映秀。の学歴|出身は慶応大学・桐蔭学園高校!中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

シンガーソングライターの映秀。さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。大学時代にメジャーデビューを飾った映秀。さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

映秀。(えいしゅう)

 

 

2002年3月17日生

身長非公表

血液型はO型

 

神奈川県出身(韓国ソウル市生まれ)のシンガーソングライター

本名は野中映秀(のなか えいしゅう)

 

以下では映秀。さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

目次

映秀。の学歴まとめ

 

出身大学:慶応義塾大学 環境情報学部

出身高校:桐蔭学園高校

出身中学校:桐蔭学園中学校

出身小学校:不明

 

映秀。の学歴~出身大学(慶応義塾大学)の詳細

 

出身大学:慶応義塾大学 環境情報学部 偏差値70(超難関)

 

 

 

映秀。さんは高校卒業後は、名門私立大の慶応義塾大学に進学しています。

 

この大学にはAO入試で入学しました。

 

在籍するのは環境情報学部です。

 

映秀。さんはもともと声楽を専攻していたことから、東京芸術大学への進学を考えていました。

 

当時は自身の本当にやりたいことを真剣に考えたことがなく、このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「中学の時から男声合唱をやってて、高校の時には関東大会でソリストをやって先生にも褒められてっていう、ちょっと声楽が得意でそれで大学も行けそうだったから、じゃあその道に行ってみようかなっていう感じで(笑)。」

 

そのため声楽の道に進むことに迷いがあり、そんな時にライブを観たことで自身が本当にやりたいことは声楽ではないことに気づきました。

 

そして映秀。さんは、東京芸術大学を志すことを辞めて、自分の音楽をやりながら大学受験できるような形を選択しました。

 

AO入試の研究テーマは不協和音についてでした。

 

不協和音は単体では汚い音ですが、使い方によっては綺麗になるため組み合わせによって見出していきたいと思っていました。

 

AO入試のことについて次のように話しています。

 

「ただ、それだけだと大学側は受け入れてくれないだろうなと思ったんで、AO入試では『不協和音を研究することによって騒音問題の改善に繋げられるんじゃないか』、『キーンっていう騒音に何か別の音を当てて調和させたら美しくなるんじゃないか』っていう提示の仕方をしたんですけど。」

 

大学1年生だった2020年11月に「残響」でメジャーデビューを果たしています。

 

 

翌2021年には自身の誕生日に1stアルバム「第壱楽章」をリリースしています。

 

またこの年に初のワンマンツアーをおこなうなど、精力的な音楽活動を展開しています。

 

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

映秀。の学歴~出身高校(桐蔭学園高校)の詳細

 

出身高校:神奈川県 桐蔭学園高校 偏差値65(難関)

 

 

 

映秀。さんの出身高校は、私立の共学校の桐蔭学園高校です。

 

この高校は1964年開校の私立高校で、進学校にも関わらず部活動が盛んなことで知られています。

 

特にラグビー部やサッカー部、柔道部が強豪で、全国大会の常連です。

 

高校時代は軽音楽部に在籍して、バンドを組んでいました。

 

このことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「それはほんと、友達に『バンドやろうぜ!』って言われて組んだバンドで。元々僕はロックとかがあんまり得意じゃなかったんですよ。なんかウルサイし、勝手な固定概念みたいなのがあって苦手だったんですけど、いざバンドを始めてみたら楽しくなって(笑)。」

 

また当時は声楽に励んでいました。

 

映秀。さんは高校2年生の頃からオリジナル曲を作りはじめており、インターネット上に投稿をするようになりました。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「最初はただ楽しく音楽をやりたい、そこに自分の伝えたいメッセージをちょっと乗せたい、くらいの気持ちだったんですけど。でも、高校2年生のときにあるバンドのライブを観た時に、『僕もああなりたい』って思って。」

 

悩んでいる人の背中を押してあげられるような誰かのきっかけになれる存在になりたいと思うようになったとのことです。

 

映秀。さんは通っていた学習塾でジェラトーニさんと出会っています。

 

 

部屋で遊んでいた際に弾き語りをジェラトーニさんに披露をしています。

 

映秀。さんの弾き語りを聞いて感動をしたジェラトーニさんは、映秀。さんの歌をたくさんの人に聞いてもらいたいと思い、2019年から「ジェラfeat. 映秀。」としてYOUTUBEに投稿をするようになりました。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「アーティストとしての映秀。っていうところは忘れて、気楽にというか、単純に楽しんでやれてるっていう。だからあれはほんとに、週に1回ふたりで遊ぶついでに動画も撮ってっていう感じでやってて、そうやって高校生が遊んでる感じをみんなも楽しんでくれてるのかなと思ってるんですけど。」

 

映秀。さんは自身がやりたいことは何だろうと考えるようになり、高校卒業とともに「ジェラfeat. 映秀。」と区切りをつけて、「映秀。」として音楽活動をおこなっています。

 

 

【主な卒業生】

織田裕二(俳優)

水嶋ヒロ(俳優)

デーモン閣下(タレント・ミュージシャン)

椿鬼奴(お笑い芸人)

鈴江奈々(日本テレビアナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

映秀。の学歴~出身中学校(桐蔭学園中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 桐蔭学園中学校(有力) 偏差値57(中の上)

 

 

 

映秀。さんの出身中学校は、私立の共学校の桐蔭学園中学校が有力です。

 

中学時代は合唱をおこなっていました。

 

中学1年生の時に音楽の先生に褒められたことで、センスがあると思いそのまま何も考えずに音楽を続けていたとのことです。

 

当時から音楽に対して無駄な自信があったと語っていました。

 

映秀。の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

映秀。さんの出身小学校は、神奈川県内の学校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と3人家族のようです(ひとりっ子)。

 

父親は会社経営をしていましたが、映秀。さんが16歳の時に癌で亡くなっています。

 

父親は映秀。さんが中学2年生の時にNHK番組に出演をしており、癌で余命を宣告された父親が生きている間に息子にどんなことを教えられるかということで悩んでいました。

 

映秀。さんは子供の頃からピアノを習っていました。

 

そして小学校を卒業する頃に、YOUTUBEにピアノの弾き語りの動画をアップしています。

 

以上が映秀。さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にメジャーデビューしましたが、徐々に知名度を上げています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次