関智一の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

声優の関智一さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。テレビアニメ「ドラえもん」のスネ夫役でお馴染みの関さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のカッコイイ画像なども併せてご紹介いたします

 

関智一(せき ともかず)

 

 

1972年9月8日生

身長172㎝

血液型はAB型

 

東京都江東区出身の声優、俳優、歌手

本名同じ、愛称は「せきとも」

 

以下では関智一さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

目次

関智一の学歴~出身大学(立正大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:立正大学(中退) 偏差値38~50(学部不明のため)

 

 

 

関智一さんは高校卒業後は、私立大の立正大学に進学しています。

 

クイズ番組「Qさま」に出演した際に、この大学の出身者であると紹介されています。

 

またこの大学の系列の高校に通っていたことから、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

ただし在籍した学部や学科などの詳細は不明です。

 

また関さんは自身の意思で大学に進んだわけではなかったようで、大学の入学式に出席をして、授業などは受けないまま中退をしたようです。

 

関さんは19歳だった1991年に、海外アニメ「レポーター・ブルース」で声優としてデビューを果たしています。

 

(若い頃)

 

1995年にテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主要キャストの声に起用されて、声優として注目を集めています。

 

以降は「頭文字D」や「GTO」、「カードキャプターさくら」などの話題作のテレビアニメに多数出演しています。

 

 

2005年には肝付兼太さんの後任として、テレビアニメ「ドラえもん」のスネ夫の声に起用されています。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

関智一の学歴~出身高校(立正高校)の詳細

 

出身高校:東京都 立正高校 偏差値52~58(コース不明のため)

※現在は立正大学付属立正高校

 

 

 

関智一さんの出身高校は、私立の男子校(当時)の立正高校です。

 

この高校は1872年開校の立正大学の系列の私立高校です。

 

関さんが在籍した当時は男子校でしたが、1997年に男女共学化されています。

 

また2013年に立正大学付属高校に校名が変更されています。

 

なお同校は以下の2つのコースを設置していますが、関さんがどちらのコースに在籍したかは不明です。

 

特別進学:偏差値58

進学:偏差値52

 

関さんは高校受験を考えた際に芝居がしたいという思いと絵を描きたいという思いがあり、結果的に絵の道に進もうと思って美術系の高校を受験しています。

 

しかし試験当日に風邪で不調のまま試験を受けたため、その後に滑り止めとしてこの高校を受験したとのことです。

 

合格発表はこの高校の方が先で「ここで決断をしないと進学先がなくなる」という恐怖感が生まれたため、入学手続きをしてしまいます。

 

しかし結果的に体調が悪い中で受験をした美術系の高校も合格でした。

 

関さんは普通科に進み、やりたいと思っていたことができなくなったことから高校1年生の時に声優の養成所「勝田声優学院」に入っています。

 

そして絵は趣味で描くようになり、部活動の代わりにこの養成所に通っていたことから、帰宅部でした。

 

当時の関さんは現実を知らないがゆえに養成所に通うとすぐに声優になれると思っていたようです。

 

養成所では普通の芝居の勉強をしており、高校生で思春期だったこともあって女子とイチャイチャするような芝居が恥ずかしくてできなかったといいます。

 

真面目におこなっていなかったことから、先生にも見限られて落ち込んでしまい養成所に行かなかった時期もありました。

 

【主な卒業生】

まりな(YOUTUBER・ヘラヘラ三銃士)

シバター(YOUTUBER、総合格闘家)

 

スポンサードリンク

 

関智一の学歴~出身中学校(江東区立深川第三中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 江東区立深川第三中学校 偏差値なし

 

 

 

関智一さんの出身中学校は、地元東京都江東区内の公立校の深川第三中学校です。

 

インターネット上には関さんの出身中学校を高校の系列校の立正中学校(現在は立正大学付属中学校・偏差値43)とする情報もありますが、前記のように高校には高校受験で入学しているので誤りです。

 

詳細は後述するように関さんは頭が大きいという理由から、中学時代に将来俳優になるという夢を諦めています。

 

中学校では学帽を被るため、頭のサイズを測っており関さんは普通の大きさの帽子が入りませんでした。

 

一番大きい帽子でもぎりぎりだったとのことで、現実を突きつけられたと語っていました。

 

中学時代の関さんは普通に学校に通って生活をしている状況につまらなさを感じており、このまま大人になっても会社員として働いて、学校の延長線上のようなつまらない感じが続くことにいたたまれない気持ちになったといいます。

 

そんな時に俳優は無理でも声優として裏方で芝居をする道もあるという結論にたどり着いています。

 

もしくは漫画家の道も考えました。

 

【主な卒業生】

ケンブリッジ飛鳥(陸上選手)

赤塚真人(俳優)

 

関智一の学歴~出身小学校(江東区立数矢小学校)の詳細

 

出身小学校:東京都 江東区立数矢小学校

 

 

 

関智一さんの出身小学校は、地元江東区内の公立校の数矢小学校です。

 

家族構成やきょうだいの有無については現時点では不明です。

 

 

関さんはインタビューで親は自営業だったことから、会社員よりはフレキシブルな働き方をしていたと語っています。

 

幼少期から沢田研二さんのものまねをよくしていました。

 

小学校のお楽しみ会ではクラスメイトと出し物を考えて寸劇をおこなっており、友人がそれを見て、楽しんでくれる姿を見て気分が良くなり、自己肯定感が高められていたといいます。

 

このような経験の中で人前で表現をすることは楽しいなと無邪気に思っており、テレビに出て演技をしたいと考えるようになりました。

 

しかし小学校4、5年生の時に友人から「お前、頭でかいな」と言われており、これまではそういった自覚はなかったことから非常にショックを受けています。

 

関さんの当時の考え方では「頭が大きい=不細工の分類に入れられた」と思ったとのことで、そうなるとテレビに出演することはできないと思いました。

 

また友人から頭が大きいと言われたことで、急に人前に出ることに羞恥心を感じるようになったとのことです。

 

以上が関智一さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

19歳で声優デビューを飾ると順調にキャリアを重ねてきました。

 

話題作のテレビアニメや劇場版アニメに多数起用される人気声優です。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次