池田朱那の学歴と経歴|出身高校(目黒日本大学高校)大学や中学校の偏差値|野球少女だった!

 

女優の池田朱那さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は池田さんは野球少女で、中学校の途中まで野球に打ち込んでいました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

池田朱那(いけだ あかな)

 

 

2001年10月31日生

身長154.5㎝

血液型はO型

 

群馬県伊勢崎市出身の女優

本名同じ

 

以下では池田朱那さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

目次

池田朱那の学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:目黒日本大学高校  通信制課程

出身中学校:伊勢崎市立赤堀中学校

出身小学校:伊勢崎市立赤堀小学校

 

池田朱那の学歴~出身高校(目黒日本大学高校)・大学の詳細・野球少女だった!

 

出身高校:東京都 目黒日本大学高校 通信制課程 偏差値なし

 

 

 

池田朱那さんの出身高校は、多くの芸能人の母校として知られている目黒日本大学高校です。

 

高校を卒業した際に画像をアップしましたが、看板や校舎は目黒日本大学高校のものです。

 

 

(参考)

 

池田さんは中学時代に芸能事務所に所属をしていたことから、この高校の通信制課程に進んでいます。

 

この高校の通信制課程では、以下の人物達と同級生でした。

 

小栗有以(AKB48)

山内瑞葵(AKB48)

久保史緒里(乃木坂46)

阪口珠美(乃木坂46)

 

また後に「乃木坂46」の遠藤さくらさんや賀喜遥香さん、金川紗耶さん、中村麗乃さんも他校から転校してきて同級生になっています。

 

高校入学後に芸能活動を本格的におこなうようになっており、ドラマや映画、舞台などにも出演していました。

 

 

高校生の頃には遅刻をすることが怖かったため、すでに前日のうちに制服など持ち物の準備は終わらせており、早い時は自宅を出る2時間前には起きていました。

 

また朝起きる時にはアラームを止めるために数学の問題を3問解かなければいけないアプリを使用していたとインタビューで語っていました。

 

池田さんは準備が終わるとバラエティー番組を見ながら、時間をつぶしていたとのことです。

 

高校時代にはゲームアプリ「八月のシンデレラナイン」のCMに出演をしたことで話題を集め、野球女子として注目されるようになりました。

 

 

高校3年生の時にはインタビューでカウンセラーに魅力を感じていることから、心理学を勉強したいと明かしていました。

 

また心理学を勉強することで、演技にも活かすことができると考えたとのことです。

 

同じ年の終わりごろに出演していたWOWOWのオリジナルドラマ「虫籠の錠前」では、非常に苦労をしたとのことでインタビューで次のように語っていました。

 

「超能力が使えるけど、記憶喪失になってしまう役だったのですが、自分には現実味が無くて役作りが一番大変でした。その時は、日記を書いて役に近づこうとしました」

 

 

なお池田さんは高校卒業後は大学には進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

当初は大学への進学も検討しましたが、高校時代に注目されたので進路を変更したようです。

 

高校卒業後も女優として活動しており、20歳だった2020年8月には「ふたりの背番号4」ではじめてテレビドラマの主演に起用されています。

 

2022年の夏の甲子園では始球式で投手を務め、ノーバウンド投球で話題になりました。

 

 

この時のものではありませんが、池田さんの投球の動画がありました。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

池田朱那の学歴~出身中学校(伊勢崎市立赤堀中学校)の詳細

 

出身中学校:群馬県 伊勢崎市立赤堀中学校 偏差値なし

 

 

池田朱那さんの出身中学校は、地元群馬県伊勢崎市内の公立校の赤堀中学校です。

 

 

池田さんは出身中学校を明らかにしていませんが出身小学校が判明しており、そちらの小学校の進学先がこの中学校なので間違いないはずです。

 

後述するように池田さんは小学校時代から野球をやっており、中学校に入学後も兄と同じチームに在籍をして野球をやっていました。

 

硬式野球で男子のみのチームでしたが、父親が直談判をしてくれてチームに入ったとのことでした。

 

しかし中学1年生の時にチームメイトとの差が埋まらずに、実力や体力でついていけなくなり挫折をしてしまいました。

 

そしてちょうどこの頃にスカウトをされたため、芸能界の道に進んでいます。

 

池田さんはスカウトされたときのことについてインタビューで次のように語っていました。

 

「母と竹下通りを歩いていた時に、スカウトしていただきました。小学1年生から中学1年生までずっと野球をやっていて遊びに行けなかったので、野球を辞めてから初めての遠出で母と東京へ遊びに来ていました。」

 

スカウトをされる前からすでに芸能界に興味を持っており、ドラマ「名前をなくした女神」や「妖怪人間ベム」などを見ていて、母親から「この役の人は全部同じ人が演じているんだよ」と言われて衝撃を受けました。

 

池田さんはこの時に女優の仕事をすごいと思ったことを明かしています。

 

ちなみにその際にすごいと思ったのは、女優の杏さんでした。

 

中学3年生だった2016年に、舞台「問題のない私たち」で女優デビューを飾っています。

 

 

【主な卒業生】

加藤ナナ(ファッションモデル)

 

スポンサードリンク

 

池田朱那の学歴~出身小学校(伊勢崎市立赤堀南小学校)の詳細

 

出身小学校:群馬県 赤堀南小学校

 

 

 

池田朱那さんの出身小学校は、地元伊勢崎市内の公立校の赤堀南小学校です。

 

池田さんは出身小学校も明らかにしていませんが、小学校時代に出場した陸上大会の記録が残っており、この小学校の出身者であることが判明しています。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

兄は2歳年上で、池田さんは兄の影響で野球をはじめています。

 

 

池田さんは5歳の時に兄のユニホームを勝手に着て、チームのグラウンドに行ったところ、周囲の保護者から危ないとかなり怒られたそうです。

 

チームに入部できるのは小学生からだったため、野球をやりたくていても立ってもいられなかったと当時を振り返っています。

 

そして小学1年生の時に野球をはじめており、小学校時代は野球に熱中をしていました。

 

池田さんは小学4年生のときに出場した大会が一番思い出になっていると話しており、弱小チームでしたが小学4年生までが出場できる大会でベスト4に進出しました。

 

当時は3番のピッチャーとして活躍をしていたとのことです。

 

また小学校6年生の時には、群馬県大会の女子ボール投げの部で優勝しています。

 

以上が池田朱那さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代に注目を集めて、このところは話題作のテレビドラマに起用されています。

 

またグラビアや写真集も好評を博しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次