GACKT(ガクト)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

人気ミュージシャンで俳優のGACKTさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。私生活や生い立ちについてほとんど語ることなく、ミステリアスなベールに包まれたGACKTさんはどのような学生時代や学生生活を送ったのでしょうか? 詳細情報や驚きのエピソードなどもご紹介いたします

 

GACKT(ガクト)

 

%e3%82%ac%e3%82%af%e3%83%88

 

197374日生

身長180

血液型はA型

 

沖縄県出身のミュージシャン、俳優

本名は大城学

 

以下ではGACKTさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

199510月ビジュアル系ロックバンド「マリスミゼル」の二代目ボーカリストになる。 

19991月に「マリスミゼル」を脱退しソロに転向。 

同年6月にリリースした1stシングル「Mizerable」がオリコン3位となる。

その後もコンスタントにヒットを飛ばし、2001年から4年連続で紅白歌合戦に出場(2007年も出場) 

2003年からは俳優としての活動も始め、映画「MOON CHILD」でいきなり主演デビュー。

2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」では、準主役に抜擢される。

歌手としては男性ソロアーティストのオリコンランクTOP10もっとも多いことで知られる。 

英語、中国語、韓国語、フランス語が話せる。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:京都学園大学(中退)法学部 偏差値40(容易)

※現在は京都先端科学大学

 

 

GACKTさんは高校卒業後は、私立の京都学園大学に進学します。

 

後述の在籍した高校の難易度からすれば意外な大学ですが、高校時代はあまり勉強をしなかったようです。

 

とは言え、4か国語をマスターするなど、そもそも頭脳明晰であることは疑いがないようです。

 

ちなみに同大のOBには俳優の国広富之さんらがおり、島田紳助さんも中退しています(入学手続き後に一度も通学していない)

 

またこの大学は2019年4月に京都先端科学大学に名称変更されており、在籍した法学部は募集停止となっています。

 

GACKTさんは同大に進学後に本格的に音楽活動をはじめ、京都時代は「Cains feel」というヴィジュアル系ロックバンドを立ち上げてヴォーカルを務めています。

 

(Cains feel)

 

ちなみに当時は樂斗という芸名で活動していました。

 

このバンドはメジャーデビューには至りませんでしたが、YOUTUBEに当時の音源がありましたのでご紹介します。

 

 

また学生時代は家庭教師、カジノのディーラーやホストのアルバイトをしており、ホスト時代の20歳の時に知り合った女性と結婚しています(後に離婚)

 

自著「自白」にも20歳ぐらいの頃に韓国系の女性と結婚していたとの記載もあります。

 

また夕刊ゲンダイによれば結婚相手の女性は8歳年上のホステスとのこと。

 

ちなみにGACKTさんがホストをしていたのは19歳から21歳の頃で、祇園のホストクラブに勤務しています。

 

当時の源氏名は「シュカ」で「京都の夜を熱くする男」のキャッチコピーのもと、かなり人気が高かったとのこと。

 

なお筋肉美で知られるGACKTさんですが、後述するように子供の頃は非常に病弱でした。

 

そのため大学に入学した19歳の頃から体質改善に取り組んで、強靭な肉体を手に入れています。

 

なおGACKTさんは22歳の10月に上京して「MALICE MIZER」(マリスミゼル)の二代目のボーカリストになりますから、それまでに大学は中退したようです。

 

MALICE MIZER」はGACKTさんの加入によりメジャーデビューも果たして、「ヴィジュアル系四天王」の異名をとって人気を博します。

 

 

ところが1998年7月の横浜アリーナ公演後に、GACKTさんが失踪して事実上のグループ脱退となります。

 

とは言え26歳だった1999年にソロ歌手としてデビューを飾るとヒット曲を連発し、一躍人気アーティストになっています。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:滋賀県 守山高校 偏差値69(超難関)

 

 

GACKTさんの出身校は県立の共学校の守山高校です。

 

同校は県内屈指の進学校として知られるほか、サッカー部が県内では強豪です。

 

また現在は守山中学校を併設して、中高一貫校になっています。

 

GACKTさんは中学までは頭がよくなかったけど、好きな先輩が同校へ進学したことから、猛勉強して入学したとインタビュー語っています。

 

 

GACKTさんは経歴やプロフィールを公開しないことで知られており生い立ちも謎めいており詳細は不明ですが、高校の時は進学校にも関わらず、けっこうやんちゃな生徒だったようです。

 

当時は空手もやっていたことから腕っぷしも強く、このあたりの経緯から高校時代のGACKTさんを「ヤンキー」と報道するメディアもあるようです。

 

また高校在籍中からドラムをはじめており、高校時代がミュージシャンとしてのルーツでもあったようです。

 

加えてバラエティ番組「ぐるナイ」の人気企画「ゴチになります」に出演した際には、GACKTさんは高校時代に友達と「餃子の王将」に行って全メニューを注文して軽々と完食したエピソードを明らかにしています。

 

なお高校時代に両親が離婚したことから、それまでの岡部学(さとる)から母親の姓の大城学に苗字が変わっています。

 

%e3%82%ac%e3%82%af%e3%83%88%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1

(高校時代)

 

【主な卒業生】

井原正巳(元サッカー選手)

 

学歴~出身中学校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:栗東市立栗東西中学校 偏差値なし

 

 

GACKTさんの出身中学校は、栗東市内の公立校の栗東西(りっとうにし)中学校です。

 

また中学時代は吹奏楽部に所属しており、トランペットを担当していました。

 

GACKTさんは著書「自白」で中学時代もやんちゃだったことを綴っており、しょちゅう学校をサボっていました。

 

そのため中学時代の学校の成績は悪く、国語のテストでは1桁の点数をとったことをラジオ番組で明らかにしています。

 

ところが14歳だったある日友達の家でグランドピアノを目の当たりにして、「ピアノに目覚めた」としています。

 

一緒にやんちゃをしていたその友達の親は音楽の先生であったことから流暢にピアノを弾くことができたのですが、GACKTさんは11歳の時にピアノを辞めていたのでうまく弾けません。

 

そのため「コイツに負けたくない」と気持ちが燃え上がって、その足で難関とされるDやE難度のピアノの楽譜を買って帰り、その日から死に物狂いでピアノを弾き始めたエピソードを明らかにしています。

 

その際には学校にも行かずに、そして寝る間も削ってピアノを練習したことから、あれほど「練習しろ」と言っていた親が、「もうやめて」と悲鳴を上げたほどでした。

 

このあたりにはかなりの負けず嫌いな性格が現れています。

 

なお中学時代は成績が悪かったGACKTさんですが、前記のように憧れのドラマーの先輩が進学校の守山高校に入学したため、中学3年生の時は猛勉強して同校に合格しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:栗東市立大宝小学校

 

 

GACKTさんの出身小学校は、栗東市内の公立校の大宝(だいほう)小学校です。

 

沖縄生まれで糸満市で幼少期を過ごしていますが、その後に滋賀県の栗東市に転居しています。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です(年が離れた弟もいるという説もある)。

 

姉に関しては「綺麗」とコメントしたこともあります。

 

父親は自衛官で音楽隊に所属しており、指揮者兼トランぺッターでした。

 

そのため両親の方針でGACKTさんは子供の頃からピアノと音楽の英才教育を受けています。

 

父親は非常に躾に厳しい人で、テレビを見ながらの食事や食事中の私語を厳禁していました。

 

またインターネット上には父親は柔術の師範で武術の達人だったとの情報もあります。

 

前述のようにGACKTさんはやんちゃな中学・高校時代を送っていますが、幼少期からの厳しい躾けの反動のようにも思えます。

 

また小学校までは体が非常に弱く、ほとんど学校に行けなかったことや1年中病院で入院生活を送ったことがあることを明らかにしています。

 

さらにGACKTさんは7歳の時に臨死体験をしており、「ビートたけしのTVタックル」では次のように紹介されています。

 

「歌手のGACKTは海で溺れた時に、不思議な体験をしたと語っている。7歳の頃、海水浴中に波にのまれたGACKTは、水中に引っ張られ、海水を飲み続けた。そして、音が何も聞こえなくなると、まるで何かに抱かれているような優しい感覚を体験する。その直後、生まれてからの記憶が、走馬灯のように駆け巡ったという」

 

なおGACKTさんの小学生時代の将来の夢はミュージシャンではなく、教師でした。

 

以上がGACKTさんの学歴や学生時代のエピソードのまとめとなります。

 

私生活は謎に包まれたGACKTさんですが、ミュージシャンとしても俳優としてもかなりの人気を誇ります。

 

 

またそのカリスマ性から熱狂的なファンも多く、有名人としては稀有な存在です。

 

加えてバラエティ番組などに出演した際には、その博識ぶりを披露してたびたび話題となっています。

 

 

今後はどのように活動を展開していくか楽しみですね。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ