中島由貴の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|勉強もできた!

 

声優の中島由貴さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は中島さんは勉強も得意で、進学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

中島由貴(なかしま ゆき)

 

 

1997年9月12日生

身長159㎝

血液型はB型

 

和歌山県出身の声優、歌手、女優

本名同じ

 

以下では中島由貴さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

中島由貴の学歴~出身高校(和歌山県立海南高校・日出高校)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:和歌山県 海南高校 偏差値58~60(学科不明のため)

※日出高校芸能コース(偏差値42)に転校

 

 

 

中島由貴さんが入学したのは、県立の共学校の海南高校です。

 

この高校は1922年開校の県立校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

また同校は以下の2つの学科を設置していますが、中島さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。

 

普通:偏差値60

教養理学:偏差値58

 

中島さんはこの高校に一般受験で入学しており、勉強も得意でした。

 

この高校では軽音楽部に在籍しており、ベースを担当していました。

 

中島さんは子役の頃から活動をおこなっており、モデルなどマルチに芸能活動をおこなっていました。

 

高校入学後も芸能活動を続けており、インタビューで次のように話しています。

 

「高校2年までは、仕事の度に飛行機や高速バスで東京へ通っていました。今すぐ上京したいとの気持ちが強かったのですが、(和歌山県内に住む)おばあちゃんに会えなくなるのは寂しいなとも思っていました。」

 

また自身の学生生活については次のように振り返っています。

 

「仲がいい子たちとずっと一緒にいたり、その子たちとアニメやゲームの話をギャーギャー言いながら休み時間に話したり、あとは部活をやったりと、もう普通の学生をしていました(笑)。」

 

中島さんは17歳だった2014年に、オーディション「国民的声優グランプリ」で3000名の応募の中からグランプリを獲得しています。

 

 

中島さんが声優を志したきっかけについて、インタビューで次のように話していました。

 

「高校に入る前に友達の勧めで見たアニメ『銀魂(ぎんたま)』です。初めて声優という職業を意識した作品で、声の仕事だけでなく、ステージに立って歌ったり踊ったりすると初めて知りました。小さい頃から目指していた活動と似ていると思い『(声優に)なろう』と決めました。」

 

 

また別のインタビューでは次のように語っていました。

 

「高校に入ってから周りの友達が声優さんにハマり始めて、その話題についていけるように私も勉強し始めたんです。そこから声優さんのイベント動画を初めて観て、ステージ上で朗読劇をやっていたり、後ろでアニメが流れるところに生アフレコをしたり、それこそ歌って踊ったりしていることを知って、『声優さんって声だけじゃなくて、表にも立つんだ!』と驚いたんですよ。私は小さい頃からいろんなお仕事をさせてもらっている中で、マルチに活動してみたい、そういう活動ができる人になりたいという気持ちが強かったので、声優さんってまさにそれに当てはまるのかなって気づいて。」

 

そして高校3年生に上がるタイミングで、日出高校の芸能コース(偏差値42)に転校しています。

※現在は目黒日本大学高校

 

 

 

日出高校では以下の人物と同級生でした。

 

北村匠海(俳優)

向井地美音(AKB48)

森高愛(女優)

飯豊まりえ(女優)

玉城ティナ(女優)

中川可菜(女優)

井上苑子(シンガーソングライター)

岡田隆之介(俳優)

 

また通信制課程の同じ学年には女優の小芝風香さんも在籍をしていた豪華な世代です。

 

中島さんは高校3年生だった2015年に声優デビューを飾っています。

 

 

なお中島さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した2016年から、テレビアニメの主役級の声に起用されはじめています。

 

20歳だった2017年には「アイドルマスター・シンデレラガールズ」の乙倉悠貴役に起用されています。

 

 

また声優デビュー後も女優としての活動も継続しており、舞台では主役を務めています。

 

 

さらに2020年には、ファーストアルバム「ChapterⅠ」でソロ歌手としてもデビューしています。

 

 

今後もマルチな活動を展開していきそうですね。

 

スポンサードリンク

 

中島由貴の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

中島由貴さんの出身中学校は、和歌山県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

中島さんは中学生の頃も学業と仕事の両立をしており、インタビューでは次のように話しています。

 

「中学のときはもう事務所をやめていて、フリーとして学業と両立させながら仕事をしていたんですけど、その頃は雑誌の専属モデルだったり百貨店のイメージモデルみたいなものもさせてもらっていました。中学1から2年ぐらいのときには女子小学生をターゲットにしたファッション雑誌の専属モデルをしていたんですが、その中では私が一番年上で。」

 

 

中学時代は主にモデルやジュニアアイドルとして活動しており、ローティーン向けファッション誌「JSガール」の専属モデルを務めていました。

 

 

また中学2年生だった2011年には、阪急うめだ本店・シュガープリンセスルームのモデルに起用されています。

 

スポンサードリンク

 

中島由貴の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

中島由貴さんの出身小学校は、和歌山県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

家族仲は良好のようでインタビューでは次のように話しています。

 

「お母さんがアニメとゲームと漫画がすごく好きで。私もアニメ・ゲーム・漫画全部好きなんですが、お母さんの影響はありますね。遺伝かも(笑)。お父さんも、お母さんと出会ってからゲームを始めたらしく、家族が揃うとみんなでゲームしてワチャワチャしてます(笑)。」

 

10歳だった2007年に、テレビドラマ「恋する日曜日」で子役デビューしています。

 

中島さんは子役として活動をしていた時のことについて、インタビューで次のように話しています。

 

「それこそ小さい頃は、やらされていた感も多少あって、友達とも遊びたいですし、普通に生活をしたいという気持ちがあったので、『ダンスレッスンとか演技レッスンとか、なんでやるんだろう?』みたいに考えることもありました。」

 

 

小学4年生のときにはじめてオーディションに受かり仕事をする機会が増えました。

 

スチール撮影やCM、ドラマなどに立て続けに出演しているあたりから芸能界の仕事が楽しいと気づいたといいます。

 

小学校時代にジュニアモデルとしての活動を開始して、「ニコプチ」などの雑誌に登場しています。

 

 

以上が中島由貴さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

小学校時代から芸能活動をおこなっていましたが、現在では人気声優になっています。

 

声優以外にも歌手や女優、グラビアアイドルなどマルチに活動しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ