城之内早苗の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値とおニャン子クラブ時代のかわいい画像

 

演歌歌手の城之内早苗さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。おニャン子クラブの元メンバーの城之内さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、おニャン子クラブ時代のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

城之内早苗(じょうのうち さなえ)

 

 

1968年5月17日生

身長164㎝

血液型はO型

 

茨城県神栖町(現在は神栖市)出身の演歌歌手

本名同じ、愛称は「お城(おじょう)」

 

以下では城之内早苗さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

城之内早苗の学歴~出身高校(明治大学付属中野高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 明治大学付属中野高校 定時制課程 偏差値40(容易)

※現在は閉科

 

 

 

城之内早苗さんの出身高校は、私立の共学校の明治大学付属中野高校です。

 

この高校の定時制課程は2003年に廃止されるまで、数多くの芸能人を輩出していました。

 

城之内さんは当初は茨城県内の全日制高校に通学していました。

 

ただし学校名などの詳細は不明です。

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

また当時は歌手を目指しており、月2回CBSソニーのレッスンに通学していました。

 

高校1年生の時に地元茨城県神栖町の「神栖町民音頭」をレコーディングしています。

 

そして高校2年生だった1985年に、CBSソニーのスタッフから「夕焼けニャンニャン」のオーディションを受けることを勧められています。

 

城之内さんは当時から演歌歌手志望でしたが、スタッフが「絶対に受からないから」と言ったことから軽い気持ちでこのオーディションを受けています。

 

ところが歌唱力の高さが評価されて、このオーディションに合格してアイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバーになっています。

 

 

おニャン子クラブ加入後は仕事が忙しくなったため、実家から通えなくなり東京に転居しています。

 

また高校も明治大学付属中野高校の定時制課程に編入しています。

 

 

この高校では当時アイドル歌手だった佐野量子さんと同級生でした(佐野さんは後に転校)。

 

城之内さんはおニャン子クラブ時代も演歌志向で、1986年に「あじさい橋」でソロ歌手としてデビューしています。

 

 

なお高校時代は仕事で非常に多忙でしたが、勉強も頑張って高校は卒業しています。

 

高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した1987年におニャン子クラブは解散しますが、以降は本格的に演歌歌手として活動しています。

 

2022年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

城之内早苗の学歴~出身中学校(神栖町立神栖第一中学校)の詳細

 

出身中学校:茨城県 神栖町立神栖第一中学校 偏差値なし

※現在は神栖市立神栖第一中学校

 

 

 

城之内早苗さんの出身中学校は、地元茨城県神栖町(現在は神栖市)内の公立校の神栖第一中学校です。

 

中学時代はバレーボール部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

中学2年生だった1982年に、「全日本演歌選手権」に出場しています。

 

その際には3次審査で落選しましたが、CBSソニーのスタッフの目に留まりスカウトされてレッスンを受けることを勧められています。

 

スポンサードリンク

 

城之内早苗の学歴~出身小学校(神栖町立軽野小学校)の詳細

 

出身小学校:茨城県 神栖町立軽野小学校(有力)

※現在は神栖市立軽野小学校

 

 

 

城之内早苗さんの出身小学校は、地元神栖町内の公立校の軽野小学校が有力です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

俳優の地井武男さんは親戚です。

 

城之内さんは幼少期から民謡と三味線を習っていました。

 

意外にも子供の頃はお転婆で、弟をいじめた男子とたびたびケンカをしていました。

 

また当時は女子プロレスが大好きで、ビューティーペアーに憧れていました。

 

小学校4年の頃から民謡を習いはじめ、以降は歌手を志しています。

 

以上が城之内早苗さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

おニャン子クラブ時代にリリースした「あじさい橋」は、演歌史上はじめてオリコン1位を獲得しています。

 

以降もコンスタントにヒット曲をリリースして、人気演歌歌手になっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ