三浦透子の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|リケ女だった!

 

女優の三浦透子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は三浦さんは理系の名門大学を卒業しているリケ女でした。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

三浦透子(みうら とうこ)

 

 

1996年10月20日生

身長157㎝

血液型はB型

 

札幌市出身の女優、歌手

本名は不明

 

以下では三浦透子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

三浦透子の学歴~出身大学(東京理科大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京理科大学 理工学部数学科 偏差値60(やや難関)

 

 

 

三浦透子さんは高校卒業後は、私立大の東京理科大学に進学しています。

 

在籍したのは理工学部です。

 

三浦さんはこの大学で数学を専攻しており、大学での勉強については次のように語っていました。

 

「より深く何かを研究をするための道具が足らないから、ずっとドリルを解いているような4年間でしたね。中学・高校からの延長というか。」

 

また数学を勉強したことがお芝居にも影響しているとのことで、インタビューでは次のように語っていました。

 

「数学とお芝居って、直接的には関係ないけれど、数学を学んでいたから『あ、これってもしかして』と気付く発見があって。数学が、少なからず自分の役者としての個性を形成しているような気もします。」

 

三浦さんは学生時代にガソリンスタンドと小学生の家庭教師のアルバイトをしていたことを明かしています。

 

ちなみに家庭教師のアルバイトは非常に楽しかったそうです。

 

また子供の頃から子役として活動しており、大学入学後も女優やCMモデルとして活動していました。

 

21歳だった2017年に、カバーアルバム「かくしてわたしは、透明からはじめることにした」をリリースして歌手デビューをしています。

 

 

このように大学時代も4年間にわたって芸能活動をおこなっていましたが、学業とも両立させて大学は卒業しています。

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

そして2021年に出演した映画「ドライブ・マイ・カー」で女優として大きな注目を集めました。

 

 

この映画の演技で日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞しています。

 

以降も「カムカムエヴリバディ」や「鎌倉殿の13人」などの話題作の連続ドラマに出演しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

三浦透子の学歴~出身高校(都内の公立校)の詳細

 

出身高校:東京都 都内の公立校(校名は不明)

 

三浦透子さんの出身高校は都内の公立校ですが、校名は不明です。

 

インタビューで公立校に通学していたことを明らかにしており、候補としては都立高校(中等教育学校を含む)か国立高校が挙げられます。

 

三浦さんは子役の頃から活動をしているため、高校に進学する際に自分自身の仕事に対する思いを考えるようになりました。

 

このまま芸能活動をおこなっていくのであれば、芸能コースのある高校に進むことも考えたといいます。

 

そして将来のことではなく明日何がやりたいのかを考えるようになり、気持ちが軽くなって映画をやってみたいということに気づいたそうです。

 

そのため高校に進学後すぐのタイミングで今の事務所に所属をしています。

 

また芸能界の仕事が当たり前という状況で人生を歩んできたことから、芸能界以外の世界も知りたいと思い、高校も芸能コースがある学校ではなく一般の高校に進学したことを明らかにしています。

 

三浦さんは高校生の時にも読書が好きで、よくフィクションを好んで読んでいたとのことです。

 

仕事面では高校時代には「ヴァンパイア・ヘブン」や「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」などのテレビドラマに出演していました。

 

 

また「悪の教典」や「鈴木先生」などの映画にも出演しています。

 

スポンサードリンク

 

三浦透子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

三浦透子さんの出身中学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

小学校を卒業を機に地元の北海道から上京をしています。

 

学校では自身で友人を見定める前に自然とグループが出来ていく傾向がありましたが、三浦さんはちょうど転校してきたこともあり、話しかけられるのを待ってみたそうです。

 

しかし誰も寄ってきてくれなかったことを明かしており、それであれば一人で学校生活を送るのもちょっとカッコ良いかなと思ったとのことです。

 

当時は「なんとなく、自分の中でぐるぐるしていました。」と語っています。

 

また三浦さんは自身の思春期についてインタビューで次のように話していました。

 

「多分、ちょっと嫌なやつでした。友達はいるんだけど、口が減らないせいで、仲間内ではちょっと嫌われている、みたいな(苦笑)。」

 

中学生の頃からはロックの音楽を聴くようになったとのことで、三浦さんの学生時代は常に音楽が身近にあったようです。

 

 

中学時代も子役として活動していますがなんとなくやっていたそうで、同世代の子役と温度差を感じたそうです。

 

三浦透子の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

三浦透子さんの出身小学校は、札幌市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

三浦さんは子供の頃から本を読むことが好きでした。

 

またひとりっ子ということもあってか、一人遊びが身についていたのかもと語っており、子供の頃から一人で遊ぶことが多かったようです。

 

5歳の時にサントリー清涼飲料水のCM「2代目なっちゃん」のオーディションに合格をして、芸能界デビューをしています。

 

 

オーディションを受けることになった経緯については次のように話していました。

 

「当時、地元のダンススクールに通っていたんですが、そこの友達と何となく流れで受けました(笑)。『なっちゃん』は全国でオーディションを開催していたので、一般人でも受けられたんです。」

 

また当時のことについてはインタビューで次のように振り返っていました。

 

「なっちゃんが地元から出る(生まれる)ことはけっこう大きなことで。(当時の保育園の)先生方は大変だったと思います。」

 

同じ年に放送されたテレビドラマ「天才柳沢教授の生活」で、子役女優としてデビューを果たしています。

 

 

三浦さんは子供の頃からダンスを習っていたこともあり、ヒップホップのコンピレーションをよく聴いていたそうです。

 

また小学校時代は人気者に憧れを抱いており、当時のことについてインタビューでは次のように語っていました。

 

「『今日は一日、こんな人格の自分でいよう』と決めて学校へ行っては、『この人格はあまり人気ないんだな』とか『この人格は意外と人気あるぞ』とかやっていて。」

 

結局のところ小学4年生くらいまで、日によって人格を変えて過ごしていたとのことです。

 

以上が三浦透子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子役時代から長いキャリアを誇っていますが、25歳の時に出演した映画「ドライブ・マイ・カー」で女優としてブレイクしています。

 

 

子役出身だけあって、演技力にも定評があります。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ