Vaundyの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

シンガーソングライターのVaundyさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。作詞・作曲やプロデュース、アレンジなどすべて自身でおこなっているVaundyさんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

Vaundy(ばうんでぃ)

 

 

2000年6月6日生

身長非公表

血液型非公表

 

東京都出身のシンガーソングライター

本名非公表

 

以下ではVaundyさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

Vaundyの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学 芸術学部 デザイン学科 偏差値50(普通)

 

 

 

Vaundyさんは高校卒業後は、私立大の日本大学に進学しています。

 

大学では芸術学部に在籍して、デザインを学んでいます。

 

この大学を受験する際にはデッサンがあるそうですが、何故デッサンをするのか考えたところ次のような答えにたどり着いたそうです。

 

「最初は真似をして構造を理解する必要があるんです。手より目を使うんです。それで、触ってどんなカーブなんだろうとか、ここの影はどんなふうに光が差しているんだろうとか。」

 

いろんな見方をする必要があるそうですが、デッサンは音楽と一緒だと感じたようです。

 

 

なお大学進学後も高校時代から通学していた音楽塾ヴォイスに通って、レッスンに励んでいます。

 

 

Vaundyさんは大学1年生だった2019年の秋ごろからYOUTUBEに楽曲を投稿しはじめています。

 

また大学2年生になったばかりの時には自身のツイッターに次のように投稿しています。

 

「取れてると思った単位が落とされていたためもう卒業したくなくなってきました。諦めて踊りだしたい」

 

音楽活動と学業の両立はとても大変のようです。

 

そのため大学を中退する可能性もありそうです。

 

 

大学2年生のときには新型コロナウイルスの影響でオンライン授業になっていまい、2020年5月のインタビューで次のように話しています。

 

「デザイン系の学部で、いま2年生で、昨日からオンライン授業がはじまりました。社会のネット活用に関しては、今回の騒動で一気にスピードが早くなりそうです。」

 

Vaundyさんは自身のことを音楽家ではなくクリエイターだと思っているそうで、音楽だけでなくデザインや服飾、絵を描いたり、声の仕事などにも挑戦したいらしくマルチなアーティストになりたいそうです。

 

仕事面では2019年に、ファーストシングル「東京フラッシュ」でデビューしています。

 

 

するとJ-WAVEの有望な新人に贈られる「ソナートラックス」を獲得しています。

 

以降もコンスタントに楽曲をリリースして注目を集めています。

 

 

今後はメディアへの出演も増えそうで楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

Vaundyの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 郁文館高校 偏差値52~62(コース不明のため)

 

 

 

Vaundyさんの出身高校は、私立の共学校の郁文館高校です。

 

この高校は1889年開校の伝統校の私立高校です。

 

また同校は以下の4つのコースを設置していますが、Vaundyさんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

東大:偏差値62

E特進:偏差値57

特進:偏差値55

進学:偏差値52

 

高校時代は軽音楽部に在籍していました。

 

軽音楽部での活動についてインタビューで次のように話しています。

 

「バンドじゃなくソロで友達と楽しんでいた感じなんですけど。その時に、邦ロックに触れてバンドサウンドの曲を作るようになりました。」

 

Vaundyさんは高校2年生の頃から音楽塾「ヴォイス東京校」に通いはじめています。

 

この音楽塾は福岡市を拠点としており、絢香さんやYUIさん、家入レオさんらを育成したことで知られています。

 

Vaundyさんはヴォイスに通いはじめたきっかけについて、次のようにインタビューで述べています。

 

「当時音楽をやるにしても、何をやるにしても、自分のレベルが低すぎると感じていたので、習わなきゃいけない時期が来たのかなと感じていました。現状の音楽に満足できず、もっと上の、クリエイティブな音楽をやりたいなと思って入塾しました。」

 

もし将来的に音楽をやっていくのであれば、もっとクリエイティブでかっこいい音楽をやりたかったためこのままではレベルが低すぎると思ったそうです。

 

 

ヴォイスに通いはじめてからは「リズムで曲を作れるようになったし、曲をジャンルで見れるようになった」と話しており、そのため視野が広がったようです。

 

また自身のギターの弾き方やテクニックがついたことだそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「一番はギターの弾き方を工夫するようになりました。でもそれでもなかなか上手くはならないんで、もっとやらなきゃいけないというのはあるんですけど、入った当時より全然うまくなったし、やることによって作る曲もテクニック的になってきたというか。」

 

ちなみに高校時代には将来はアニメに関わりたいと思った時期もありました。

 

【主な卒業生】

関口メンディー(EXILE)

山崎怜奈(乃木坂46)

栗田貫一(モノマネタレント)

 

スポンサードリンク

 

Vaundyの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 郁文館中学校(有力) 偏差値48(やや容易)

 

 

 

Vaundyさんの出身中学校は、私立の共学校の郁文館中学校が有力です。

 

中学生の頃から曲作りをはじめています。

 

中学3年生の頃からは歌い手をやっていたそうで次のように話しています。

 

「有名ではなかったんですけど。歌い手って、いろんなボカロPさんが作った新曲をいちはやく歌ってアップするかが大事で。」

 

また「Vaundy」のアーティスト名は中学時代のあだ名である「バウンドボール」が由来です。

 

Vaundyの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

Vaundyさんの出身小学校は、都内の学校のようですが校名などは不明です。

 

現時点では東京都のどこの出身か判明しておらず、手がかりも掴めませんでした。

 

 

母親はジャズバンドでボーカルをやっていたため、その影響で自宅ではずっと音楽が流れていました。

 

物心ついたときから音楽が身近にあったことから、音楽を好きになったきっかけは生まれた頃の自分に聞かないと分からないとインタビューで話しています。

 

カラオケが好きだったことから小さい頃からよく歌を歌っていたそうです。

 

親が子供の頃からパソコンを触らせてくれたそうで、音楽もパソコン中心で作っているそうです。

 

子供の頃からもの作りが好きだったそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「小さい頃からもの作りが好きでした。子供の頃には家に段ボールなどの廃材が置いてある部屋があって、そこから材料を持ってきては自分でおもちゃを作って遊んでいました。なので、今も昔もものづくりは日常です。」

 

小学生の頃にはすでに歌の仕事に就きたいと考えていました。

 

以上がVaundyさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2019年にデビューしていますが、作詞・作曲はもちろんのことアレンジやプロデュース、アートワークのデザインなどもすべて自分でおこなっています。

 

 

かなりマルチな才能の持ち主なので、今後のさらなる活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ