都はるみの学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

演歌歌手の都はるみさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。数多くのヒット曲で知られる都さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

都はるみ(みやこ はるみ)

 

 

1948年2月22日生

身長157㎝

血液型はB型

 

京都府京都市出身の演歌歌手

本名は李春美(り はるみ)

 

以下では都はるみさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

都はるみの学歴~出身高校(洛陽女子高校・青葉学園高校)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:京都府 洛陽女子高校 偏差値39(現在・かなり容易)

※現在は洛陽総合高校

 

 

 

都はるみさんが入学したのは、私立の女子校(当時)の洛陽女子高校です。

 

この高校は1924年開校の私立高校です。

 

また1999年に男女共学化されて、校名も洛陽総合高校に変更されています。

 

都さんは子供の頃から歌手を目指しており、高校1年生だった1963年に「コロムビア全国民謡コンクール」で優勝しています。

 

このコンクールをきっかけに、コロムビアレコードに所属しています。

 

またデビューに向けて上京しており、私立の女子校の青葉学園高校に転校しています。

 

この高校は東京都世田谷区にあった私立高校で、時期は不明ですがかなり前に閉校になっています。

 

そのため当時のレベルも不明ですが、進学校ではなかったようです。

 

都さんは高校3年生だった1964年に、「困るのことヨ」で歌手デビューしています。

 

 

すると同じ年にリリースした「アンコ椿は恋の花」がミリオンセラーとなって、一躍人気演歌歌手になっています。

 

 

この曲では日本レコード大賞・新人賞を受賞しています。

 

そのため仕事が忙しくなったようで、青葉学園高校を中退しています。

 

また大学などにも進学していません。

 

その後も「北の宿から」や「大阪しぐれ」などのヒット曲を連発して、日本を代表する女性演歌歌手のひとりとなっています。

 

 

NHK紅白歌合戦には29回も出場しています。

 

なお都さんは1984年にいったん引退していますが、1987年に復帰しています。

 

スポンサードリンク

 

都はるみの学歴~出身中学校(京都市立嘉楽中学校)の詳細

 

出身中学校:京都府 京都市立嘉楽中学校 偏差値なし

 

 

 

都はるみさんの出身中学校は、地元京都市内の公立校の嘉楽(からく)中学校です。

 

中学時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

また母親の勧めで中学時代に音楽学校の歌謡学院に通って、本格的に歌のレッスンをおこなっています。

 

なおそれまでは北村春美の名前で学校に通学していましたが、中学校の卒業証書で本名が李春美であることを知りました。

 

【主な卒業生】

長田庄平(お笑い・チョコレートプラネット)

 

スポンサードリンク

 

都はるみの学歴~出身小学校(京都市立乾隆小学校)の詳細

 

出身小学校:京都府 京都市立乾隆小学校

 

 

 

都はるみさんの出身小学校は、地元京都市内の公立校の乾隆(けんりゅう)小学校です。

 

家族構成は両親に妹3人、弟の7人家族です(5人きょうだいの長女)。

 

父親は在日韓国人、母親は日本人のハーフです。

 

母親が芸事が好きだったので、5歳の頃から日本舞踊とバレエを習っていました。

 

また6歳の頃から民謡と浪曲をはじめています。

 

ちなみに母親は浪曲師を目指していた時期があり、歌に関しては母親に習っていました。

 

都さんは小学校4年生からは児童劇団にも所属していました。

 

以上が都はるみさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

演歌歌手としてデビュー年にブレイクして、以降も数々のヒット曲をリリースしています。

 

また若い頃は女優としても活動していたことがありました。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ