水沢林太郎の学歴と経歴|出身は松伏高校!大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

俳優の水沢林太郎さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ファッションモデルとしても人気の水沢さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介します

 

水沢林太郎(みずさわ りんたろう)

 

 

2003年2月5日生

身長184㎝

血液型はB型

 

埼玉県出身の俳優、ファッションモデル

本名同じ

 

以下では水沢林太郎さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

目次

水沢林太郎の学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:埼玉県立松伏高校

出身中学校:不明

出身小学校:不明

 

水沢林太郎の学歴~出身高校(埼玉県立松伏高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:埼玉県 松伏高校 偏差値45(容易)

 

 

 

水沢林太郎さんの出身高校は、県立の共学校の松伏(まつぶし)高校です。

 

この高校は1981年開校の県立校で、合唱部や吹奏楽部が県内では強豪として知られています。

 

また同校は以下の3つの学科を設置していますが、水沢さんがどの学科に在籍したかは不明です。

 

普通:偏差値45

情報ビジネス:偏差値45

音楽:偏差値45

 

ただし水沢さんは音楽を専門的に学んだ形跡はないので、音楽科の可能性は低いはずです。

 

水沢さんは高校時代は仕事もあったことから帰宅部で、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

中学時代に芸能界入りをしており、高校時代も引き続き芸能活動をおこなっています。

 

 

またこれまで勉強も部活動もなんとなくすれば、それなりに結果を出すことができましたが、16歳の時に芝居で人生はじめての壁にぶつかっています。

 

これまで芝居をそれほど真剣にはやっておらず、ある作品の撮影から芝居ができなくなりました。

 

水沢さんは悩んでいたところ監督たちが丁寧に台本の読み見直しをしてくれており、これがなかったら逃げ出していたと語っていました。

 

当時のことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「ドラマを終えて、基礎から芝居を学びなおしました。滑舌とか、発声とか……ふり出しに戻るもどかしさが加わって、本当に辛かったです」

記事引用:MEN’S NON-NO WEB

 

 

当時は二度と俳優業をしたくないというほど辛かったようです。

 

この作品を経験後には真剣にお芝居をやっていこうと思ったことを明かしていました。

 

また水沢さんは高校2年生のときにはメンズノンノのオーディションでファイナリストに選出されており、史上最年少で専属モデルとして活動を開始しています。

 

 

水沢さんは学校と仕事の両立についてインタビューで次のように話していました。

 

「モデルも俳優も好きでやっていることなので……どんなに忙しくても、辛いと思ったことは一度もないですね。僕にとって、仕事をしている時間が最高に楽しいんです」

記事引用:MEN’S NON-NO WEB

 

【主な卒業生】

森川ジョージ(漫画家)

RaMu(グラビアアイドル)

 

なお高校卒業後は大学には進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

インターネット上には明治大学に進学したとの憶測もありますが、この大学の学校祭のトークショーに出演しただけです。

 

また水沢さんはテレビドラマなどで大学生役を演じることが多く、大学に進学したと思われがちです。

 

しかし「現役大学生」などと報じているメディアは皆無で、大学には進学していません。

 

高校を卒業した2021年に、「海辺のわすれもの」ではじめてテレビドラマの主演に起用されています。

 

2022年にはWEBドラマ「君のことだけ見ていたい」に主演しています。

 

 

またこの年には情報番組「ZIP!」のミニドラマ「クレッシェンドで進め」のレギュラーに起用されています。

 

今後は出演作も増えそうなので楽しみですね。

 

 

スポンサードリンク

 

水沢林太郎の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

水沢林太郎さんの出身中学校は、埼玉県内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

現時点では埼玉県のどの市町村の出身者か不明で、手がかりも掴めませんでした。

 

中学時代は陸上部に在籍をして、部活動に打ち込んでいました。

 

担当種目は高跳びで最高記録は1m76cmでした。

 

 

またダンスや水泳も好きだったとのことで、かなりアクティブだと話していました。

 

水沢さんは中学生の時に父親から芸能界入りを勧められており、そのときにはじめてモデルという職業を知りました。

 

まだ中学生だったこともあり、深くは考えておらず「洋服がたくさん着れて楽しそう」といった軽い気持ちでした。

 

そうすると父親がやる気を出してきて、芸能事務所に応募しはじめています。

 

父親から言われるがままにオーディションを受けていたところ、現在の所属事務所に合格をしました。

 

 

事務所入りをしてすぐに演技のレッスンがはじまりましたが、水沢さんはモデルになるつもりだったことから「どうして演技のレッスンをするんだ?」と疑問に思いながら通っていたといいます。

 

事務所に入って1ヶ月も経っていないうちにドラマのオーディションを受けており、俳優の仕事をする予定はありませんでしたが、オーディションで選ばれることに楽しさを感じたといいます。

 

合格をした時にはこれまで感じたことがない喜びと達成感だったとのことです。

 

また母親の影響で「相棒」の芝居を見て「やばい」と思ったとのことで、水谷豊さんに会ってみたいと思ったことがきっかけで俳優の仕事もやっていこうと思ったようです。

 

水沢さんは中学3年生だった2017年に、テレビドラマ「奥様は、取り扱い注意」に出演をして、俳優としてデビューをしました。

 

スポンサードリンク

 

水沢林太郎の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

水沢林太郎さんの出身小学校は、埼玉県内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

水沢さんは子供の頃は人見知りの性格でしたが、ダンスを習いはじめてステージで踊るようになったことで変わっています。

 

また幼稚園では発表会の振付などを覚えるのが早く、他のクラスのダンスを覚えて一緒に踊っていたとのことです。

 

水沢さんは子供の頃に仮面ライダーシリーズがお気に入りでした。

 

また父親の影響で小学6年生の時からファッションに興味を持つようになりました。

 

水沢さんは成長期でちょうど身長も伸びていたことから、これまでは親に購入してもらっていた洋服を自分で選ぶようになったと言います。

 

水沢さんは小学生のときにインラインスケートをやっていました。

 

以上が水沢林太郎さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優としてデビュー後は順調にキャリアを重ね、このところは連続ドラマのレギュラーに起用されるほどです。

 

またファッションモデルとしても高い人気を誇っています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次