名星さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

芦名さんは中学卒業後に上京し同校に進学し、この高校に在籍していました。

 

ただし芦名さんが在籍したのは芸能コースではなく、普通科です。

 

また当初は芸能界を目指したわけではないとも話しています。

 

「あこがれがなかったと言うとウソになりますが、地元で自分の将来を探すよりも、「東京に行っちゃえ」という性格でした。たとえば、美容師になるにしても、東京のほうが大きくできそうだし、動物が好きだったのでイルカの調教師になるなんていう夢もありましたし」

 

上京は単身でしており、高校1年生の頃から一人暮らしをしています。

 

上京の際には父親に「必ず一番になって帰ってくるから」と宣言していますが、父親は「一番にならなくてもいいからいつでも帰ってこい」と言ってくれたそうで、上京後に親のありがたみを知ったとインタビューで話しています。

 

「親のありがたみや優しさというのは、早くにこっちに出てきた分、早く気づけたなと思います。やはり常に家族の存在が支えだったし、私自身、一番心が休まる場所は故郷(=福島県郡山市)であり、実家なんですね」

 

同校では女優の須藤温子さんが同級生でした。

 

 

 

高校時代にスカウトされて芸能事務所入りしています。

 

なお当時の芦名さんは漠然と歌手をやりたかったそうで事務所のスタッフに歌も披露しましたが、「お前は歌手ではない」と言われてしまいすぐに断念したとインタビューで話しています。

 

なおその際に「歌」と言ったのは、あまり芸能界を知らなかったからとも述べています。

 

「安室奈美恵さんやパフィーさんが人気だった時代で、音楽が好きというよりも、カラオケで歌うのが好きな程度でした。芸能界のことをよく知らないから、「歌」と言ったのかもしれません」

 

高校時代にモデルとしてデビューしています。

 

 

ただし高校時代は1日7食も食べていたこともあり、デビュー前はかなり太っていました。

 

そのため「噛まないダイエット」と筋トレで、2か月間で約25kgのダイエットに成功しています。

 

残念ながら太っていた当時の画像などはないのですが、わずか2か月間で25㎏ものダイエットに成功するとは芦名さんの意思の強さが窺えます。

 

ちなみに在籍したホリプロは当時グラビアで活躍する芸能人が多く所属していましたが、芦名さんはグラビアや水着の仕事がフィットしないということで当時からそのような仕事はしていません。

 

なお高校時代は主にモデルとして活動していたようですが、目立った活動はしていません。

 

 

そして芦名星さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業とともに本格的に芸能活動をスタートさせ、当初はファッションモデルとしてキャリアを積みます。

 

19歳の時に女優デビューを果たしています。

 

ただし当初はオーディションで落ちまくっていたことをインタビューで話しています。

 

「最初はオーディションに落ちてばかり。せっかく役をいただいても、いつも怒られていましたね。自分の何がダメなのかもわかりませんでした。最初の数年は、つらかったり、悩んだりした記憶ばかりです」

 

22歳だった2005年に出演したテレビドラマ「仮面ライダー響鬼」で女優として注目されています。

 

 

 

翌年には映画「シルク」のヒロインに抜擢されています。

 

 

 

以降は数々のテレビドラマにや映画に起用されて、映画「たとえ世界は終わっても」や「ジュテーム」では主演しています。

 

 

またタレントとしても数々のバラエティー番組に出演しています。

 

※追記

芦名星さんは2020年9月14に亡くなったことが報じられました。

 

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

 

芦名星の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:福島県 郡山市立第七中学校 偏差値なし

 

 

 

芦名星さんの出身中学校は、地元福島県郡山市内の公立校・第七中学校です。

 

中学時代の学校生活の詳細などは不明ですが、中学3年生の時にやりたいことを探すために上京することを決断しています。

 

当時の芦名さんは「何かで一番になりたい」という思いがあったことから、このような決断に至ったとインタビューで話しています。

 

その際には両親も背中を押してくれたそうです。

 

特に父親は「一番にならなくてもいいから、いつでも帰ってこい」と東京に送り出してくれたとのこと。

 

スポンサードリンク

 

芦名星の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

芦名星さんの出身小学校は不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

郡山市立大成小学校

郡山市立朝日が丘小学校

郡山市立柴宮小学校

 

家族構成は両親と2人の兄の5人家族です。

 

男兄弟に囲まれて育ったことから、子供の頃は格闘ごっこや「北斗の拳」などの男の子向けのアニメなどが好きでした。

 

小さい頃から母親の作ってくれる「すいとん」が大好きだとインタビューで話しています。

 

以上が芦名星さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

25歳からは女優専業になって、製作費30億円の大作映画「シルク」のヒロインに起用され、海外でも人気を博しています。

 

黒髪が印象的なアジアンビューティーとして知られ、未だに高い人気を誇っています。

 

 

2019年5月には人気俳優の小泉孝太郎さんとの熱愛が報道されて、大きな話題となっています。

 

 

女優としても円熟期を迎えていることから、さらなる活躍にも期待が高まります。

 

小泉孝太郎の学歴|大学高校や中学校の偏差値と高校時代や経歴

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ