福田真琳の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|帰国子女で英語が得意!

 

「つばきファクトリー」の福田真琳さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は福田さんは帰国子女で英語が得意で、中学1年生で英検2級を取得していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

福田真琳(ふくだ まりん)

 

 

2004年10月18日生

身長非公表

血液型はAB型

 

長崎県波佐見町出身(中国上海市生まれ)の歌手、タレント

アイドルグループ「つばきファクトリー」のメンバー

本名同じ

 

以下では「つばきファクトリー」福田真琳さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

福田真琳の学歴~出身高校(聖和女子学院高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:長崎県 聖和女子学院高校 偏差値50~60(コース不明のため)

※後に転校

 

 

 

福田真琳さんが入学したのは、私立の女子校の聖和女子学院高校です。

 

この高校は1953年開校のカトリック系のミッションスクールです。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、福田さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

国公立:偏差値60

英語:偏差値52

総合:偏差値50

 

ただし福田さんは英語が得意なので、英語コースに在籍した可能性が高そうです。

 

福田さんはこの高校の系列の中学校に通っていたことから、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

高校時代は部活動などはおこなわずに帰宅部でしたが、クラシックバレエを習っていました。

 

高校2年生だった2021年に「ハロー!プロジェクトの合同新メンバーオーディション」に応募しており、合格をしています。

 

 

福田さんは姉の勧めでオーディションを受けており、インタビューでは次のように話しています。

 

「習い事でバレエやバイオリンをしている中で舞台に立つことが好きだなと思うことが多くて、将来は絶対に舞台に立つ仕事に就きたいと思っているときに、ハロー!プロジェクトのファンである姉がオーディションの存在を教えてくれました。」

 

バレエはグループ入り直前まで習っており、同じ年の3月の発表会では「くるみ割り人形」の主役のクララ役を演じたとのことで実力もあったことが窺えます。

 

 

またオーディションに合格をした時の心境については次のように話しています。

 

「うれしくて信じられない気持ち。『これから活動していくんだ』っていうワクワク感がすごく高まって、感動しました。」

 

 

【主な卒業生】

神保美喜(女優)

 

なお福田さんはオーディション合格後に上京しており、高校は転校しています。

 

転校先の高校の校名などは不明ですが、新型コロナウィルス禍での転校であることやハロープロジェクト所属のタレントは通信制高校に進学する割合が非常に高いので、恐らくは通信制高校でしょう。

 

同じ年の7月には「つばきファクトリー」にグループ入りをしました。

 

 

福田さんはグループに加入した際にはダンス未経験で、同じ年の11月にメジャーデビューをした際には次のように話しています。

 

「ダンスも歌もほとんど未経験だったので大変でしたが、一生懸命頑張りました。レコーディングや撮影など、とっても楽しかったですが、同時に出来上がるまでの大変さを知りました。」

 

福田さんは2022年1月にブログでブラインドタッチにハマっていることを明かしており、コンピューターのタイピングゲームをずっとやっていたら早くなったと綴っていました。

 

また福田さんは英語や中国語に興味があることから、世界に発信できるアイドルになることが将来の目標だそうです。

 

 

なお2022年の時点でインタビューなどで、大学進学については明言していません。

 

ハロープロジェクトの所属タレントの大学進学率はあまり高くありませんが、福田さんは英語が得意なので英語を学ぶために大学に進学する可能性もあります。

 

このあたりは何か判明しましたら追記しておきます。

 

スポンサードリンク

 

福田真琳の学歴~出身中学校(聖和女子学院中学校)の詳細

 

出身中学校:長崎県 聖和女子学院中学校 偏差値45(容易)

 

 

 

福田真琳さんの出身中学校は、私立の女子校の聖和女子学院中学校です。

 

この中学校には中学受験で入学しています。

 

中学時代はワープロ部に少しの期間だけ在籍をしていました。

 

また中学生の頃にもクラシックバレエに打ち込んでいました。

 

ちなみに福田さんは運動をすることが大好きだとインタビューで話していました。

 

また中学1年生の時に英語検定2級を取得しており、それから準1級も取得に向けて勉強していましたが福田さんによれば飽きっぽく集中力がないことから、なかなか取れずにいるようです。

 

中学2年生の時にはヘアドネーションをするためにショートカットにしたことをブログで明かしていました。

 

中学3年生の時には長崎新聞社が開催した「英語暗唱大会」にて優秀賞を受賞しています。

 

なお福田さんは出身中学校・高校を明らかにしていませんが、この大会の記録で出身校が判明しています。

 

スポンサードリンク

 

福田真琳の学歴~出身小学校(波佐見町立南小学校)の詳細

 

 

出身小学校:長崎県 波佐見町立南小学校

 

 

 

福田真琳さんの出身小学校は、地元長崎県波佐見(はさみ)町内公立校の南小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉の5人家族です。

 

姉には非常に影響されやすく、「姉になりたい」と思ったことまであったそうです。

 

福田さんは中国の上海で生まれており、帰国子女です。

 

小学2年生まで上海で過ごして、その後に日本に移住しています。

 

当時は中国語と英語を話すことができたそうで、次のように話しています。

 

「私は上海に住んでいたとき、英語の学校に通ってました(;ŏ﹏ŏ)その時は、英語も中国語もある程度話すことができていました(ʘ言ʘ╬)」

 

 

また福田さんの子供の頃の将来の夢はスケート選手になる事でした。

 

このことについて次のように話しています。

 

「上海でよく行っていたショッピングモールの中にスケートリンクがあったんです⊂(´・◡・⊂ )∘˚˳°そこで姉がスケートを少し習っていたのでその影響でスケートが好きになりスケート選手になりたいと思っていました⊂(◉‿◉)つ」

 

また幼稚園の年長からバレエを始めています。

 

小学6年生の時には英語暗唱大会で1位になっています。

 

以上が「つばきファクトリー」福田真琳さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初はグループ内でもあまり目立つ存在ではありませんでしたが、このところはグラビアなどにも起用されて存在感を発揮しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ