橋本大輝の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

体操選手の橋本大輝さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送いたします。東京オリンピックの個人総合で金メダルを獲得した橋本さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

橋本大輝(はしもと だいき)

 

 

2001年8月7日生

身長164㎝

血液型は非公表

 

千葉県成田市出身の体操選手

 

以下では橋本大輝さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

橋本大輝の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:順天堂大学 スポーツ健康科学部 偏差値50(普通)

 

 

 

橋本大輝さんは高校卒業後は、私立大の順天堂大学に進学をしています。

 

一般受験ではなく、スポーツ推薦での進学の可能性が高そうです。

 

高校時代の卓越した成績から多くの大学に勧誘されていますが、体操部が名門のこの大学に進学しています。

 

ちなみにこの大学の体操部は以下の人物たちが卒業生です。

 

鹿島丈博(北京五輪団体銀メダリスト)

冨田洋之(北京五輪団体銀メダリスト)

坂本功貴(北京五輪団体銀メダリスト)

田中佑典(リオ五輪団体金メダリスト)

加藤凌平(リオ五輪団体金メダリスト)

 

橋本さんは大学時代も体育会の体操部に在籍して、競技に励んでいます。

 

大学2年生だった2021年4月に全日本選手権で個人総合で優勝を勝ち取っています。

 

 

同年に東京オリンピックで個人総合と種目別鉄棒で金メダルを獲得し、団体で銀メダルという快挙を成し遂げました。

 

 

同大会での感想についてインタビューで次のように話しています。

 

「今大会が初出場だったんですが、それを感じさせないように準備してきて悔いの残らないように演技したいと思っていました。このオリンピックの舞台を楽しんで演技できて18演技ノーミスの結果が、団体銀メダル、個人金メダル、そして種目別の金メダルに繋がったと思っています」

 

同大会では団体のみんなで表彰台の一番高い段に上がれなかったことが悔しかったと話しています。

 

 

 

現在では日本男子体操界のエースに成長しています。

 

今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

橋本大輝の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉県 市立船橋高校 普通科 偏差値52(普通)

 

 

 

橋本大輝さんの出身高校は、市立の共学校の市立船橋高校です。

 

この高校は1957年開校の公立校で、体育科を設置しているのでスポーツが盛んです。

 

特にサッカー部やバスケットボール部、水泳部が全国大会の常連として知られています。

 

また同校は以下の3つの学科を設置していますが、橋本さんは体育科ではなく普通科に在籍していました。

 

普通:偏差値52

商業:偏差値47

体育:偏差値43

 

橋本さんは片道1時間20分ほどかけて通学していました。

 

高校時代も体操部に在籍して部活動に励んでいました。

 

 

体操選手の谷川翔さんはこの高校の体操部の2学年先輩で、順天堂大学体操部の先輩でもあります。

 

橋本さんはこの高校に入学したことが自身の体操生活の転機だったと話しており、インタビューでは次のように振り返っています。

 

「市船に入学したこと。学校生活も競技生活もすごい濃い3年間を送った。市船に入ったから、今の僕がいる」

 

 

同校では練習環境に恵まれており、次のように話しています。

 

「言い訳なんですけど、中学生の時とか(ピットがなく)鉄棒が怖くてできなかった。それが高校に入って(安全な環境もあり)伸び伸びできたので、鉄棒が一番成長した種目と言える。ただ、本当に完璧な環境はない。今いる環境で何ができるのか、何がしたいのかを考えて目標を立ててやっていくこと、自分がトップになれるように何をすべきか考えることが必要だと思う」

 

また高校1年生の時に体操の基礎を叩きこまれており、インタビューで次のように話しています。

 

「最初は痛くてできなかったけど、器具に寄り掛かって全体重を曲げたつま先にかけて歩いたり、毎日練習前に壁倒立をやったり。高1の夏ごろには線の出し方がすごく違ってみえて、別人みたいな感じになって、初めてきれいな体操だなと自分で思った」

 

 

高校2年生の時のアジア選手権で種目別ゆかとあん馬でそれぞれ優勝をしており、団体では2位という成績を残しました。

 

高校3年生だった2019年に世界選手権に日本代表として初出場を果たしました。

 

 

ちなみに高校生が日本代表に選出されるのは、白井健三さん以来2人目でした。

 

このような高校時代の実績から複数の体操の強豪大学がスカウトしていますが、橋本さんは前記のように順天堂大学に進学しています。

 

【主な卒業生】

鈴木大地(競泳・オリンピック金メダリスト)

ワッキー(お笑い・ペナルティ)

ヒデ(お笑い・ペナルティ)

 

スポンサードリンク

 

橋本大輝の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 香取市立佐原中学校 偏差値なし

 

 

 

橋本大輝さんの出身中学校は、地元千葉県佐原市内の公立校の佐原中学校です。

 

この中学校には体操部はなく、中学時代までは佐原ジュニア体操クラブで競技に打ち込んでいました。

 

橋本さんは中学時代は全日本ジュニア選手権などの大会に出場していますが、目立った成績を残すことはできませんでした。

 

中学生の頃は技をやりたい一心だったと話しており、骨折に悩まされたこともありました。

 

橋本さんは6歳の時から佐原ジュニア体操クラブに通っていましたが、中学卒業と共にこのクラブも卒業をしています。

 

橋本大輝の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:千葉県 香取市立わらびが丘小学校

 

 

 

橋本大輝さんの出身小学校は、地元香取市内の公立校のわらびが丘小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です(3兄弟の末っ子)。

 

父親は高校の教員をしています。

 

意外にも子供の頃は体が弱く病院通いでした。

 

橋本さんは6歳の時に近所に遊べる友人がいなかったことから、2人の兄と佐原ジュニア体操クラブに通うようになり体操をはじめています。

 

 

このクラブの代表を務める山岸信行さんは当時の橋本さんのことを次のように語ります。

 

「特別な子ではなかった。ただ、真面目に一生懸命練習する。中学の全国大会では、骨折しても2種目やった」

 

橋本さんはかなり負けず嫌いな性格だったことから、指導者から危険だと止められても兄がやっている技を「俺だってできるのに」と主張したこともありました。

 

以上が橋本大輝さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

はじめてのオリンピックとなった東京オリンピックでは、個人総合で金メダル、団体で銀メダルを獲得する快挙を成し遂げました。

 

 

そのため日本男子体操界の新エースとして活躍が期待されます。

 

今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ