槙野智章の学歴と経歴|出身高校(吉田高校)大学や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

サッカー選手の槙野智章さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。日本代表としても活躍した槙野さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

槙野智章(まきの ともあき)

 

 

1987511日生

身長182㎝、体重77

血液型はO型

 

広島県出身のプロサッカー選手

ヴィッセル神戸所属

本名同じ、愛称は「マキ」

 

以下では槙野智章さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2006年にサンフレッチェ広島ユースからトップチームに昇格。

20078月からレギュラーに定着して、チームをけん引。

2009年に日本代表にも初選出。

同年12月にドイツ・ブンデスリーガのFCケルンに移籍。 

ケルンでは出場機会に恵まれず、2012年に浦和レッズにレンタル移籍。 

以降は主力選手として活躍し、2013年から浦和に完全移籍した。

私生活では20182月に女優の高梨臨と結婚した。

 

槙野智章の学歴~出身高校(広島県立吉田高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:広島県 吉田高校 偏差値41(容易)

 

 

 

槙野智章さんの出身高校は、県立の共学校の吉田高校です。

 

この高校は1907年開校の県立校です。

 

サンフレッチェ広島のユース所属選手はすべて同校に在籍することが義務付けられていることから、槙野さんも同校に進学しています。

 

高校時代はサンフレッチェ広島のユースに在籍して、競技に打ち込んでいました。

 

(槙野さんは左)

 

ユース時代は全寮制のため、はじめて親元を離れて生活をしていますが、当初は先輩も一緒に生活をするため抵抗もあったといいます。

 

槙野さんは高校入学前にユースの練習に1週間参加をした際には、かなりハードで足がついて行かずにこんな状況で高校3年間続くのかと不安になっていました。

 

中学生の頃とはスピードやパワー、質においてすべてが全然違っていたため、大きな衝撃だったとのことです。

 

またユースには地域のナンバー1が集まってきていることもあり、高校1年生のときには試合に出ることはできませんでした。

 

槙野さんは当時の心境についてインタビューで次のように語っています。

 

「もちろん、試合に出られないことは悔しかったけれど、落ち込むのではなく、むしろ毎日が勉強だと考えていました。」

 

チームメイトに必死について行くような感じでしたが、当時から遠慮だけはしなかったとのことで高校2年生の先輩に指示を出すこともありました。

 

高校2年生の頃からはセンターバックとして、レギュラーを獲得し試合にも出場をするようになりました。

 

 

高校3年生の時におかやま国体の広島県選抜に選出されて、キャプテンを務めています。

 

加えて当時の監督にはサッカー以外のことを教えてもらっており、インタビューで次のように話しています。

 

「気合いとか、メンタルとか、勝ちたい気持ちを出せとか。そういうことばかりを言われた記憶があります。感謝することや、挨拶すること、試合に勝つために良い準備をすること。ゴリさん(森山監督の愛称)には、技術ではなく、人間として成長するための大切なことを教わりました」

 

【主な卒業生】

駒野友一(サッカー元日本代表)

 

なお槙野さんは高校卒業後は大学などには進学せずに、サンフレッチェ広島トップチームに昇格しています。

 

 

入団2年目の2007年からレギュラーに定着しました。

 

また2009年からは日本代表に選ばれて、長らく主力選手として活躍してきました。

 

30歳だった2018年1月には、女優の高梨臨さんと結婚して大きな話題になっています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

槙野智章の学歴~出身中学校(広島市立庚午中学校)の詳細

 

出身中学校:広島県 広島市立庚午中学校 偏差値なし

 

 

 

槙野智章さんの出身中学校は、地元広島市内の公立校・広島市立庚午(こうご)中学校です。

 

中学時代はサンフレッチェ広島ジュニアユースに入団をしています。

 

後述するように槙野さんは小学生の頃は身長が低かったのですが、中学2年生の時に一気に50cmほど伸びています。

 

身長が伸びたことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「実はジュニアユース時代には、親も同席して栄養について講義があったんですよ。中学時代は一番重要な時期なので、骨を強くして筋肉をつけようというテーマで様々な話を聞かせていただきました。そこで受けたアドバイスに忠実に食事を摂るようになってから、ぐんぐん背が伸び始めましたね」

 

またジュニアユースではコンビニ禁止令が出ていたため、コンビニには行かずに我慢をしていました。

 

 

スポンサードリンク

 

槙野智章の学歴~出身小学校(広島市立草津小学校)の詳細

 

出身小学校:広島県 広島市立草津小学校

 

 

 

槙野智章さんの出身小学校は、地元広島市内の公立校・広島市立草津小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です(3兄弟の末っ子)。

 

 

父親や兄がサッカーをやっていたことから、槙野さんにとってもサッカーは身近な存在でサッカーボールがいつもそばにあったといいます。

 

いつの間にか公園に行ってボールを蹴るという習慣がついており、よく遊び感覚でリフティングを何回クリアしないと自宅には帰ることができないというルールを作っていました。

 

子供の頃からとにかく活発で小学1年生の運動会前には公園の遊具から落ちて、右腕を骨折しましたがギプス姿のまま徒競走で走り、ぶっちぎりの1位を取ったこともありました。

 

槙野さんが通っていた小学校では、小学4年生からしかサッカー部に入部できないというルールがありましたが、槙野さんはどうしても早くサッカーがやりたかったことから隣町のサッカークラブに入部をしました。

 

 

サッカークラブでは週3回ほど練習をしており、低学年のときには練習が終わった後に高学年の練習にも参加をしていました。

 

また小学校時代の槙野さんは身長が非常に小さく、常に1番前だったといいます。

 

以上が槙野智章さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

長らく日本代表でも活躍しており、吉田麻也さんとともに守備の要でした。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ