神田沙也加の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値|イジメで4回も転校していた

「アナと雪の女王」で大きな注目を集めた神田沙也加さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は神田さんは中学校時代に壮絶なイジメに遭っており、学校を4回も転校していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

神田沙也加(かんだ さやか)

 

神田

 

1986101日生

身長157

血液型はA型

 

東京都出身の歌手、女優、タレント

本名同じ

父親は俳優の神田正輝、母親は歌手の松田聖子

 

以下では神田沙也加さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2001年にSAYAKA名義で歌手デビュー。 

翌年に1stシングル「ever since」をリリースし、オリコン5位のヒットとなる。 

 

しかしシングル4枚、アルバム2枚をリリースするも、2012年以降は新譜をリリースしていない。 

2003年に映画「ドラゴンヘッド」でヒロインを務め、「ヤンキー母校に帰る」でテレビドラマ初出演。 

2006年に名義を本名の神田沙也加に変更。 

2014年に「アナと雪の女王」の日本語版の吹き替えを担当し、高評価を得てNHKの紅白歌合戦にも出場。 

同年に音楽ユニット「TRUSTRICK」を結成するも、201612月で活動を休止。

 

神田沙也加の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 千代田学園高校 偏差値48(やや容易)

※現在は武蔵野大学附属千代田高等学院

※卒業は東海大望星高校

 

 

 

神田沙也加さんが入学したのは、私立の女子校(当時)の千代田学園高校です。

 

同校は1888年開校の仏教系の伝統ある女子校として知られていますが、2018年に共学化され校名も武蔵野大学附属千代田高等学院に変更しています。

 

また女優の樹木希林さんや太地喜和子さん、歌手の秋元順子さんらも卒業生です。

 

神田 中学

 

神田さんは中学時代に芸能界入りを果たしており、高校1年生の5月にはファーストシングル「every since」でメジャーデビューもしています。

 

 

当時は「神田正輝と松田聖子の娘」ということで大きな注目を集めています。

 

また松田聖子さんのライブツアーにも参加して、母子でデュエットもしています。

 

 

そのため学業との両立なども難しくなったのか、高校2年生に上がるタイミングで通信制・単位制の東海大学付属望星高校(偏差値なし)に転校しています。

 

 

この高校は東京都渋谷区という抜群の立地から芸能人の在籍が多く、次の人物たちも卒業生です。

 

村上淳(俳優)

えなりかずき(俳優)

一色紗英(女優)

榮倉奈々(女優)

夏帆(女優)

川村ひかる(タレント)

松居直美(タレント・中退)

 

神田さんは高校2年生だった2003年には映画「ドラゴンヘッド」のヒロインにも起用されて、本格的に女優としても活動を開始しています。

 

 

同じ年にはテレビドラマ「ヤンキー母校に帰る」にもレギュラー出演しています。

 

 

そのため当時から仕事で多忙だったことから、週3回くらいは食事はファミレスの「デニーズ」で済ましていたことをインタビューで述べています。

 

なお歌手としてはCDのセールスが伸び悩んで、メジャーレーベルから発売したシングルは高校時代の4枚のみです。

 

ただしそんな中でも神田さんは学業と仕事を両立させており、高校は無事に卒業しています。

 

そして神田沙也加さんは高校卒業後は大学などには進学していません

 

ただし高校を卒業を境に1年半の間芸能活動を休止しています。

 

きっかけは12歳年上のギタリストとの交際を母親の松田聖子さんに反対された反発し家を飛び出したことだと報じられています。

 

母親は自由に恋愛しているのに、自分は許されないということに激怒したとも言われています。

 

この頃の神田さんはインタビューで「自分が子供を育てる時に賃金の尊さを教えるために」、自分の足でクタクタになるまで働くことを決意して1年半の休業期間はアルバイト生活を送っています。

 

当時は会席料理店とダイニングバーの2店でアルバイトをしており、会席料理店では接客と調理をおこなっていました。

 

またダイニングバーではフロアの仕事を2か月で任されており、本人も「すごく合っていた」と話しています。

 

加えて神田さんはこの休養期間に声優スクールにも通学しています。

 

後述するように子供の頃は女優ではなく声優になりたかったので、休養期間に挑戦しています。

 

2013年に「アナと雪の女王」の主役の声を務めて再ブレイクしていますが、この時の努力が活きています。

 

そして20歳だった2006年に芸名を「SAYAKA」から本名に変えて、芸能活動を再開しています。

 

スポンサードリンク

 

神田沙也加の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 暁星国際中学校 偏差値54(普通)

※後に転校

 

 

 

神田沙也加さんが入学したのは、私立の共学校の暁星国際中学校です。

 

この中学校は木更津市の郊外にある全寮制(当時)の私立中学校です。

 

神田さんが中学校に上がる頃に母親の松田聖子さんのハリウッド映画でのデビューが決まり渡米したことから、全寮制のこの中学校に進学することになったそうです。

 

 

ところがこの中学校時代は壮絶なイジメを受けており、寮の部屋から勝手に下着を持ち出され晒しものにされたり、部屋の布団が水浸しにされて眠ることができないこともあったそうです。

 

また当時は母親もアメリカに在住していたことから、さぞ不安だったのでしょう。

 

そのため神田さんは「中学時代は正直辛いことしかなかった」とインタビューで話しています。

 

 

また暁星国際中学校は中学1年生の短期間でやめて、アメリカのロサンゼルスの松田聖子さんの自宅に移住して、現地の日本人学校に編入しています。

 

なおロサンゼルスには西大和学園カリフォルニア校やあさひ学園などの日本人学校が複数あって神田さんがどの学校に通学したかは不明です。

 

(西大和学園カリフォルニア校)

 

 

(あさひ学園ロサンゼルス校)

 

 

日本人学校の1年生の時には親に内緒でアメリカの短編映画「ビーン・ケーキ」のオーディションを受けて合格し、ヒロインとして出演しています。

 

女優を目指したのは大地真央さんの「風と共に去りぬ」の舞台を見たことがきっかけでした。

 

また神田さんは中学時代から作詞を開始しています。

 

その後は日本に帰国して最終的には千代田学園中学校(現在は武蔵野大学附属千代田女学園中学校)に入学して卒業しています。

 

 

 

この中学校では現在は声優などで活躍している三森すずこさんと同級生になっています。

 

そして神田さんは中学校3年生だった2001年に「SAYAKA」名義で芸能活動を開始して、グリコの「アイスの実」のCMに出演しています。

 

 

 

なお神田さんはインタビューで「中学校は4回転校した」と話しており、暁星国際中学校からロサンゼルスの日本人学校に行く間、あるいは千代田学園中学校に編入する前に複数の中学校に在籍していたようです。

 

神田沙也加の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:東京都 聖ドミニコ学園小学校

 

 

 

神田沙也加さんの出身小学校は、私立の共学校の聖ドミニコ学園小学校です。

 

この小学校は東京の世田谷区にあるミッションスクールです。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です。

 

 

 

父親の神田正輝さんと母親の松田聖子さんは10歳の時に離婚しており、以降は松田さんに引き取られて育っています。

 

神田さんは子供の頃からアニメが大好きで、小学校時代は「セーラームーン」の大ファンでした。

 

そのため当時の夢は歌手ではなく声優でした。

 

なお意外にも小学校時代は囲碁将棋クラブに在籍しています。

 

 

小学校6年生の時に松田聖子さんは2番目の夫となる歯科医師の波多野浩之さんと再婚しています。

 

 

以上が神田沙也加さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前述のように高校時代に歌手デビューを果たしており当時は大きな話題になっていますが、歌手としては大成ができませんでした。

 

 

その後はタレント活動などの道を模索しますが、2014年の「アナと雪の女王」の日本語吹き替えで見事に復活しました。

 

 

 

現在もミュージカルの劇中歌を手掛ける傍ら、小室哲哉さんとのユニットで音楽活動も再開しています。

 

デビュー当初は親の七光りを指摘する声も多かったですが、現在の地位は自分自身で築いたことは疑いありません。

 

かなりの苦労を重ねた彼女の末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ