斎藤ちはるの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

人気アイドルグループ「乃木坂46」からテレビ朝日のアナウンサーに華麗に転身した斎藤ちはるさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。アイドル活動と学業を両立させた高校時代や女優やタレント業にも挑戦した大学時代など、学生時代のエピソードや情報も併せてご紹介いたします

 

斎藤ちはる(さいとう ちはる)

 

 

1997217日生

身長166

血液型はA型

 

埼玉県出身の歌手、タレント、女優

乃木坂46の元メンバー

本名同じ

 

以下では斎藤ちはるさんの学歴や出身高校・大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

 ローティーン向けのファッション誌「ニコ☆プチ」の読者モデルをしていた。 

14歳:20118月に乃木坂461期生のオーディションに合格してメンバー入り。 

14歳:同年11月の「乃木坂って、どこ?」でテレビ初出演。

15歳:20122月にグループは1stシングル「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。

17歳:20148月に10thシングル「何度目の青空か?」で初選抜。 

18歳:20159月のドラマ「初森ベマーズ」で女優デビュー。 

タレントとしても「NOGIBINGO!」や「世界ふしぎ発見!」、「ライブB」などの番組に出演している。

21歳:2018年5月にテレビ朝日のアナウンサー職の内々定を受け、グループからの卒業を発表。

 

斎藤ちはるの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:明治大学 文学部文学科演劇学専攻 偏差値60(やや難関)

 

 

斎藤ちはるさんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

大学後もグループの活動に精力的に参加する傍ら、演劇学を学んでいます。

 

 

斎藤さんは次のような理由でこの大学に進学したことをインタビューで話しています。

 

「いろいろな芸能人の方が卒業されていて、仕事と両立しながら、ちゃんと4年間で卒業できているということを聞きました。芸能活動を応援してくれて、しかものびのびと活動させてくれるというのが大きかったですね」

 

加えて、演劇学を学べる数少ない大学であることも理由に挙げています。

 

大学では演技論や戯曲論を専攻しており、卒論は「オペラ座の怪人」について書いていることをコメントしています。

 

なお斎藤さんは大学へは自分で稼いだお金で行ったことをインタビューで明らかにしています。

 

大学1年生の時にテレビドラマ「初森ベマーズ」で女優デビューしています。

 

 

また大学時代に活動の幅を広げて、グループでの活動のほか、タレントとしてもテレビ番組への出演が増えています。 

 

 

特に大学3年生の時に出演した「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターは長年の憧れだったとコメントしています。

 

「最初、本当に決まったと聞いたときは、正直あまり信じられませんでした。自分がやっている姿も想像できなかったです。11日間のロケに、マネージャーさんもなしで1人で行きました」

 

ちなみに乃木坂46の他のメンバーでは秋元真夏さんもミステリーハンターを務めています。

 

加えて大学1年生だった2016年2月に「乃木坂46時間TVTHE歌王」に出演して際には、ソロで歌を歌っている貴重な映像も残されています。

 

 

そして大学3年生の時からアナウンサーを目指したとインタビューで述べています。

 

「大学3年生になる頃です。大学の同級生が就職のことで悩んでいて、『私もやろうと思えば就職活動ができるんだ』と(笑)芸能人ではなく、会社員という将来の選択肢もあることに気付き、『人に何かを伝えるとき、テレビはとても魅力的だ』と改めて思い、アナウンサーを志しました」

 

なおアナウンサーを目指した理由は人と関わることが好きで、年齢を重ねても人に何かを伝えたり、届けたりできる仕事がしたいと考えていたからでした。

 

ただし斎藤さんはアナウンサーを志すまでは女優志望で、憧れの女優として水川あさみさんの名前を挙げていました。

 

また大学時代はスケジュールを工夫して学業と仕事の両立もできていました。

 

「文学部は結構出席が厳しいので、いかにしてきちんと出席するかを意識しています。テスト期間は前もってマネージャーさんにお願いをして、この日だけは仕事を入れないでくださいと伝えるので、今、きちんと単位が取れています」

 

そして大学4年生の5月にキー局(テレビ朝日)のアナウンサー職に内々定したことを発表し、7月にグループを卒業しています。

 

(右は同時に卒業した相楽伊織)

 

さらには入社早々の4月1日から宇賀なつみアナウンサーの後任として「羽鳥慎一のモーニングショー」のアシスタントに起用されることが発表されています。

 

 

またクイズ番組の「Qさま」などのテレビ朝日の人気番組にも起用されています。

 

 

ちなみに「Qさま」では山崎怜奈さんとの「乃木坂対決」がたびたび話題になっています。

 

山崎怜奈の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

このことから見てもテレビ朝日の高い期待が窺えますね。

 

スポンサードリンク



斎藤ちはるの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:日出高校 偏差値42~48(コース不明のため)

 

 

斎藤ちはるさんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

この高校に入学する芸能人のほとんどは芸能コース(偏差値42)に在籍しますが、斎藤さんは特待生として入学しているので特進コース(偏差値48)に在籍した可能性もあります。

 

また斎藤さんは中学3年生の時に乃木坂46のメンバーとなったので、学業と芸能活動を両立するために広く芸能活動を認めているこの高校に進学したとインタビューで述べています。

 

「中学3年生のとき、乃木坂のオーディションに合格しました。ちょうど高校選びをしていたので、芸能活動と両立できる高校へ。学業と仕事の両立で忙しかったですが、友達も先生も気にかけてくれました」

 

高校時代は文化委員長を務めるなど、模範的な生徒でした。

 

斎藤さんはアイドルとしての活動の傍らで、高校進学後も学習塾に通学するなど、熱心に勉強をしています。

 

そのため高校1年生の時の平均評定は4.3で、学校の成績は基本的に「5」か「4」しかありませんでした。

 

また高校3年生の8月に「何度目の青空か?」で初めて選抜メンバー入りしています。

 

 

ただしシングル表題曲の選抜メンバーになったのはこの曲だけで、最初で最後の選抜入りとなっています。

 

また第1期生のメンバーでももっとも遅い選抜入りとなっています。

 

また当時は受験勉強真っただ中だったので非常に大変だったとコメントしています。

 

  

またやはりと言うべきか、斎藤さんはこの曲が乃木坂46の楽曲のなかでも一番思い入れがある曲だと言っています。

 

高校時代はグループでの活動が多忙ながらも学校の成績はよく、見事に仕事と学業の両立を果たしています。

 

 

なお高校時代の斎藤さんはグループ内では決して目立つ存在ではありませんでしたが、グループのまとめ役として重要な役割を果たしています。

 

スポンサードリンク



 

斎藤ちはるの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:埼玉県 さいたま市立与野東中学校 偏差値なし

 

 

斎藤ちはるさんの出身中学校は、さいたま市内の公立校の与野東中学校です。

 

中学校時代は部活動などはおこなっていなかったようです。

 

斎藤さんは当時からアイドル志望で、中学時代にAKB48のオーディションを受けていますが、不合格になっています。

 

そして中学3年生の時に乃木坂46の第1期生のオーディションを受けて合格し、メンバー入りしています。

 

 

応募した動機は「中学最後の経験としてオーディションを受けてみたい」というもので、高校受験の勉強中に新たに結成する乃木坂46の記事を目にしたと言っています。

 

なおもともと歌は得意でしたがダンスはグループ入りするまでやったことがなかったことから、当時はダンスのレッスンで苦労したそうです。

 

また当時は生田絵梨花さんと中元日芽香さんとともに「中3組」として注目を集めています。

 

そのため以降も生田さんや中元さんとは仲が良く、固い絆で結ばれていると言われていました。

 

 

生田絵梨花の学歴|大学高校や中学校の偏差値|大学は中退?

 

中元日芽香の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

加えて斎藤さんは中学時代は塾にも通っていましたが、グループ入りした後も通学しています。

 

スポンサードリンク



 

斎藤ちはるの学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

斎藤ちはるさんの出身小学校は、さいたま市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

さいたま市立与野八幡小学校

さいたま市立上落合小学校

さいたま市立下落合小学校

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

父親の斎藤伸明さんはアメリカンフットボールの選手で、東洋大学を経てアメフト社会人のトップリーグでもプレーしたほどです。

 

 

現在でも現役を続行しており、「アメフト界のイチロー」の異名をとっています。

 

その縁で斎藤さんもアメリカンフットボールの雑誌の表紙を飾ったこともありました。

 

 

斎藤さんは小学生の頃から新体操をはじめており、リボンが得意でした。

 

当時の夢は新体操でオリンピックに出場することでした。

 

加えて小学校高学年の頃からはミニバスケットボールもはじめています。

 

また当時からファッションモデルや女優に憧れています。

 

 

その他にもモーニング娘。の大ファンだったことから、小学校時代からアイドルにも興味を持っています。

 

そのため小学生時代にはローティーン向けファッション誌の「ニコプチ」の読者モデルをやっていました。

 

 

以上が斎藤ちはるさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

乃木坂46ではさほど目立つ存在ではなかったものの、トーク力を活かしてバラエティー番組などで活躍していました。

 

 

また高校・大学時代はいずれもたゆまぬ努力で仕事と学業の両立を果たしており、それでいてキー局のアナウンサー試験にも合格する快挙も遂げています。

 

このあたりには彼女の頭脳明晰ぶりや努力家ぶりも如実に現れています。

 

アイドルは卒業してしまいましたが、テレビ朝日の入社式では「みなさんと一緒にステキな番組を作っていきたい」と決意表明もおこないました。

 

 

新人アナウンサーとしては異例とも言える入社日にテレビ番組への出演をしており、テレビ朝日の期待の大きさも表れています。

 

斎藤さんのアナウンサーとしての今後の活躍に大きな期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ