三浦瑠麗の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメられっ子だった!

 

国際政治学者の三浦瑠麗さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。テレビ番組のコメンテーターとして知られる三浦さんですが、実は学生時代はイジメに遭っており、中学時代には性被害に遭っています。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

三浦瑠麗(みうら るり)

 

 

1980年10月3日生

身長非公表

血液型はA型

 

神奈川県平塚市出身のタレント、国際政治学者

本名同じ

 

以下では三浦瑠麗さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

三浦瑠麗の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京大学 農学部 偏差値68(超難関)

 

 

 

三浦瑠麗さんは高校卒業後は、国内最難関の東京大学に進学しています。

 

合格したのは理科Ⅰ類でした。

 

その後に同大の農学部に進んでいます。

 

三浦さんは東京大学を選んだ理由については、インタビューで次のように話しています。

 

「うちは余裕はなかったのですが、兄や姉が浪人して私大に行ったので、『瑠麗ちゃんだけは国立に行ってもらわないと。留年も浪人もできないからね』と親に言われていたんです。それで一番受かりやすいと思った理系で受験しました。歴史の暗記がぜんぜん間に合わないので。」

 

三浦さんは大学での男女関係の雰囲気が嫌だったそうで、理系なのでクラスに女子が2人しかいないうえに男子校出身のクラスメイトは全く話をしてくれなかったそうです。

 

また女子が少ないことからクラスに入った時に一斉に見られることが苦痛だったと言います。

 

当時同大で目隠しをしてAV女優として出演している女子がいたそうで、男子から「あれ、濱村(三浦)じゃね?」と言われたことに失望したそうです。

 

この出来事がきっかけで文系クラスも受講するようになり、そこで現在の夫の三浦清志さんに出会っています。

 

ちなみに清志さんは大学の1年先輩です。

 

 

また前記のようにこの大学の農学部は消去法で選んだことから、大学時代は将来を思い描くことができませんでした。

 

そのため大学4年生の時に、あえて単位を1つだけ残して留年しています。

 

そして22歳の時に、現在の夫と学生結婚しています。

 

 

三浦さんは結婚前までは実家に住んでいたのですが、驚くことに両親の教育方針でほとんどテレビを見たことがありませんでした。

 

結婚後に実家を出たことで自由にテレビを見ることができるようになりましたが、その際にイラク戦争の報道を見たことがきっかけで国際政治に関心を持っています。

 

そのため大学卒業後は東京大学大学院公共政策教育部に進学して、主に国際政治学を学んでいました。

 

 

大学院は修士課程だけではなく博士課程まで進学したので、30歳の頃まで学生でした。

 

ただし博士論文を執筆中に長女の死産を経験していることをインタビューで明らかにしています。

 

「子供が欲しいと思いながら、なかなか授からず結婚から7年。ちょうど博士論文を書いているときに妊娠していることがわかりました。論文の追い込みと並行しながら、引越をして新生活の準備を整え、なんとか論文を提出。近場への小旅行で少し息抜きできたかなというところで、切迫早産を経験、長女は死産でした。思い返せば、あれもこれもと頑張りすぎてしまったのかもしれません」

 

以降は国際政治学者として活動をはじめていますが、35歳だった2015年からテレビ番組に出演しはじめています。

 

 

「朝まで生テレビ」や「ビートたけしのTVタックル」などのテレビ番組に出演したことで、広く論客として知られることになります。

 

 

またYOUTUBEでも様々なゲストと対談して、持論を展開しています。

 

 

他にも著書を執筆したり講演会をおこなうなど、精力的な活動を展開しています。

 

スポンサードリンク

 

三浦瑠麗の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 湘南高校 偏差値74(超難関)

 

 

 

三浦瑠麗さんの出身高校は、県立の共学校の湘南高校です。

 

この高校は1920年開校の県立校で、古くから神奈川県内でもトップクラスの進学校として知られています。

 

ちなみに同校の2021年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:12名

京都大学:7名

一橋大学:14名

横浜国立大学:52名

 

早稲田大学:187名

慶応義塾大学:118名

明治大学:238名

 

三浦さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

 

後述するように三浦さんは小学校時代からいじめに遭っていたことから、いじめっ子たちと同じ高校に進学しないように学区外の高校を受験しました。

 

この時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「卒業生には有名人も多いのですが、バンカラな校風で明るい人が多いですね。地元の平塚から1時間15分くらいかかるのですが、いじめっ子たちと一緒にならないように学区外の高校を選んで受験しました。」

 

高校時代は陸上部に在籍をしていました。

 

ただし高校時代も同級生に無視されたことがありました。

 

「高校生くらいになると、無視のされ方も変わってきますが、私の原体験というのは、異質だからはじき出される、だったら一人で居よう。一人で居たらもっと本を読む、もっと頭でっかちになる……その繰り返しの中で『一人で居る』ことを学んだということにあると思います。」

 

そのため高校時代は授業に出席しないこともたびたびありました。

 

この高校では3分の1休んでしまうと赤点となり卒業できなくなるため、卒業はできるように注意しつつ授業には出席せずに江ノ島で一人でぼーっとした時間を過ごしていたそうです。

 

【主な卒業生】

石原慎太郎(作家、元政治家)

小栗香織(女優)

 

スポンサードリンク

 

三浦瑠麗の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 平塚市立金旭中学校 偏差値なし

 

 

 

三浦瑠麗さんの出身中学校は、地元神奈川県平塚市内の公立校の金旭(きんきょく)中学校です。

 

中学時代は陸上部に在籍をしていました。

 

三浦さんは中学時代にいじめに遭っていたことについて、インタビューでは次のように話しています。

 

「当時はまだスケバン文化が私の中学では残っていたので、身の危険を覚えるような腕力でのいじめもありました。それから、陸上部内部でのいじめも逃げ場がなかったですね。」

 

このような状況の中でも三浦さんの中では部活動を辞めるという選択肢が浮かばなかったそうで、黙って部活を続けていたそうです。

 

さらに14歳の時には性暴力の被害者になったことを著書で綴っています。

 

その際には下校中に不良グループに襲われています。

 

「バンに乗った男たちから声を掛けられ、突然さらわれてしまうのだ。覚えているのは痛みと、死ぬのだろうな、という非常にリアルな感覚だけだ。私の頸に手をかけたそのうちの一人ののっぺりとした眼つきが醜くて気持ち悪く、せめてもっと楽な死に方をさせてもらいたかった。少なくとも一人は知っている顔だったと思う」

 

ただしその際には家族を苦しめたり、噂が広まってしまうと思って誰にも打ち明けませんでした。

 

なお夫の清志さんには大学の卒業旅行に行った際に、このことを打ち明けています。

 

【主な卒業生】

高橋海人(King&Prince)

梅澤美波(乃木坂46)

 

スポンサードリンク

 

三浦瑠麗の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

三浦瑠麗さんの出身小学校は、地元平塚市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

平塚市立金田小学校

平塚市立吉沢小学校

平塚市立金目小学校

 

家族構成は両親と5人きょうだいの7人家族です(上から3番目)。

 

(右から2番目が三浦さん)

 

父親は心理学者の濱村良久さんです。

 

三浦さんは自身が育った環境についてインタビューで次のように話しています。

 

「両親は学生結婚をして、母は22歳のときに最初の子供を産んで、5人の子供を育てながらずっと専業主婦をしてきました。世間知らずのまま親になったという感じだったんでしょうね。教育方針は割と極端だった。私は3番目なんですが、特に上の3人は本当に厳しく育てられました。」

 

 

三浦さんは3歳の時から眼鏡をかけており、小学校高学年の時に眼鏡や服装が浮いており今風ではなかったことがきっかけで女子からいじめに遭っていました。

 

また家庭の教育方針もありテレビをほとんど見たことがなかったため、話題にもついて行けないことも関係していたようです。

 

加えて当時の三浦さんは人と話すことがほとんどなく、童話の世界にのめり込んでいたそうです。

 

放課後には「ナルニア国物語」や「指輪物語」、「赤毛のアン」などの童話を読みながら家に帰っていました。

 

また学校では図書館に入り浸っています。

 

ただしインタビューでは、教師からは面倒くさい子供だと思われていたようだと述べています。

 

「教師って明るくって単純な「子供らしい子供」が好きなんだと思うんです。よく「他の子ともっと仲良くしなさい」と言われましたけど、ちょっと扱いづらい、面倒くさい子供だと思われていたんじゃないかと思います」

 

この頃から勉強はできていたそうで、百人一首などもすぐに覚えることができました。

 

 

以上が三浦瑠麗さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

コメンテーターとしてテレビ番組に出演すると、その美貌と裏腹の鋭い舌鋒で話題になっています。

 

 

その一方でツイッターなどの自由な発言が、たびたび炎上することでも知られています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ