井口理(キングヌー)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値とハモネプに出場していた!

 

「King Gnu」のボーカルを務める井口理さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。意外にも井口さんは高校時代にハモネプに出演したことがありました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

井口理(いぐち さとる)

 

 

1993105日生

身長非公表

血液型はAB

 

長野県伊那市出身のミュージシャン、俳優

ロックバンド「King Gnu(キングヌー)」のボーカル

本名同じ

 

以下では井口理さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどもご紹介いたします




 

井口理の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京藝術大学 音楽学部声楽学科 偏差値60(超難関)

 

 

 

井口理さんは高校卒業後は、国立の東京藝術大学に進学しています。

 

どうやら現役合格ではなく、1年間の浪人生活を経ての進学のようです。

 

とは言えこの大学は国内の芸術系・音楽系大学の最高峰に位置する大学で、実技試験が「超」がつくほど難関で知られています。

 

ちなみに「King Gnu」のリーダーでギターを担当している常田大希さんも東京藝術大学出身です(ただし中退)。

 

 

大学時代の井口さんは寮生活をしていますが、1年目だけは築55年ほどの取り壊し寸前の寮で生活し、その汚れ具合に衝撃を受けたそうです。

 

「部屋はくじで決めたんですけど、皆は4畳半だった中、僕は8畳くらいの部屋だったんですよ。でもそれまで誰も使っていなくてホコリが1センチぐらい積もっていたから掃除して、なんか悲しくて初日に何をしているんだろう、と。指揮科とか管楽器専攻の人とゴミ置き場に行って、卒業生が捨てた家具を探しに行ったりしてね。初日の夜、泣きました(笑)。寂しくて、ひもじくて。部屋に暖房もなく、4月だから寒いんだよね。長野に帰りたい……って悲しくて悲しくて

 

その後に板橋区の築50年のコーポに引っ越していますが、その際には「King Gnu」のベーシストの新井和輝さんと同居しています。

 

新井さんと同居していた頃は家事は新井さん任せで、井口さんは3年以上の同居生活で5回も洗濯はしなかったそうです。

 

また井口さんは声楽科の授業については次のように語っています。

 

「声楽はなにをやっているかというと、楽譜を読みながらクラシックのバッハ、ベートーベン、モーツァルトとかそういう昔の作曲家が作る音楽を歌っていました」

 

ただし井口さんはこのような超一流大学に進学したにも関わらず、大学時代はさほど学業に打ち込まなかったとインタビューで述べています。

 

さほど声楽もやりたかったわけではなく、大学入学後にクラシックや声楽に向いていないと考えはじめています。

 

「僕はそんなに声楽がやりたかったわけではなくて、劇団に足を運んだり、ミュージカルや演劇に役者として出演したりしながら、何か面白いことがやれたらいいなと思っていて。大学にはがんばって入ったんですけど、自分にはクラシックや声楽に向いてないのかなとだんだん思い始めたんです」

 

そのため井口さんは大学時代に劇団に入団してミュージカルや演劇の舞台に出演して将来を模索しています。

 

 

そんな中、大学を辞めて音楽活動をしていた常田さんに声をかけられて、レコーディングのコーラスを担当することになります。

 

実は常田さんは小学校の1年先輩でしたが仲が良かったわけではなく、お互いに存在を知っている程度の仲でした。

 

ちなみに常田さんと再会したのは大学の学園祭で、井口さんはモッフル店の店長を務めていました。

 

「みんなから『モッフル屋の井口』と呼ばれていて、モッフルというのは、文化祭でお餅をワッフル型に加工して、その上にバニラを乗っけたりして売っていた」

 

その際に店の呼び込みをしていたところ常田さんと偶然再会したのですが、井口さんは「すべてのはじまり」とインタビューで述べています。

 

「King Gnuの全ての始まり。King Gnuの創成期だから。あれがなかったら、俺がモッフル店で店長をやっていなかったら、今King Gnuはないんですから。恐ろしいよね、人との出会いって。あれをやってよかった」

 

それがきっかけで意気投合し、井口さんは常田さんのソロプロジェクト「Srv.Vinci」に参加しています。

 

 

すると2017年に「King Gnu」に発展していきます。

 

 

井口さんは以降は音楽活動に専念していますが、大学は卒業しています。

 

バンドは2019年2月にファーストシングル「自白」でメジャーデビューしますが、いきなり楽曲が大ヒットしています。

 

 

この年の12月にはNHK紅白歌合戦にも初出場しています。

 

また音楽活動の傍らで、20193月からは「オールナイトニッポン0」のパーソナリティにも起用されています。

 

 

マルチに活動している人物だけに、今後の活動にも注目です。

 

常田大希(キングヌー)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク

 

井口理の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:長野県 伊那弥生ヶ丘高校 偏差値55(中の上)

 

 

 

井口理さんの出身校は、県立の共学校の伊那弥生ヶ丘高校です。

 

この高校は1911年開校の伝統校で、硬式野球部が2019年の夏の甲子園の長野予選で決勝まで進出して大きな話題になっています。

 

井口さんは高校時代は合唱部(名称は音楽部)に在籍していました。

 

(高校時代)

 

また高校3年生の時には同級生たちと「男耳」というコーラスグループを結成して「ハモネプ」にも出演した経験があります。

 

その一方で井口さんは高校時代はバンドを組んでおり、「ザ・ブルーハーツ」の楽曲などをコピーしていました。

 

また高校の文化祭にも出演したという情報もあります。

 

加えて井口さんは高校時代まではファッションに無頓着で、パイナップルの絵が入ったTシャツを着ていたとのこと。

 

なお小学校時代はからの顔見知りの常田さんは同校の出身者ではなく、長野県でも有数の進学校の伊那北高校(偏差値6267)に通学していました。

 

常田大希(キングヌー)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク

 

井口理の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:長野県 伊那市立東部中学校 偏差値なし

 

 

 

井口理さんの出身中学校は、地元伊那市内の公立校の東部中学校です。

 

なお前記の常田さんとは小学校・中学校が同じで、1学年上に在籍しています。

 

ただし学年が違ったこともあり、当時の2人はほとんど交流していません。

 

中学時代も合唱部に在籍しており、全国大会である「NHK全国学校音楽コンクール」にも出場経験があります。

 

 

なお常田さんもマリンバを担当して、このコンクールに出場しています。

 

意外にも中学時代の井口さんは太っており、中学3年生の頃からダイエットをはじめて高校入学時には痩せていました。

 

井口理の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:長野県 伊那市立伊那北小学校

 

 

 

井口理さんの出身小学校は、伊那市内の公立校の伊那北小学校です。

 

家族構成は両親と4人きょうだいの6人家族です。

 

 

きょうだいは男3人女1人で、井口さんは末っ子にあたります。

 

また母親の井口純代さんは長野県議会議員選挙に出馬して落選したことがありました。

 

 

実家は農家で米を作っているそうです。

 

また伊那市内でも郊外に在住していたようで、井口さんも「僕は田舎者なので、東京はみんな背伸びしている感じがして苦手です」とコメントしています。

 

子供の頃は漫画が好きだったそうです。

 

加えて井口さんは初恋が小学校の音楽の先生だったことをインタビューで明らかにしており、そのためか当時は音楽へのモチベーションが高かったとも話しています。

 

また前述の通り常田さんとは小学校時代からの幼馴染ですが、さほど仲が良かったわけではないことを常田さんは話しています。

 

「小学校から一緒でした。でも、だからといって当時はそこまで仲がよかった訳ではなく、一緒の大学に行ったのも知らなかったぐらい。俺は1年も通わずに辞めてるので。辞めてから文化祭に呼ばれて演奏しに行ったら理がいて、そこから一緒にやりだした感じです」

 

以上が「King Gnu」向井理さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

このところバンドはワンマンライブのチケットが即日ソールドアウトになるなど、各方面から注目を集めています。

 

 

また井口さんはバンド活動のほか、俳優やラジオパーソナリティとしても活動しており、マルチな活動を展開しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

常田大希(キングヌー)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク



 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ