石崎ひゅーいの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|ドラマにも出演

 

シンガーソングライターでドラマなどにも出演している石崎ひゅーいさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。菅田将暉さんとのコラボでも知られる石崎さんですが、どのような学生生活を送ってきたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

石崎ひゅーい(いしざき ひゅーい)

 

 

1984年3月7日生

身長非公表

血液型はA型

 

茨城県水戸市出身のシンガーソングライター、俳優

本名同じ

 

以下では石崎ひゅーいさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

石崎ひゅーいの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:和光大学 偏差値35~37(学部不明のため)

 

 

 

石崎ひゅーいさんは高校卒業後は、和光大学に進学しています。

 

ただし在籍した学部や専攻した学科などの詳細はわかっていません。

 

ちなみに和光大学には以下の3つの学部があります。

 

経済経営学部:偏差値35

表現学部:偏差値35

現代人間学部:偏差値35~38

 

大学1年生の時に高校まで音楽活動をしてきたコピーバンドを解散しています。

 

そして石崎さんが20歳だった2004年に、ロックバンド「astrcoast」を結成しています。

 

 

このバンドはオリジナル曲を作ってライブハウスで活動するなど、本格的なものでした。

 

また石崎さんは大学卒業後も就職などはしないで、このバンドで音楽活動を継続しています。

 

当時はアルバイト生活を送っていましたが、石崎さんはパチンコ好きだったため1日で10万円も負けたこともあったそうです。

 

26歳だった2010年に尾崎豊さんや玉置浩二さんを手掛けた著名な音楽プロデューサーの須藤晃さんの提言で、バンドを解散してソロに転向しています。

 

石崎さんはこのあたりの経緯については、インタビューで次のように話しています。

 

「当時、バンドもあまりうまくいってなかったのもあったのですが、単純に自分の歌が評価されたいという欲が出てきた。このまま終わったらもったいないなと思っていたら、須藤さんに出会って、ひとりになった方が、その欲が満たされると確信したんです。結果的にはひとりの方が全然向いていましたね」

 

すると2012年にミニアルバム「第三惑星交響曲」で、待望のメジャーデビューを飾っています。

 

 

また2016年に映画「アズミ・ハルコは行方不明」で、主演の蒼井優さんの相手役という重要な役どころで俳優デビューも飾っています。

 

 

以降は「左ききのエレン」などのテレビドラマにも出演しています。

 

 

その他にも菅田将暉さんに「さよならエナジー」の楽曲を提供もしています。

 

ちなみに2020年の「CDTV」では菅田さんと共演もしています。

 

 

今後もミュージシャンと俳優の二足のわらじで活躍していきそうですね。

 

スポンサードリンク

 

石崎ひゅーいの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:茨城県 水城高校 偏差値48~67(コース不明のため)

 

 

 

石崎ひゅーいさんの出身高校は、私立の共学校の水城(すいじょう)高校です。

 

この高校は1964年開校の私立高校で、県内有数のマンモス校として知られています。

 

また部活動が盛んで、ゴルフ部や空手部、駅伝部などが全国的な強豪です。

 

なお同校は以下の4つのコースを設置していますが、石崎さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

SZ:偏差値67

SS:偏差値58

SA:偏差値51

SB:偏差値48

 

加えて石崎さんは出身高校を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの高校のへの在籍情報が複数見られます。

 

 

 

 

石崎さんは高校時代は部活動などはおこなっていないようです。

 

また高校時代は3年間にわたり、中学3年生の時に結成したコピーバンドで音楽活動をしていました。

 

当時は水戸市内にあるライブハウス「水戸ライトハウス」で、ライブを開催したこともあったそうです。

 

高校時代を振り返って「音楽漬けだった」と語っており、音楽が中心の高校時代でした。

 

【主な卒業生】

片山晋呉(プロゴルファー)

 

スポンサードリンク

 

石崎ひゅーいの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

石崎ひゅーいさんの出身中学校は、地元茨城県水戸市内の学校のようですが校名などは不明です。

 

中学時代は地元の児童劇団に在籍して、舞台に立っていました。

 

後に俳優としてデビューすることになる石崎さんですが、中学2年生の頃までは俳優志望でした。

 

ちなみに児童劇団に入団したのは、母親の勧めがあったからです。

 

また当時の石崎さんはSPEEDの大ファンで、ファンクラブにも入会していました。

 

中でも島袋寛子さんがお気に入りでした。

 

中学3年生の時にコピーバンドを組んで学園祭で歌ったら女子からチヤホヤされたこともあり、音楽活動をはじめています。

 

なおバンドをはじめたら演劇よりモテるということに気づいたため、児童劇団はやめてしまっています。

 

加えて石崎さんは中学時代には、ボーイスカウトにも所属していました。

 

石崎ひゅーいの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

石崎ひゅーいさんの出身小学校も水戸市内の学校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と姉、弟の5人家族のようです。

 

 

「ひゅーい」という名前は本名で、「巨人の星」のキャラクターの星一徹とデビッド・ボウイのファンだった母親が、一徹の息子「飛雄馬」とデビッド・ボウイの息子のゾーイという名前を組み合わせて命名しています。

 

ちなみに石崎さんは2008年に母親を亡くしていますが、マザコンだったとインタビューで話しています。

 

「僕ってものすごいマザコン。だから、自然と母にささげる歌が多くて。小さい頃から、芸術的な教養を身につけさせてくれたのも母親で、地球で一番尊敬し、一番影響を受けた人なんです。ですからデビュー曲も母親の葬式の歌でした」

 

また母親の影響で、当時はデビッド・ボウイやビートルズ、トム・ウェイツなどが流れている家庭だったとも話しています。

 

さらに小学校時代には母親に連れられて、アングラ系の数々の舞台も鑑賞していました。

 

これらの経験はミュージシャンや俳優になるにあたって活きたのでしょう。

 

以上が石崎ひゅーいさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大ヒット曲こそないものの、独特の世界観のサウンドはファンだけではなく他のミュージシャンたちからも高く評価されています。

 

 

そのため菅田将暉さんや山下智久さん、私立恵比寿中学といった人気アーティストにも楽曲を提供しています。

 

このところは役者としても活動しており今後にも注目ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ