NMB安部若菜の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|円盤投げをやっていた

 

「NMB48」の安部若菜さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は安部さんは勉強が得意で進学校に通っていたほか、中学時代は円盤投げもおこなっていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

安部若菜(あべ わかな)

 

 

2001年7月18日生

身長159㎝

血液型はO型

 

大阪府池田市出身の歌手、タレント

アイドルグループ「NMB48」のメンバー

本名同じ、愛称は「わかぽん」

 

以下では「NMB」安部若菜さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

安部若菜の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:関西大学 経済学部 偏差値58(中の上)

 

 

 

「NMB48」安部若菜さんは高校卒業後は、関西大学に進学しています。

 

後述するように安部さんは進学校に在籍しており、大学も関西の有名私立大学に合格しています。

 

2020年に6月に出演したラジオ番組で、大学に進学したことや大学では経済学を学んでいることを明らかにしています。

 

 

経済学部に進学したのは、お金に興味があったからとのこと。

 

ただし入学した年は新型コロナウイルス禍のために授業はすべてリモートになったことから、友達はできていないそうです。

 

 

大学1年生の2020年5月にはバラエティ番組「AKBグループ出張会議」で、はじめて全国ネットのテレビ番組に出演しています。

 

さらにこの年には「月刊エンタメ」で、はじめてグラビアにも挑戦しています。

 

 

その際には「知的セクシー」と話題になっています。

 

高校を卒業したことで活動の幅も広がって、今後はさらに単独での活動も増えていきそうです。

 

ちなみに安部さんは将来はアナウンサーになることを志望しています。

 

スポンサードリンク

 

安部若菜の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:大阪府 箕面高校 偏差値61~66(学科不明のため)

 

 

 

「NMB48」安部若菜さんの出身高校は、府立の共学校の箕面(みのお)高校です。

 

この高校は1963年開校の府立高校で、進学校ですが部活動も盛んなことで知られています。

 

同校の2019年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

大阪大学:3名

神戸大学:3名

大阪市立大学:6名

大阪府立大学:4名

 

関西大学:132名

立命館大学:126名

関西学院大学:65名

同志社大学:57名

 

またこの高校には以下の2つの学科がありますが、安部さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。

 

グルーバル:偏差値66

普通:偏差値61

 

とは言え安部さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

高校1年生だった2017年11月に「第3回AKB48グループドラフト会議 候補者オーディション」の3次審査において指名候補者となります。

 

 

安部さんは高校1年生の秋ごろに松田聖子さんの曲にハマっていたようで、このオーディションの最終審査の歌唱審査で「赤いスイートピー」をうたったそうです。

 

そして翌年2018年1月のドラフト会議でNMB48チームNに第5巡目で指名されました。

 

ちなみに当時は目標としているメンバーを、市川美織さんとしていました。

 

 

安部さんはデビュー前はダンス未経験でしたが、レッスンを頑張ったそうです。

 

最初は全然覚えられなかったそうですが、今では5分くらいの曲であれば2・3時間でダンスを覚えることができるようになったそうです。

 

同年8月のNMB48劇場でのチームN 4th Stage「目撃者」の公演でデビューを果たします。

 

またこの年には「AKBグループ総選挙」にも出場していますが、圏外に終わっています。

 

 

高校3年生だった2020年1月の「NMB48 新春特別公演2020」において、正規メンバーへの昇格とチームM所属が発表されました。

 

後述しますが安部さんは小学生の頃から落語が好きで、桂三金さんからのお誘いで大阪・南森町の天満天神繁昌亭で落語を披露したことがあるそうです。

 

また現在では落語の知識を深めるために、落語家に話を聞くWEB連載も受け持っています。

 

NMB48劇場でファンの前でステージに一人座り、落語を披露したこともあるほどです。

 

 

さらに安部さんの特技は「ちくわ笛」を吹くことだそうで、放課後ちくわを吹く練習をしているそうです。

 

自己紹介でも「アピールポイントは、ちくわ笛を少しだけ吹けることです。というわけで、引き出しの多い私は、たんすみたいな人だと思っています」と話しています。

 

 

【主な卒業生】

矢井田瞳(シンガーソングライター)

北原雅樹(タレント)

 

スポンサードリンク

 

安部若菜の学歴~出身中学校の詳細・円盤投げをやっていた

 

出身中学校:大阪府 池田市立池田中学校 偏差値なし

 

 

 

「NMB48」安部若菜さんの出身中学校は、地元池田市内の公立校の池田中学校です。

 

安部さんは出身中学校を明らかにしていませんが、中学時代に出場した陸上大会の記録が残っておりこの中学校の出身者であることが判明しています。

 

 

中学時代は陸上部に所属しており、円盤投げをやっていました。

 

円盤投げをはじめたきっかけは陸上部の顧問の先生に試合に出されたことだったようで、初めは嫌だったそうですが徐々に楽しくなっていたそうです。

 

そして中学3年生のときに円盤投げで府内の大会で8位になっています。

 

ちなみにグループ入り後に円盤投げを披露したこともありました。

 

 

また陸上競技であれば、円盤投げ以外の競技もそこそこできるとインタビューで話していました。

 

中学の頃はメイドカフェで働くことが夢だったそうです。

 

また中学時代にアイドルに憧れました。

 

安部若菜の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

「NMB48」安部若菜さんの出身小学校は、地元池田市内の小学校のようですが、校名などの詳細は不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

池田市立池田小学校

池田市立呉服小学校

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

安部さんは幼いころから人付き合いが苦手だったそうです。

 

そのためか子供の頃を振り返って「家の中だけでやんちゃだった」と話しています。

 

当時はタンスに油性ペンで落書きしたほか、テレビの液晶画面を石で削ったこともあったほどです。

 

当然のことながらかなり怒られたそうです。

 

ちなみにタンスに落書きした際には同色の茶色い折り紙を貼って隠蔽工作もしていますが、すぐにバレたとのこと。

 

安部さんは小学生のときの授業で毎週落語を聞きに行くことがあったそうで、それがきっかけで落語にハマりCDを聴くようになったそうです。

 

今でも夜寝る前に落語を聴いたりするそうで、特に桂枝雀さんが好きだと話していました。

 

以上が「NMB」安部若菜さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代は進学校に通学していたことからさほど目立った活動はしていませんでしたが、大学進学後は単独での活動が目立ってきました。

 

 

頭脳明晰であることは間違いないので、今後はタレントとしての活動も増えていきそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ