桂宮治の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|登校拒否だった!

 

落語家の桂宮治さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「笑点」のレギュラーに起用されて大きな注目を集めた桂さんですが、実は小学校時代に登校拒否も経験していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

桂宮治(かつら みやじ)

 

 

1976年10月7日生

身長非公表

血液型非公表

 

東京都品川区出身の落語家

本名は宮利之(みや としゆき)

 

以下では桂宮治さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

桂宮治の学歴~出身高校(東京学園高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 東京学園高校 偏差値41(容易)

※現在は閉校

 

 

 

桂宮治さんの出身高校は、私立の男子校の東京学園高校です。

 

この高校は1889年開校の伝統ある私立高校です。

 

また2013年に大手予備校の河合塾が経営に参画して、2019年に後進校のドルトン東京学園高等部が開校したことに伴い閉校しています(閉校は2018年)。

 

後述するように桂さんは中学時代に芝居に魅力を感じたことから、高校では廃部となっていた演劇部を復活させようとしていますができませんでした。

 

そのためアルバイトをしながら芝居を観るという高校生活を送っていました。

 

【主な卒業生】

飯尾和樹(お笑い・ずん)

 

なお桂さんは高校卒業後は役者の道を目指していたことから、大学には進学していません

 

当初は役者を目指すために加藤健一事務所に通い詰めており、入所予定でしたがアクシデントで入所することができませんでした。

 

そのため別の養成所に入所をして3年間アルバイトと舞台役者を務めていました。

 

しかし芝居や生活をするためにはお金がかかることから、レストランのホールやシロアリ駆除の仕事などもやっていたところ先輩から化粧品販売の仕事を紹介されています。

 

 

この化粧品販売の仕事が桂さん落語の原点だったようで、次のように話しています。

 

「スーパーなどの通路にワゴンを置き話術を駆使して売る、いわば化粧品の実演販売だ。通りすぎる人の足を止めさせる。買わせられるという不安を拭いさり、無料配布の化粧品だけはもらいたいがあとは逃げだしたいという客の心理をつかみ、その場から一歩も逃さないため、息をつかせないほど畳みかける話術を天性で会得していった。この販売の様子をそのまま再現して織り込んだほろりと泣かせる新作落語「プレゼント」は、宮治落語の原点だ。」

 

桂さんは芝居のためにやっていたアルバイトでしたが、気が付いた時には有名化粧品メーカーから指名が入るほどになっており、年収は1000万円を超えていました。

 

しかし桂さんは要らないものを要るように騙して買わせているのだから、人を不幸にしているのではないかと悩みはじめていました。

 

その姿を見た当時交際していた現在の妻が「好きなことをしたら。私がまた働くから」と言ってくれたことで、一生続けられる好きなことを探してみた結果、桂さんは落語というものをはじめて知りました。

 

 

そのため32歳だった2008年に、桂伸治さんの下に弟子入りしています。

 

 

ちなみに弟子入りした当時の月給はわずか3万円で、奥さんが銀座で夜の仕事をして家計を支えていました。

 

そして44歳だった2021年2月に真打に昇進しています。

 

 

この年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

また桂さんは2022年1月からは、林家三平さんの後任として「笑点」のメンバーに起用されて大きな話題になっています。

 

 

この番組の出演によって、以降はメディアへの出演が急増しています。

 

スポンサードリンク

 

桂宮治の学歴~出身中学校(品川区立荏原第一中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 品川区立荏原第一中学校 偏差値なし

 

 

 

桂宮治さんの出身中学校は、地元東京都品川区内の公立校・品川区立荏原(えばら)第一中学校です。

 

後述するように小学校時代は登校拒否をしていましたが、中学1年生の時に両親が離婚して以降は学校に通うようになり皆勤賞をとっています。

 

中学3年生の時には生徒会長も務めています。

 

また中学生時代には祖母に連れられて大衆演劇を観たことで芝居に魅せられました。

 

スポンサードリンク

 

桂宮治の学歴~出身小学校(品川区立小山小学校)の詳細・登校拒否だった!

 

 

出身小学校:東京都 品川区立小山小学校

 

 

 

桂宮治さんの出身小学校は、地元品川区内の公立校・品川区立小山小学校です。

 

家族構成は両親と姉3人の6人家族です。

 

実家は飲食店を経営していました。

 

桂さんは小学校時代の家族のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「父親と母親が土日も仕事で、夜も飲食店をやっていてすごく繁盛していたんですね。だから、ほとんど家族団欒というのが無くて、おばあちゃんとばっかり。姉ちゃんが三人いるんですけど、高校生とか社会人とか歳が離れていたんで。」

 

そのため小学校高学年までは祖母の部屋で一緒に寝ていました。

 

桂さんは子供の頃から人付き合いが嫌いだったため小学校時代は登校拒否だったと話しており、インタビューでは次のように振り返っています。

 

「学校に行くのが嫌で、疲れるじゃないですか、友達といると。人間関係も構築しなくちゃいけないし。もちろん学校に行ったら行ったで楽しくキャッキャッしているんですよ。」

 

両親はかなり忙しく家族団欒がなかったため、定休日である火曜日には両親が自宅にいるため学校に行きたくないと思ったのが登校拒否のはじまりでした。

 

それからは家にいるのが楽しかったそうです。

 

以上が桂宮治さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

30歳を過ぎての入門でしたが、見事に真打に昇進しています。

 

また2022年からは「笑点」のレギュラーに起用されて、知名度が大幅に上昇しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ