舞川あいくの学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

ファッションモデルの舞川あいくさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「Popteen」や「CanCam」の専属モデルとして高い人気を誇った舞川さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

舞川あいく(まいかわ あいく)

 

 

1988年8月17日生

身長169㎝

血液型はO型

 

東京都出身のファッションモデル、タレント

本名同じ、旧名は呉亜郁

 

以下では舞川あいくさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

舞川あいくの学歴~出身高校(都立向丘高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 向丘高校 偏差値54(普通)

 

 

 

舞川あいくさんの出身高校は、都立の共学校の向丘(むこうがおか)高校です。

 

この高校は1948年開校の中堅都立高校です。

 

舞川さんは高校時代はバスケットボール部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

また門限が厳しく、中学校、高校時代も友人たちが外で遊んでいた時に舞川さんだけ遊ぶことができませんでした。

 

友人の自宅に泊まりに行くこともできなかったといいます。

 

ただし当時はギャルでした。

 

 

舞川さんは高校時代にカラーコンタクトデビューをしたと語っていました。

 

高校2年生だった2005年6月からファッション誌「Popteen」の専属モデルとしてモデルデビューをしています。

 

当時はカリスマモデルと呼ばれるほど人気を集めていました。

 

 

舞川さんはもともとは洋服が好きでPopteenを読んでいました。

 

そして香水の読者プレゼントの応募はがきにプリクラを貼り付けて送ったところ、編集部から連絡がきて撮影に誘われています。

 

編集部の人から頼まれて友人2人も撮影に連れて行きましたが、発売された雑誌を見てみると舞川さんだけ載っていませんでした。

 

舞川さんは「私、可愛くないんだ、太っているんだ」と思い悔しくて、それから一生懸命ダイエットに励んでいます。

 

その数ヶ月後に再びPopteenの編集部から連絡があって、雑誌に載るようになり事務所の人にスカウトをされて正式に専属モデルとなりました。

 

ただし当時はかなりハードな日々だったことをインタビューで話しています。

 

「雑誌が売れた時代。当時は朝5時に起きて、撮影現場に向かいました。深夜までかかる撮影が1週間くらい続いた時は、体力的にきつくて大変でした。身体のコンディションが良くない日は、むくんだ顔のままカメラの前に立った日もあって。その状態で雑誌に載ることがイヤで、泣きながら撮影に行ったこともありました」

 

 

【主な卒業生】

木村カエラ(ミュージシャン)

鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)

桜沢エリカ(漫画家)

 

なお高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業後は、ファッションモデルのほか女優やタレントとしての活動も開始しています。

 

 

 

今後の活動にも注目ですね。
 

スポンサードリンク

 

舞川あいくの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

舞川あいくさんの出身中学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

現時点では東京都のどの市町村に在住したか不明で、手がかりも掴めませんでした。

 

中学時代はバスケットボール部に在籍をしていました。

 

写真好きで知られる舞川さんですが、中学校時代からインスタントカメラを持ち歩いていたそうです。

 

また中学時からかなりモテていたとのこと。

 

スポンサードリンク

 

舞川あいくの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

舞川あいくさんの出身小学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

両親は台湾人で舞川さんも在日台湾人でしたが、後に日本に帰化しています。

 

父親が日本で働くようになり、後から母親がついてくる形で日本に移住をしています。

 

舞川さんは日本で生まれ育っており、小学生の頃は長期休みなどには台湾で1、2ヶ月ほど過ごしていました。

 

また子供の頃から字を書くことが好きで、小学生の頃には書記や黒板係をやりたくて立候補しています。

 

小学生の頃から日記をはじめており、長い期間続けていました。

 

加えて舞川さんは小学校時代にオシャレに目覚めたそうです。

 

「私は兄が1人いるのですが、小さい頃は兄のお古を着せられていたんです。兄が着られなくなった服はズボンばかり。『スカートを履いてみたい』と憧れていました。小学生の時の誕生日に、お母さんがスカートをプレゼントしてくれたのですが、それがとても嬉しくて、以降は、クローゼットの中から自分でコーディネートをして洋服を着るようになりました」

 

以上が舞川あいくさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

若い頃は「Popteen」や「CanCam」などの専属モデルを務め、ファッションモデルとして高い人気を誇っていました。

 

その後は女優やタレントなど、活動の幅を広げています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ