金子ノブアキの学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

俳優の金子ノブアキさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ドラマーとしても評価の高い金子さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

金子ノブアキ(かねこ のぶあき)

 

金子3

 

198165日生

身長179

血液型はB型

 

東京都世田谷区出身の俳優、ドラマー

本名は金子信昭(読みは同じ)

 

以下では金子ノブアキさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

目次

金子ノブアキの学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:堀越高校

出身中学校:世田谷区立富士中学校

出身小学校:世田谷区立代沢小学校」

 

金子ノブアキの学歴~出身高校(堀越高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

 

金子ノブアキさんの出身高校は、芸能人御用達で知られる堀越高校です。

 

この高校は1920年開校の私立高校で、古くから芸能コースを設置していたので多くの芸能人を輩出しています。

 

金子さんは中学生の頃から子役として芸能活動をしていましたので、幅広く活動できるように同校のトレイトコースに進学しました。

 

インタビューでこの高校の出身者であることを明らかにしています。

 

「僕は堀越学園という高校出身で舞踊家や歌舞伎の役者さん、バレエのダンサーとか、いろんな仲間がいたんです。彼らの講演もよく観に行ったし、客入れのBGMを作ったこともありました」

 

この高校では女優の安達祐実さんと佐藤江梨子さんらと同級生でした。

 

また歌舞伎役者の中村勘九郎さんも後に転校してきて同級生になっています。

 

金子さんは高校時代は中村さんや安達さんと仲が良かったとのこと。

 

高校時代も芸能活動の傍らでバンド活動も熱心におこない、高校1年生の時に現在も活動中のロックバンドRIZEを結成しています。

 

 

そのため非常に多忙だったのか、あまり勉強はしておらず、学校もたびたびサボっていました。

 

仕事面では高校1年生だった1997年に、香取慎吾さんと観月ありささんがW主演したテレビドラマ「いちばん大切な人」にレギュラーとして起用されています。

 

そして金子さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校時代から俳優として活動していましたし、19歳の時にバンドRIZEメジャーデビューも果たしますから、それどころではなかったようです。

 

その後の活躍は周知の通りで、俳優としても数々のドラマや映画に出演していますし、RIZEでも「ピンク スパイダー」などのヒット曲をリリースします。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

金子ノブアキの学歴~出身中学校(世田谷区立富士中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 世田谷区立富士中学校 偏差値なし

 

 

 

金子ノブアキさんの出身中学校は、地元世田谷区内の公立校の富士中学校です。

 

中学時代はバスケットボール部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

ただしケガをしたことから、バスケットボール部は途中で退部しています。

 

金子さんはバスケットボール部を後はドラムに熱中しています。

 

ちなみに俳優の斎藤工さんは同い年で隣の中学校に通学しており、当時から仲良しでした。

 

また中学1年生の時から子役と活動を開始して、「天国に一番近いママ」ではじめてテレビドラマに出演しています。

 

金子2

 

【主な卒業生】

入野自由(声優)

恒松祐里(女優)

 

スポンサードリンク

 

金子ノブアキの学歴~出身小学校(世田谷区立代沢小学校)の詳細

 

出身小学校:東京都 世田谷区立代沢小学校

 

 

 

金子ノブアキさんの出身小学校は、地元世田谷区内の公立校の代沢小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

父親はドラマーのジョニー吉長さん、母親は歌手の金子マリさんです。

 

4歳下の弟はベーシストのKenKenさんで、後にRIZEのメンバーになっています。

 

金子さんは両親の影響で、子供の頃から様々な音楽に親しんでいます。

 

 

小学校時代に弟の服の中にドライヤーを入れるという遊びを思いつきましたが、弟がつけていたベビーパウダーに引火したエピソードがありました。

 

以上が金子ノブアキさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優としては主演作こそ少ないものの、数多くのテレビドラマや映画に起用されています。

 

 

またドラマーとしてもかなりの腕前で、多くのミュージシャンのレコーディングやツアーに参加するなど、かなりアクティブに活動しています。

 

金子1

 

なかなかいないタイプのキャリアを誇りますので、今後にも注目が集まります。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

中学生の頃から本名で子役として活動し、1994年の「天国に一番近いママ」でテレビ初出演。 

1997年から本格的に俳優として活動をはじめ、「いちばん大切な人」や「木曜の怪談」などの連続ドラマにレギュラーとして出演。

2000年の「スイート・スイート・ゴースト」で映画初出演。 

「池袋ウエストゲートパーク」や「ビーバップハイスクール2」などの出演を経て、2009年の「ブザービート」の演技で注目される。 

その後も「おひさま」や「理想の息子」、「軍師官兵衛」などの話題作の連続ドラマに出演。 

映画でも「クローズZEROⅡ」や「漫才ギャング」を経て2011年の「シャッフル」で初主演。 

その他にも「モテキ」や「ストベリーナイト」、「新宿スワン」などに出演している。 

またロックバンドRIZEのメンバーであり、ドラマ―としても評価が高く、多くのアーティストの楽曲やツアーに参加しているほか、2009年からソロ活動もはじめている。 

私生活では2013に一般人女性と結婚している。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次