足立佳奈の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

足立佳奈(あだち かな)

 

 

19991014日生

身長163

A型

 

岐阜県海津市出身のシンガーソングライター

本名同じ

 

以下では足立佳奈さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

足立佳奈の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:名古屋音楽大学 音楽学部 偏差値なし

 

 

足立佳奈さんは高校卒業後は、私立の名古屋音楽大学に進学しています。

 

この大学の入学試験は実技試験や面接のみで、学科試験がないことから偏差値はありません。

 

また実技試験のレベルもさほど難しくはないようです。

 

足立さんは進学先の大学名を明らかにしていませんが、系列の高校に通学していたことや目撃情報などもあることからこの大学が有力視されています。

 

大学入学後は活動の幅を広げて、大学1年生の4月から「NHK高校講座 国語表現」のMCを務めています。

 

 

また同じ年の7月には土屋太鳳さん主演の「チア☆ダン」で、連続ドラマに初めてレギュラーとして出演しています。

 

(山本舞香さんと)

 

加えて同じ年の10月にはファーストアルバム「YeahYeah!」をリリースしています。

 

 

またCMにも起用されるなど、マルチな活動を展開しています。

 

本業の歌でも「次世代の歌姫」と期待が高く、数々の音楽番組に起用され、10代を中心に人気も急上昇。

 

今後の活動にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

足立佳奈の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛知県 同朋高校音楽科 偏差値43(容易)

 

 

足立佳奈さんの出身校は、私立の共学校の同朋(どうほう)高校です。

 

この高校は名古屋市中村区にある1958年開校の仏教系の私立高校です。

 

また同校には普通科(偏差値47)や商業科(偏差値43)も設置されていますが、足立さんは音楽科に在籍しています。

 

当初は進学校を第一志望としていましたが、後述するように中学3年生の時にオーディションでグランプリを獲得して芸能界入りしたので、音楽を学ぶためにこの高校の音楽科に進学しています。

 

「それまでは進学校をねらっていたんですけど、このオーディションをきっかけに音楽科のある高校へと進路をガラッと変えました」

 

また高校時代に受けた音楽の授業については、次のようにインタビューで話しています。

 

「高校時代は、一般教養を学びつつ、音楽を聴いて楽譜に起こしたり、一度も聴いたことがない曲を楽譜を見てすぐに演奏したりする“ソルフェージュ” っていう授業とか、音楽の歴史とか、専門的なことをいろいろ学びましたね」

 

さらに足立さんは高校時代に作詞・作曲をはじめています。

 

「作詞作曲の授業はなかったんですけど、息抜きにオリジナルソングを歌ったりはしてました!友達とアイスクリームを食べたらアイスクリームの歌を作ったり、ケンカしたときは『ごめんね』の歌を歌ってみたり」

 

高校2年生の時に親友がギターでmiwaさんの「ヒカリへ」を弾き語りで歌っていたのを聴いてギターをはじめています。

 

 

これらに加えて高校時代はミュージカル女優も目指しており、バレエやジャズダンスなども習っています。

 

足立さんは高校2年生の3月に「LINE」のCMに起用されて、CMに初出演しています。

 

 

また高校3年生の4月からはバラエティ番組「新しい波」に出演しています。

 

 

さらに同じ年の8月にはテレビドラマ「1942年のプレーボーイ」で女優デビューも果たしています。

 

同じ月にはファーストシングル「笑顔の作り方~キムチ~」でメジャーデビューも飾っています。

 

 

またその年の11月には2ndシングル「フレーフレーわたし」をリリースしています。

 

 

そのため高校時代の後半は芸能活動でかなり多忙だったようです。

 

スポンサードリンク

 

足立佳奈の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:岐阜県 海津市立平田中学校 偏差値なし

 

 

足立佳奈さんの出身中学校は、地元海津市内の公立校の平田中学校です。

 

子供の頃からスポーツが得意で、中学時代にはソフトボール部に在籍しています。

 

またソフトボール部では中学3年生の最後の試合まで部活動に打ち込んだとのこと。

 

加えて足立さんは中学時代は、ピアノやそろばん、パソコン教室などの習い事もしています。

 

さらにこの頃には合唱団にも所属しており、中学時代はかなりアクティブでした。

 

詳細は後述しますが足立さんは小学校時代から歌手を志しており当時も「歌が好きだから歌をやりたい!」と言っていますが、母親には「現実を見なさい」と却下されています。

 

また中学時代には将来的には看護師など手に職をつけるようにも言われています。

 

しかし諦めがつかなかったことから中学校3年生の時にLINEとソニーミュージックが共催した「LINE×SONY MUSICオーディション」に応募しています。

 

ただしその際には母親が自分の実力を分からせて、諦めさせることがオーディションに応募した目的でした。

 

ところが母親の予想に反して、応募総数約125000人の中からグランプリに選ばれています。

 

 

オーディションではオリジナルソングを披露して、グランプリに決まった際には、「私の大好きな歌を、みんなに大好きになってもらって、もっともっと歌で表現できるシンガーソングライターになりたい」と抱負を述べています。

 

ちなみにこのオーディションの副賞は100万円でしたが、足立さんは「応援してくれた人と食べ放題に行く」と語っています。

 

 

なお20183月に足立さんは母校のこの学校の卒業式にサプライズ訪問して、「サクラエール」を歌っています。

 

スポンサードリンク



 

足立佳奈の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 


 

足立佳奈さんの出身小学校は、地元海津市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

海津市立海西小学校

海津市立今尾小学校

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

足立さんは3歳の頃からピアノをはじめていますが、当時から目立つのが好きだったとインタビューで話しています。

 

3歳のころからピアノを習っていたので、伴奏者に立候補したり、指揮者をやったりもしていましたね。パートリーダーになって「ここが違うよ~」なんて言いながら、張り切って仕切ったりして。多分、目立つのが好きだったと思います(笑)」

 

そして小学校4年生の時に合唱団に入団したことで歌が好きなったそうです。

 

また小学校時代からスポーツが大好きで、男の子に交じりながら野球をはじめています。

 

ちなみに後に50m走で6.8秒を記録したり、スポーツテストで学年1位になるなど、かなり運動能力は高いとのこと。

 

加えて小学校時代にアンジェラ・アキさんの楽曲「手紙」が胸に刺さって歌手に憧れています。

 

「私、小学生のころからお兄ちゃんの影響で野球をやっていたんですけど、『スポーツが好きなら一生懸命やりなさい』と言われて、でも『勉強もやりなさい』ってお母さんには言われるし、大好きになった歌も一生懸命やりたいし…。何をしたらいいのかなって思ったとき、「負けないで、泣かないで」っていう言葉がグッと刺さって」

 

以上が足立佳奈さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代にシンガーソングライターとしてデビューしていますが、楽曲は10代を中心に受けており、若手アーティストとして注目の存在になっています。

 

 

その楽曲がCMやドラマなどとタイアップされることも多いことで知られています。

 

また本業の歌以外でも女優としても連続ドラマに出演するなど、マルチな活動を展開しています。

 

これからも多方面でメディアへの出演も増えていきそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ