ふぇぐの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

プロゲーマーのふぇぐさんの出身大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。2018年にゲームの世界大会で優勝して1億円を獲得して話題になったふぇぐさんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

ふぇぐ

 

 

1994年5月27日生

身長非公表

血液型非公表

 

東京都出身のプロゲーマー、YOUTUBE

本名は奥元隆太朗(おくもと りゅうたろう)

 

以下ではふぇぐさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

目次

ふぇぐの学歴~出身大学(明治大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治大学 経営学部 偏差値63(やや難関)

 

 

 

ふぇぐさんは高校卒業後は、私立大の明治大学に進学しています。

 

在籍したのは経営学部です。

 

この大学に入学後は授業にほとんど出席せずに自宅にも帰らず、朝まで飲んで遊び歩いていました。

 

そのため大学3年生の時点で留年が決まっています。

 

 

母親からは留年するのであれば、年間100万円ほどの学費は払えないため、自分でどうにかするように言われています。

 

父親が厳しい人だったこともあり、100万円をどうしようと悩んでいましたが何のあてもありませんでした。

 

大学3年生の秋ごろに一緒にお酒を飲んでいた先輩とゲームの話になって、先輩から勧められたのが対戦型オンラインTCG「シャドウバース」でした。

 

先輩から半ば強引に勧められて仕方なくその場でゲームをはじめたところ、懐かしさを感じました。

 

ふぇぐさんは当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「カードゲームを触るのも久々で、新鮮というのもあって、このゲーム面白いなって。もとからカードゲームをやってたんで、入りやすかったですね。戦略性も高校の時にやっていた遊戯王カードと通じるものがあって、ゲームもいいなって久しぶりに思いました」

 

ふぇぐさんには暇な時間がたくさんあったため、シャドウバースが生活の一部となるのはあっという間で、気付くと1日4、5時間プレーをしていました。

 

毎日友人と遊ぶか、寝る、ゲームをするという日々を送っていたときに「シャドウバース」の全国大会「ファミ通CUP」があることを知りました。

 

優勝賞金が400万円でふぇぐさんは腕試しに大会に出場することにしました。

 

そしてかつて一緒にカードゲームをしていた仲間に連絡をして、技術と戦術を磨いています。

 

23歳だった2017年3月に「ファミ通CUP」に出場をしており、参加者2,200人の中から優勝を勝ち取りました。

 

 

大会での賞金は留年するために必要だった学費に使っています。

 

以降はゲーム業界で名前が知られるようになり、シャドウバースをネット配信する仕事の依頼が来るようになりました。

 

普通に大学生としてアルバイトをして稼ぐよりも良い収入になっており、加えて台湾や韓国でプレーをする仕事もあって海外遠征もおこなっています。

 

または大学を卒業することを条件に好きなことをしても良いというスタンスでした。

 

ふぇぐさんはシャドウバースにさらに集中したいと思い、父親に1年間休学をしてゲームに集中すると告げたところ、父親は激怒をして生まれてはじめて殴られたことを明かしています。

 

その後ふぇぐさんがプロとして活動を開始したため、両親も休学を認めてくれるようになりました。

 

とは言え、友人からはプロゲーマーをバカにされることもあったとのことで、インタビューでは次のように話していました。

 

「“優勝してゲームのプロになる”って大学の友達に言ったら、“そんな職業あるわけないだろ”って冷たくあしらわれたこともありました。」

 

とは言え2018年にはシャドウバーズの世界大会「ワールドグランプリ2018」で優勝して、優勝賞金100万ドル(当時1億1000万円)を獲得しています。

 

 

ただし大学を卒業したかは不明です。

 

2021年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設して、YOUTUBERとしても活動を開始しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

ふぇぐの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:明治大学の系列の高校(校名は不明)

 

ふぇぐさんの出身高校は明治大学の系列の高校ですが、校名は不明です。

 

ちなみに都内には明治大学の系列の高校は3つあり、このうちのいずれかです。

 

明治大学付属明治高校:偏差値73

明治大学付属中野高校:偏差値69

明治大学付属中野八王子高校:偏差値69

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなわなかったようです。

 

後述するように小学生の頃からカードゲームにハマっており、小学校、中学校時代までは学校の友人と対戦をしていました。

 

高校になると秋葉原のカードショップで出会った人と真剣に勝負をしていましたが、高校2年生の時に飽きてカードゲームをやめています。

 

以降はゲームをやりたいという気持ちも湧いてきませんでした。

 

スポンサードリンク

 

ふぇぐの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:明治大学の系列の中学校

 

ふぇぐさんの出身中学校は明治大学の系列の私立中学校ですが、校名などの詳細は不明です。

 

なお都内には以下の明治大学の系列の中学校が3つあり、そのうちのいずれかです。

 

明治大学付属明治中学校:偏差値65

明治大学付属中野中学校:偏差値60

明治大学付属中野八王子中学校:偏差値58

 

中学校には中学受験をして入学しています。

 

また以降は大学までエスカレーター式に進学しています。

 

なおふぇぐさんの中学時代のエピソードや情報は現時点では見当たりませんでした。

 

ふぇぐの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

ふぇぐさんの出身小学校は、都内の学校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成やきょうだいの有無についても現時点では情報がなく不明です。

 

ふぇぐさんは小学生の頃から対戦型のカードゲームに馴染みがあり、プレイステーションや任天堂DSなどのゲームよりも対面して行うカードゲームが好きでした。

 

当時は「遊戯王 デュエルモンスターズ」などにハマっていたといいます。

 

ゲームをはじめたのが10歳くらいのときでお小遣いは全てカードに使っていました。

 

ふぇぐさんは子供の頃から算数は得意で、オセロや考える系のゲームは小学校のクラスで無双していたとインタビューで当時を振り返っています。

 

また母親はふぇぐさんの教育方針や子供の頃のことについてインタビューで次のように語っています。

 

「小学5年生のころ、カードゲームの大会に連れて行けと言われて同行したとき、『この子は強いのかも』と思いました。“ほめて伸ばす”が教育方針だったからか、自己肯定感の強い人間になったと思います。」

 

以上がふぇぐさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2018年にゲームの世界大会で1億円を手にして大きな話題になりました。

 

またプロゲーマーという職業を世に知らしめた人物でもあります。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次