石橋静河の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|クラシックバレエをやっていた

 

女優の石橋静河さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は石橋さんは幼少期からクラシックバレエに取り組んでおり、高校時代は海外の学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

石橋静河(いしばし しずか)

 

 

199478日生

身長165

血液型はA型

 

東京都出身の女優、ダンサー

本名同じ

 

以下では石橋静河さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2015年から女優として活動をはじめて、2016年の野田秀樹演出の舞台「逆鱗」に出演。 

同年10月の「少女」で映画初出演。 

2017年の「夜空はいつでも最高密度の青色だ」で映画初主演し、「うつくしいひと サバ?」や「きみの鳥はうたえる」などの映画にも出演。

 

20183月の「YOU MAY DREAM」でテレビドラマ初主演。 

 

同年のNHKの朝ドラ「半分、青い。」に出演。 

 

他にもユニクロやポカリスエットのCMに出演している。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク

 

出身高校:アメリカ ボストンバレエスクール 難易度 難関

※スクールオブアルバータバレエ(難関)に編入して卒業

 

 

 

石橋静河さんは当初はボストンバレエスクールに入校しています。

 

この学校は著名な「ボストンバレエ団」が運営するバレエ学校で、北米でも最大規模です。

 

またオーディションをクリアしなければ入校できず、実技試験のレベルは高いそうです。

 

石橋さんは中学3年生の時に、このスクールのオーディションに受かっています。

 

ちなみに石橋さんには兄と姉がいますがきょうだい全員が同時期に、別々の国に留学しています。

 

石橋さんはボストン時代はすっとホームシックにかかっていたとインタビューで話しています。

 

最初の米国ボストンでの2年間は、ほぼずっとホームシックにかかっていた。その時、気付いたことは自分にとって家族が一番大切だということ。自分に一番歳が近い優河さんはその間、石橋さんをずっと支えてくれたと言う

 

またアメリカで過ごした2年間は自身の中でも財産になっているそうです。

 

「15歳でバレエを学ぶためにアメリカに留学して。アメリカでは『私はこう思う』と主張しないと、すべてに置いていかれてしまうんです。例えば『このあと、どこかに行こう』となると、日本ならば『あなたも行く?』と聞いてくれますよね。でもそれを待っていて、なにも言わなかったら『この子は行きたくないんだな』と思われて、置いていかれてしまう。その経験は、自分のなかで大きなものとして残っています」

 

17歳の時にはカナダのカルガリーにあるバレエ団の付属学校のスクールオブアルバータバレエに編入しています(現在はアルバータバレエスクール)。

 

 

 

同校はカナダ三大バレエ団として知られる「アルバータバレエ団」が運営する付属学校で、高水準のダンス教育機関として知られています。

 

およそ500人もの生徒が在籍しており、世界各国からの留学生もいます。

 

石橋さんがこのバレエスクールに編入したのは、当時この学校で指導をしていたバレエダンサーで振付師の服部有吉さんの指導を受けるためでした。

 

実は中学時代にこの人の指導を受けたことがあります。

 

カナダ時代はメキメキとバレエの実力が上達して非常に充実していたとインタビューで話しています。

 

しかしプロになるような生徒との実力差は歴然としており、体格や骨格もバレエに不向きだったこともあって、プロになることは高校時代に諦めてバレエもやめてしまっています。

 

ただし石橋さんはこのような現実を受け入れるまでにかなり時間がかかったとも述べています。

 

石橋静河さんはバレエスクール卒業後は、大学などに進学していません。 

 

2013年の卒業とともに帰国して、当初はダンサーとして活動を開始しています。

 

意外にも石橋さんは当初は俳優としては活動しないと決めていたことをインタビューで述べています。

 

ところがこの年にアメリカに短期留学した際に見た舞台に魅了されたことから、女優の道を志すようになります。

 

そして21歳だった1996年から女優としてもキャリアをスタートさせて、舞台や映画に出演しています。

 

すると2017年に池松壮亮さんとW主演した映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」では、ブルーリボン賞新人賞を受賞しています。

 

 

 

ちなみに母親の原田美枝子さんも同賞を受賞しており、史上初の親子受賞を記録しています。

 

またこの年に出演した「ユニクロ」のCMでは姉の優河さんと共演をしています。

 

 

2018年にはNHKの朝ドラ「半分、青い。」の主要キャストに起用されています。

 

 

その後も話題作の映画やテレビドラマに起用される人気女優になっています。

 

スポンサードリンク

 

石橋静河の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

石橋静河さんが当初通学していた中学校は、都内の中学校ですが校名などは不明です。

 

中学時代もクラシックバレエに取り組んでいたことから、部活動などはおこなっていませんでした。

 

中学1年生の時に前記の服部さんの指導を受けた際に、「このままじゃプロになれないよ」と言われて衝撃を受けています。

 

実は石橋さんはこの年までは真剣にバレエをおこなておらず、この言葉を機に真剣にバレエに打ち込むようになりました。

 

また当時は自身の世界も狭かったので危機感を覚えたことが留学につながったとインタビューで話しています。

 

「留学するまでは、家の近所が私の世界のすべてでした。末っ子で、家族からも大事にされて幸せな子ども時代。でも恵まれすぎていて、ヤバいんじゃないかと勝手にいろいろと想像を巡らせて(笑)。このままでは、わがままし放題の大人になってしまう。ここから飛び出さないといけないと思いました」

 

そのため中学3年生の時にオーディションに合格して、 ボストンバレエスクールに進学しています。

 

スポンサードリンク

 

石橋静河の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

石橋静河さんの出身小学校は、都内の学校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と兄、姉の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

 

父親は俳優の石橋凌さん、母親は女優の原田美枝子さん、姉はシンガーソングライターの石橋優河さんです。

 

特技あるクラシックバレエは4歳の頃からはじめています。

 

両親がともに俳優で、子供の頃から土日なのに父親が家にいないとか母親が長期間家を空けるなどのことがあり、普通の家庭のほうがいいと思ったそうです。

 

また両親が有名人と言われることにも抵抗があったとインタビューで話しています。

 

「静河ちゃんのお父さんとお母さんって有名人なんでしょ?」とか「すごいね」って言われることにも、すごく抵抗がありました。自分がいる家族が普通じゃないように思われることが嫌で、「そんなことない! うちは普通だから!」と言い張っていた記憶があります」

 

そのため石橋さんは子供の頃から俳優にはなりたくありませんでした。

 

とは言え両親は愛情を注いで育てており、いくら忙しくても中学時代まで弁当を作ってくれたとのこと。

 

母親が仕事でいない時は父親が弁当を作ってくれたそうです。

 

以上が石橋静河さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

クラシックバレエでは挫折を味わっていますが、それをバネに女優としてデビューすると順調にキャリアを重ねています。

 

このところは話題作の映画やドラマの主要キャストにも起用されています。

 

 

さらに演技力を磨けばブレイクする可能性もあり、今後の大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ