大塚愛の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

シンガーソングライターの大塚愛さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「さくらんぼ」や「プラネタリウム」などのヒット曲で知られる大塚さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

大塚愛(おおつか あい)

 

 

198299日生

身長158

 

大阪府出身のシンガーソングライター、女優

本名同じ




 

経歴/プロフィールの詳細

 

19974月に地元大阪のボーカルクイーンコンテストでグランプリを獲得。 

その後、サンミュージックの系列の事務所に所属して、「HIMAWARI」というユニットでインディーズで活動。 

2002年にエイベックスにデモMDを送ったことがきっかけになり、2003年に「桃ノ花ビラ」でソロ歌手としてメジャーデビュー。

同年12月にリリースした2ndシングル「さくらんぼ」が大ヒットしてブレイク。

2004年にNHK紅白歌合戦に初出場。 

2005年に主演作のDVDドラマ「東京フレンズ」で女優デビュー。 

同年の8thシングル「SMILY」で初のオリコン1位を記録。 

以降も「プラネタリウム」や「ユメクイ」などの楽曲がヒット。 

2010年にヒップポップユニット「RIP SLYME」のMCSUと結婚して子供(娘)も生まれたが、2018年11月に離婚した。

 

大塚愛の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:大阪芸術大学短期大学部 保育科 偏差値45(やや容易)

 

 

 

大塚愛さんは高校卒業後は、大阪芸術大学短大に進学しています。

 

短大では保育科に在籍し、音楽で食べられなかった場合に備えて、幼稚園教諭、保育士、社会福祉主事の資格を取得しています。

 

後にインタビューで自身の大学時代を振り返ってみると、音楽の道に進む覚悟を持てなかったことから幼稚園の先生という道に方向転換することで、当時は「デビューまでの準備期間」と自身に言い聞かせていたような気がすると話しています。

 

また短大時代は演劇部に在籍をしていました。

 

加えて大塚さんは短大時代に作曲を依頼されたことがきっかけになり、「HimawaRi」というユニットを結成してインディーズデビューも果たしています。

 

 

短大時代はとても忙しい日々だったそうですが、高校時代とは違い授業を自分で組んだり休みが調整することができて自由に行動できるところが良かったそうです。

 

短大卒業間近になり音楽の道にもう一度挑戦したいという気持ちが強くなったそうで、片っ端からデモテープを送ったそうです。

 

大塚さんは当時についてインタビューで次のように話しています。

 

「これしかできなかったから、ですね。毎日ちゃんと会社に行ったり、周りに気を遣ったり、事務的な処理をしたり、多分できない。そうやってできないことを消去していったら、音楽しかなかったというのが本当の理由なのかもしれないんです。」

 

 

短大を卒業した後の21歳でメジャーデビューを果たすと、同じ2003年に2ndシングル「さくらんぼ」が大ヒットして一躍人気歌手の仲間入りを果たしています。

 

 

 

その後も「プラネタリウム」など、コンスタントにヒットを飛ばし人気アーティストになっています。

 

 

2010年に「RIP SLYME」のMCSUさんと結婚した際には大きな話題になっています(その後に離婚)

 

 

また大塚さんはアーティストとしての活動のほか、女優やタレントとしても活動しています。 

 

スポンサードリンク

 

大塚愛の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:大阪府 港南高校 偏差値46(やや容易)

※現在は港南造形高校

 

 

 

大塚愛さんの出身高校は、府立の共学校の港南高校です。

 

この高校は1984年開校の府立高校ですが、2003年に美術系の専門校の港南造形高校になっています。

 

大塚さんは高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていません。

 

後述するように幼少期から習っていたピアノを高校3年生の時まで続けています。

 

 

ピアノのレッスンは辛かったことも多かったようで、インタビューで次のように話しています。

 

「ピアノの先生の方は、すごい辛い思い出しかないので、あんまり運命と呼びたくないですけど……。だけどそれがなければ実現しなかったことがたくさんあるので。」

 

またクラシックピアノに興味が持てなかったことから、腹痛などと口実を作りよくレッスンをさぼっていましたが、高校2年生の時からポップな曲を弾くようになりピアノが好きになってきたそうです。

 

ピアノの先生から「あなたはいつも楽な生き方をしてるからCDなんか出せないわよ」と言われたことで、「絶対にデビューしてやる」という果たし状を送ったそうです。

 

高校時代はシンガーソングライターになりたいけれど、どうしたらよいのか考える日々だったそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「音楽制作だけはコツコツと続けていて、少しずつですが着実に楽曲がストックされていきました。その中の一つに、後にCDとしてリリースする『さくらんぼ』がありました。当時はデモテープをレコード会社に送ってもなかなか良い返事をもらうことができず、音楽の道をあきらめかけていました。」

 

 

高校3年生の時には進路選択が迫られており、シンガーソングライター以外で自身の将来について考えた時に幼稚園の先生が自分には合っているのではないかと考えたそうです。

 

そのため進学先を選ぶ際には幼稚園教諭の資格取得ができ、音楽や表現について学べる学科を持つ大学に進学しようと思ったようです。

 

加えて大塚さんは中学3年生の頃から作詞・作曲をおこなっており、自身の最初のヒット曲で代表曲の「さくらんぼ」の原曲は高校時代に作成していました。

 

ちなみに果物のさくらんぼは食べられないほど嫌いだそうです。

 

スポンサードリンク

 

大塚愛の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 大阪市立南港南中学校 偏差値なし

 

 

 

大塚愛さんの出身中学校は、地元大阪市内の公立校の大阪市立南港南中学校です。

 

中学生の頃には将来の夢は歌手を志望していました。

 

 

中学3年生の時に大阪のボーカルコンテストでグランプリを獲得しています。

 

【主な卒業生】

丸橋祐介(Jリーガー)

 

大塚愛の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

大塚愛さんの出身小学校は、大阪市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

大阪市立南港緑小学校

大阪市立南港渚小学校

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

4歳の時にピアノを習いはじめています。

 

小学校低学年の頃は走るのが早かったことから、運動会では毎回1位をとっていました。

 

以上が大塚愛さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

全盛期はヒット曲を連発して、NHK紅白歌合戦にも6年連続で出場していました。

現在でもドラマの主題歌を担当するなど精力的に活動しています。

 

 

今後の大きな飛躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ