佐月愛果の学歴|出身大学高校(梅花女子大・梅花高校)や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

アイドルグループ「NMB48」の佐月愛果さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。舞台女優としても活動している佐月さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

佐月愛果(さつき あいか)

 

 

2002年4月30日生

身長159㎝

血液型はO型

 

大阪府出身の歌手、タレント、女優

アイドルグループ「NMB48」のメンバー

本名同じ、愛称は「あいぴ」

 

以下ではNMB48佐月愛果の出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

佐月愛果の学歴まとめ

 

出身大学:梅花女子大学

出身高校:梅花高校

出身中学校:不明

出身小学校:不明

 

佐月愛果の学歴~出身大学(梅花女子大学)の詳細

 

出身大学:梅花女子大学(有力) 偏差値40~43(学部不明のため)

 

 

 

佐月愛果さんは高校卒業後は大学に進学をしていますが、進学先は梅花女子大学が有力です。

 

この大学の系列の高校に通学しており、大学受験をした形跡がないので内部進学でこの大学に進んだ可能性が高いでしょう。

 

ただし在籍する学部や学科などの詳細は不明です。

 

ちなみにこの大学には以下の4つの学部があります。

 

看護保健学部:偏差値43

食文化学部:偏差値40~42

心理こども学部:偏差値40~43

文化表現学部:偏差値40~43

 

看護保健学部は実習などが厳しいことから、この学部以外に在籍する可能性が高いでしょう。

 

後述するように佐月さんは高校時代にグループ入りをしています。

 

そして大学2年生だった2022年7月にチームBIIの正規メンバーに昇格して、キャプテンも継続しています。

 

 

また大学時代には実現したい夢について、演技の仕事をしたいとのことで、このことについてインタビューでは次のように話していました。

 

「ありがたいことに、加入した年から毎年舞台に出演させて頂いているのですが、更に大きい舞台を目指していきます。た、舞台だけでなくて映像の演技もやりたいですし、声の演技にも興味があります。」

 

佐月さんはいつかミュージカル「レ・ミゼラブル」のコゼット役を演じるのが夢で、少しでも近づいていきたそうです。

 

佐月さんは2023年4月に舞台「ナビゲーション」ではじめて主演を務めています。

 

 

後述するように佐月さんは以前劇団に所属をしており、劇団にいた頃は「主役を取りたい」と強く思っていましたが劇団を卒業して以降はそれほど執着をしていませんでした。

 

しかし「ナビゲーション」で主役を演じたことで、やっぱり主役への憧れがあったと気づいたようです。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

佐月愛果の学歴~出身高校(梅花高校)の詳細

 

出身高校:大阪府 梅花高校 舞台芸術学科 偏差値50(普通)

 

 

 

佐月愛果さんの出身高校は、私立の梅花高校です。

 

この高校は1878年開校の伝統校で、キリスト教系のミッションスクールです。

 

佐月さんは出身高校を明らかにしていませんが、高校を卒業した2021年に公式ブログで卒業証書と制服の画像をアップしています。

 

 

この卒業証書と制服は梅花高校のものです。

 

(参考)

 

また同校は以下の7つのコースを設置していますが、佐月さんは舞台芸術コースに在籍していました。

 

特進S:偏差値56

国際教養:偏差値52

医療看護:偏差値50

アートデザイン・マンガ・イラスト:偏差値50

舞台芸術:偏差値50

こども保育:偏差値49

総合進学:偏差値49

 

高校時代は同じグループの眞鍋杏樹さんと同級生でした。

 

 

当時は2人ともNMB48のメンバーではありませんでしたが、当時から非常に仲良しでした。

 

佐月さんは高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていません。

 

その一方でなおグループに加入前まで劇団に所属していたとのことで、高校時代も劇団で活動をしていました。

 

この高校に入学するまでミュージカルと声楽しか経験がなかったことから、ジャズやバレエ、ヒップホップなどのダンスでついて行けずに心が折れそうになっていました。

 

しかし同じ学科の仲間は親身になって教えてくれたそうです。

 

高校1年生の時にドラフト6期生のオーディションを受けていますが、書類落ちでした。

 

また以前にドラフト3期のオーディションも受けており、こちらも書類審査で落ちています。

 

佐月さんは年齢的にもアイドルを志すのはキツイと思い、再び女優を目指しています。

 

そして高校2年生の1月に7期生の募集がはじまっており、もうすぐで高校3年生になり進路を決めなければいけなかったため、かなり迷いました。

 

佐月さんは締め切りの5分前に応募を完了しており、かなりギリギリまで迷っていたようです。

 

これまで2回オーディションを受けていますが書類審査落ちだったことから、今回も落選すると思って過ごしていたら合格通知が届いています。

 

高校3年生の9月にNMB48の7期生としてお披露目をされました。

 

 

グループの同期は平山真衣さんや隅野和奏さん、浅尾桃香さん、早川夢菜さんらです。

 

ちなみに同級生の眞鍋杏樹さんもこのオーディションに合格してメンバー入りしていますが、当初は2人とも内緒で応募しており、3次審査でお互いが応募していることを知りました。

 

この高校を卒業した際にはブログで次のように報告をしています。

 

「舞台学科に3年間通って、歌、ダンス、バレエ、お芝居、その他たくさんのことを学ばせて頂きました。学校には、宝塚歌劇を受験する子、ダンスで世界に行ってる子、バレエで海外留学をする子、各部門プロレベルの子がたくさんいて、3年間たくさんたくさん刺激を与えられました。」

 

舞台芸術学科の同級生は50人ほどいましたが全員仲良しだったと振り返っており、充実した高校生活を送ったようです。

 

 

【主な卒業生】

植村花菜(シンガーソングライター)

浜木綿子(女優)

由美かおる(女優)

 

スポンサードリンク

 

佐月愛果の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

佐月愛果さんの出身中学校は、大阪府内の学校のようですが校名などは不明です。

 

現時点では中学時代に大阪府のどの市町村に在住していたか不明で、手がかりも掴めませんでした。

 

また佐月さんの中学時代のエピソードや情報なども皆無でした。

 

佐月愛果の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

佐月愛果さんの出身小学校も大阪府内の学校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族のようです。

 

佐月さんは小学生の頃から劇団に所属をしており、小学1年生の時にはじめてミュージカルの舞台に出演しています。

 

当時から将来は演技をしたいと思っており、女優になることが夢でした。

 

またNMB48の原かれんさんとは小学校時代から友達でした。

 

佐月さんはもともとAKB48が好きで、小学2年生の頃にAKBの姉妹グループが大阪にできると知り、たまたま見たところセンターの山本彩さんを見て引き込まれたといいます。

 

当時のことについてはインタビューでは次のように話していました。

 

「『“引き込まれる”ってこういうことか』っていう感じぐらい引き込まれて。そこから彩さんのことがめっちゃ好きになって。最初、彩さん単推しやって。」

 

それからずっとNMB48を見ているとグループ全体を好きになりました。

 

当初はただのファンで、グループに入りたいとは思いませんでした。

 

また小さい頃からアニメ「プリキュア」が大好きで将来は、プリキュアの声優もしたいと思っていました。

 

以上が「NMB48」佐月愛果さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代にグループ入りしていますが、その他にも舞台女優としても活動しています。

 

 

またグラビアなども好評を博しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ