松尾諭の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

 松尾諭(まつお さとる)

 

 

1975127日生

身長176.5

血液型はAB型

 

兵庫県出身の俳優

本名同じ

 

以下では松尾諭さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2000年の映画「忘れられぬ人々」で俳優デビュー。 

2001年の「ウソコイ」でテレビドラマ初出演。 

以降は「亡国のイージス」や「初雪の恋ヴァージン・スノー」などの映画や「電車男」などのドラマに出演。 

2007年のドラマ「SP」に主要キャストとして抜擢されて、知名度が大幅に上昇。 

以降も「てっぱん」や「デート」、「ひよっこ」などの連続ドラマにレギュラー出演。 

「テルマエ・ロマエ」や「進撃の巨人」、「シン・ゴジラ」などの映画にも出演。 

既婚者で2010年に娘が誕生している。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:関西学院大学 総合政策学部(中退)偏差値53(普通)

 

 

松尾諭さんは高校卒業後は、関西の名門私大の関西学院大学に進学します。

 

高校の卒業時には役者を目指したものの、なり方がわからなかったことから、とりあえず同大に進学したとのこと。

 

大学1年生の頃から産経新聞大阪本社整理部でアルバイトもはじめています。

 

大学でもラグビー部に所属する傍ら、ジムに通って総合格闘技にも取り組んでいます。

 

しかし大学は役者を目指すために3年生で中退してしまっています。

 

ただし中退後も産経新聞社にはしばらく勤務していました。

 

そして24歳だった2000年に上京し、劇団などのオーディションを受けています。

 

そんな中たまたま自宅前で封筒入りの航空券を拾って交番に届けたところ、それが現在の所属事務所の社長の持ち物だったことから、芸能事務所入りしています。

 

その後は同じ事務所の井川遥さんの付き人をしながら演技を学んでいます。

 

そして「亡国のイージス」や「電車男」などの話題作の映画やドラマにも起用されますが、30歳過ぎまでは役者だけでは食べていけずにアルバイトをしています。

 

ところが31歳の時にドラマ「SP」のオーディションで主要キャストの座を射止めると、ようやく知名度も上昇しています。

 

 

以降は演技力も認められて多くの作品に出演するようになります。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:兵庫県 西宮南高校 偏差値49(やや容易)

 

 

松尾諭さんの出身校は、県立の共学校の西宮南高校です。

 

この高校はスポーツが盛んで、特にラグビー部は県内でも強豪として知られています。

 

松尾さんは子供の頃からスポーツが得意で高校時代はラグビー部に所属しています。

 

ポジションはフランカーを務めており、ラグビー部の2年後輩には「銀魂」などのアニメ映画の監督の藤田陽一さんがいました。

 

またチームは兵庫県大会のベスト4に入るほどの実力でした。 

 

高校2年生の時に学校行事で舞台「青春デンデケデケデケ」を観たことで、役者を志すようになりました。

 

【主な卒業生】

月亭方正(お笑い)

あいみょん(ミュージシャン)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 


 

出身小学校:兵庫県 西宮市立高須西小学校(有力)

 

出身中学校:兵庫県 西宮市立高須中学校 偏差値なし

 

 

松尾諭さんの出身小学校は、西宮市内の公立校の高須西小学校が有力です。

 

家族構成や兄弟姉妹などの情報はなく不明です。

 

また松尾諭さんの小学校時代や中学校時代の情報も見当たらず、詳細は不明です。

 

ただし中学校時代はバスケットボール部に所属していたとのこと。

 

以上が松尾諭さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

連続ドラマ「SP」で俳優として名前が売れてからは、様々なテレビドラマや映画に起用されています。

 

主演作こそありませんが、高い演技力で様々なキャラクターを演じ分けることもできます。

 

 

貴重なバイプレーヤーですから、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ