藤井風の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と英語がすごい理由

 

シンガーソングライターの藤井風さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は藤井さんは高校時代は音楽コースのある学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報、英語が流ちょうな理由なども併せてご紹介いたします

 

藤井風(ふじい かぜ)

 

 

1997年6月14日生

身長181㎝

血液型はB型

 

岡山県里庄町出身のシンガーソングライター

本名同じ

 

以下では藤井風さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

藤井風の学歴~出身高校・大学の詳細・英語がすごい理由

 

スポンサードリンク

 

出身高校:岡山県 岡山城東高校 音楽分野 偏差値55(中の上)

 

 

 

藤井風さんの出身高校は、県立の共学校の岡山城東高校です。

 

この高校は1987年開校の県立校で、岡山県内の公立校でもトップレベルの高校です。

 

また同校は以下の3つの学科を設置していますが、藤井さんは音楽分野に在籍していました。

 

国際教養分野:偏差値67

普通:偏差値65

音楽分野:偏差値55

 

ちなみにこの高校の音楽分野は1クラスのみの募集です。

 

藤井さんは高校時代は音楽漬けだったことをインタビューで話しています。

 

 

高校時代は吹奏楽部に在籍していました。

 

高校に入学後はベースを弾きはじめて、バンド活動もしていました。

 

 

またキーボードを一人で何時間も弾いたりしていたようです。

 

振り返ると「もうピアノ漬け、音楽漬けって感じの生活だったと思います」と当時のことについて話しています。

 

後述するように小学6年生から始めたYOUTUBE動画の投稿は、高校時代は学校生活に専念するために停止しています。

 

また自身の高校時代のことについて動画インタビューで次のように話しています。

 

「ブラックミュージックにはまっていたかもしれないです。高校時代。わし実はずっと歌う人になりたいと思っとって。でもなんか…親はピアニストになると思っとったんですよ。だから…そう親とそのことでバチバチになることもありましたけど、高校の終わりにコンサートがあって、そこで初めて親も呼んで歌を歌ったって感じですね。『本気出したら歌えるんじゃのう』みたいなことは言われました。」

 

加えて藤井さんの高校時代は非常に充実しており、「本当に楽しかった」と振り返っています。

 

なお流ちょうな英語を話すことで知られている藤井さんですが、学生時代に留学経験などはありません。

 

 

後述するように小学校時代から父親が英語を教えており、本人の努力もあって英語が上達しています。

 

【主な卒業生】

赤木野々花(アナウンサー)

水川かたまり(お笑い・空気階段)

春風亭昇吉(落語家)

 

なお藤井さんは高校卒業後は大学などに進学はせずに、音楽活動に専念しています。

 

高校卒業後すぐは声をかけてくれる所にはどこでも言っていた時期があったそうですが、それと平行して「自分にできる音楽活動ないかな」と探していました。

 

(成人式の画像)

 

そして2018年の夏ごろに自身のオリジナル曲を発表したいという思いが生まれてきて、YOUTUBEに戻ってきたそうです。

 

藤井さんは2019年に上京をしていますが、当時の心境について次のように振り返っています。

 

「旅立つ前夜は『あ~わしもいよいよ東京に行くんかもしれん』と思って、アホみたいに泣いたんすけど実は。なんでこんなに泣けてくるんやろうって思うぐらい泣いたんすけど、でも当日になったらなんか泣いてすっきりしたんかもしれんけど、すごい晴れやかな気持ちで行ったと思います。」

 

藤井さんは昔から国内外問わずに活動していけるミュージシャンになりたいという思いがずっとあったそうです。

 

 

上京後はYOUTUBEチャンネルが注目されたことから、ワンマンライブを開催しています。

 

そして22歳だった2019年に、シングル「何なんw」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

またこの年にはラジオ番組「オールナイトニッポン0」のパーソナリティにも起用されています。

 

さらに2020年には日本武道館でワンマンライブを敢行しています。

 

 

2021年には8枚目シングル「きらり」が大ヒットしています。

 

 

今後はメディアなどへの出演も増えそうで楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

藤井風の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:岡山県 里庄町立里庄中学校 偏差値なし

 

 

 

藤井風さんの出身中学校は、地元岡山県里庄町(さとしょうちょう)内の公立校・里庄中学校です。

 

中学時代はお笑いが好きだったことから、友人と共にネタ作りをしてクラスメイトの前で披露をしていました。

 

 

そのため学校ではかなりの人気者でした。

 

 

中学生の時は男子がピアノを習っているということが恥ずかしいという理由で、友人にはピアノが弾けることは隠していたそうです。

 

とは言えYOUTUBEには顔や名前も出して継続的に動画投稿をしています。

 

スポンサードリンク

 

中学2年生までは部活動をおこなっていましたが、中学3年生の時からは帰宅部だったようです。

 

藤井風の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:岡山県 里庄町立里庄西小学校

 

 

 

藤井風さんの出身小学校は、地元里庄町内の公立校・里庄西小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉2人の6人家族です(4人きょうだいの末っ子)。

 

 

兄の藤井空さんもピアニストとして活動をしています。

 

 

なお藤井さんは流ちょうな英語のせいでたびたび「ハーフでは?」と思われるそうですが、両親ともに日本人であることをインタビューで明らかにしています。

 

実家は里庄町内で「ミッチャム」という喫茶店を経営しています。

 

 

藤井さんは地元の岡山県浅口郡里庄町についてインタビューで次のように話しています。

 

「何もないところで大人も子供もみんな仲良しみたいな場所。もう…すべての思い出がここにあるって感じですね。」

 

また自身の幼少期のことについては次のように話しています。

 

「おとんが膝の上に乗せていろんないろんな音楽を聴かせてくれたり、弾かせてくれたりしてました。何でも弾いてましたね。演歌とかから歌謡曲から昔のポップスからジャズからクラシック。」

 

藤井さんは3歳の頃に楽器を弾けない父親にピアノやサックス、英語まで教えてもらっていたそうです。

 

(左が父親)

 

そして小学6年生の終わりくらいに「これからはYOUTUBEの時代」と父親に言われたことをきっかけに初めて動画投稿をしたそうで、その時は親と兄の共同作業でした。

 

当時の藤井さんは「何も考えてなかったし、わしは」と話していました。

 

小学生のときに投稿したYOUTUBE動画のコメント欄には「そんな雑に弾くな」とか「音わりいな」と書かれていたそうですが、藤井さんは「雑じゃないとこのグルーブ感、出んのやでって自分の中で思っとったんで」と話しています。

 

また藤井さんの実家には電子ピアノしかなかったそうで、インタビューで次のように話していました。

 

「あと電気ピアノしか家(うち)ないんで、夜でももう自由にガンガンガンガン弾けるんすよ。そしたらなんかクラシックの人たちがびっくりするぐらい。なんか打鍵が強くなっていっとったって気づいたことありますけど」

 

以上が藤井風さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

メジャーデビュー前からYOUTUBEで話題になっており、当時からライブのチケットが即完売するほどの人気を誇っていました。

 

メジャーデビュー後はヒット曲をリリースしており、人気アーティストになっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ