中元日芽香の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|勉強が得意だった!

 

乃木坂46の元メンバーで心理カウンセラーに転身した中元日芽香さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。中元さんは勉強が得意で、実は進学校に通学しながらアイドルとして活動していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

 中元日芽香(なかもと ひめか)

 

 

1996413日生

身長161

血液型はO型

 

広島県広島市出身の心理カウンセラー、元歌手、元女優、

乃木坂46の元メンバー

本名同じ、愛称は「ひめたん」

 

以下では中元日芽香さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

小学校4年生からアクターズスクール広島に通い、2010年から広島のローカルアイドルグループ「スプラッシュ」のメンバーとして活動(20135月に卒業) 

20118月に乃木坂46の第1期生のオーディションに合格してメンバー入り。

2013年の7THシングル「バレッタ」で初の選抜メンバーに選ばれる。 

2016年の「オトナヘノベル」でテレビドラマ初出演にして初主演。 

20178月に体調不良を理由として、乃木坂46を卒業することを発表した。

 

中元日芽香の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 人間科学部 eスクール 偏差値なし

 

 

 

中元日芽香さんは、21歳だった2018年4月に早稲田大学に進学しています。

 

高校時代は大学進学も検討していましたが、グループの選抜メンバーに選ばれたことをきっかけに考え直し、芸能活動一本に絞っています。

 

しかし2017年11月に、惜しまれながら乃木坂46を卒業しました。

 

 

同時に芸能界も引退しましたが、翌年の4月に通信制の早稲田大学人間科学部eスクールに進学しています。

 

eスクールは入学試験などがないことから偏差値もありません。

 

また授業やレポートの提出や小テストなどもすべてインターネットを使います。

 

ただし卒業が難しく卒業率は毎年40~50%程度で、4年間で卒業するのはかなり難しくなっています。

 

芸能人や有名人も多数eスクールに進学していますが、卒業したのは中丸雄一さんや羽生結弦さん、いとうまい子さんら少数です。

 

しかも羽生さんは8年、中丸さんは5年かけて卒業しています。

 

中元さんはこの大学に進学した理由についてインタビューで次のように話しています。

 

「乃木坂46卒業を機に臨床心理学の勉強がしたいと考えるようになって、最初は心理学部がある大学を探していたのですが、その中で見つけたのが早稲田大学人間科学部の健康福祉科学科でした。ここなら臨床心理学の勉強もできるし、包括的に人間に関する学びができると思い、受験しました。」

 

 

この大学を受験した際には1次選考と2次選考の間に東京ドーム公演もあったため、忙しく大変だったそうです。

 

大学3年生の2021年のインタビューでは自身の現在の生活について聞かれた際に次のように話しています。

 

「週3ぐらいでカウンセリングのお仕事をして、通信で大学生をして、残りの時間は犬と戯れています(笑)。」

 

中元さんは2018年11月から心理カウンセラーとしての活動を開始しています。

 

 

また芸能界は引退しましたが、たびたびメディアに登場してファンを喜ばせています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

中元日芽香の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 明治学院高校 偏差値68(難関)

 

 

 

中元日芽香さんの出身高校は、私立の共学校の明治学院高校です。

 

同校は1863年開校の伝統校で、日本で最古のキリスト教学校としても知られています。

 

またこの高校は進学校にも関わらず芸能活動を認めていることや系列の明治学院大学への進学を見越して進学したようです。

 

中元さんは中学を卒業するタイミングで母親と妹と共に上京をしています。

 

この高校に在学中は1学年上にTBSの良原安美アナウンサーも在籍していました。

 

高校時代もコンスタントに選抜メンバーに選ばれています。

 

 

 

またグループでの活動のほか、グラビアなどでも人気を誇っていました。

 

 

しかし後述するように中元さんは中学3年生の冬に摂食障害がはじまっていたそうで、高校時代も摂食障害の症状が次のように出ていたことをインタビューで次のように話しています。

 

「嫌なことがあったり、仕事で結果が出なかった時に『食べよう。食べている時は何も考えずにスッキリできるから、また家に帰って食べればいいや』と思うようになって。おいしいと思っていないけど食べるみたいなのが習慣になってしまい、それでまた自己嫌悪に陥るという繰り返しでした。」

 

高校時代は摂食障害に悩みながらも学業と仕事の両立はしっかりとできていたようです。

 

しかし高校卒業後の2016年の年末には症状は深刻になっていたそうで、インタビューで次のように振り返っています。

 

「連続で選抜に入れていただいたのに、この時はもう結構深刻で。現場に行く時間なのに家を出られない。現場に行っても表情が作れない。1人になれる所がないか楽屋をウロウロしたり。明らかに病院に行ったほうがいい状態でした。」

 

そして病院に受診したところ適応障害だと診断されています。

 

この病気が原因で20歳だった2017年1月にグループでの活動を休止しています。

 

 

【主な卒業生】

南沢奈央(女優)

加藤ミリヤ(歌手)

若旦那(湘南乃風)

高見沢俊彦(アルフィー)

 

スポンサードリンク

 

中元日芽香の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:広島県 広島市立井口中学校 偏差値なし

 

 

 

中元日芽香さんの出身中学校は、地元広島市内の公立校の広島市立井口中学校です。

 

中学時代は放送部の部長を務めており、NHK杯放送コンテストなどの全国大会に出場をしました。

 

 

小学1年生の時には小学生時代から通っていたアクターズスクール広島を辞めようと思ったようで、インタビューで次のように話しています。

 

「地元のスクール、ひめたん中1の時に受験のため退学しようと思ったんです。芸能界より他に夢があったから。でも、あの時先生が必死に説得してくれたから今があるんです。」

 

卒業という形で送り出してくれたそうで、その後は広島アクターズスクールが主催する「SPL∞ASH」に在籍をしていました。

 

 

中学3年生のときに乃木坂46のメンバーとなっており、オーディションに応募した理由についてインタビューで次のように話しています。

 

「小学生のときに母の勧めで歌とダンスを習っていて、地元の広島でユニットとして活動したりしていました。将来、芸能界に進むことは考えていませんでしたが、『アイドルって楽しそうだな』と思うようになり、中学3年の夏休みに乃木坂46のオーディションを受けました。」

 

 

なお中元さんは勉強も得意で学校の成績もよく、前記のように高校は進学校に進んでいます。

 

【主な卒業生】

石井杏奈(歌手)

 

中元日芽香の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:広島県 広島市立井口明神小学校

 

 

 

中元日芽香さんの出身小学校は、地元広島市内の公立校の広島市立井口明神小学校です。

 

家族構成は両親と姉、妹の5人家族です(3人姉妹の真ん中)。

 

妹はBABYMETALの中元すず香さんです。 

 

 

中元さんは小学生の頃からアクターズスクール広島に通っていましたが、ダンスや歌が好きで通っており当時の将来の夢はアナウンサーになることでした。

 

以上が中元日芽香さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

乃木坂46時代は人気メンバーのひとりでしたが、残念ながら病気のためアイドルとしての活動は断念しています。

 

しかしその後に心理カウンセラーに転身して、ラジオ番組にもレギュラー出演できるようになりました。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ