きつね淡路幸誠の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|柔道をやっていた

 

お笑いコンビ「きつね」の淡路幸誠さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。このところバラエティ番組に引っ張りだこの淡路さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

淡路幸誠(あわじ こうせい)

 

 

1990年2月14日生

身長178㎝、体重65㎏

血液型はA型

 

大阪府堺市出身のお笑い芸人

お笑いコンビ「きつね」のボケ担当

本名同じ

 

以下では「きつね」淡路幸誠さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

淡路幸誠の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:桃山学院大学(中退) 偏差値42~46(学部不明のため)

 

 

 

「きつね」淡路幸誠さんは高校卒業後は、私立大の桃山学院大学に進学しています。

 

淡路さんは英語が得意だったことから、この大学に進学を決めたそうです。

 

なお高校の同級生でもある相方の大津広次さんも同じ大学に進学しています。

 

淡路さんが在籍した学部や専攻した学科は不明ですが、英語が得意ということで国際教養学部(偏差値43)が有力です。

 

詳細は後述しますが淡路さんは高校時代に柔道サークルに在籍しており、部員が5人いたのですがそのうちの4人は同じ大学に進学しました。

 

そして4人で一緒に演劇部に入っており、その中に相方の大津さんもいました。

 

また大学時代にアマチュア芸人としてお笑いライブなどにも出演していました。

 

この活動を学園祭実行委員の人が知っていたことから大学のミスコンのMCに抜擢されて、この時に軽いネタなどもやったそうですが、偶然「松竹に入れへんか?」とスカウトされています。

 

そのため淡路さんは養成所には入らずに、大学2年生の時に松竹芸能の所属になっています。

 

ちなみにその際は現在の相方の大津さんのほかに3人のメンバーがおり、当初は5人組でした。

 

その後に1人が留学のためグループを抜け、もう1人がネタ合わせに遅刻してきたことからクビになっています。

 

なおクビになったのは、現在は「シュテンドウジ」というお笑いコンビで活動している上田遼馬さんです。

 

その後は淡路さんは大津さんと平井さんの3人でユニット「100レノン」を結成しました。

 

淡路さんは本気で芸人になりたいと思っていたため、これ以上大学を続けても奨学金という借金を増やすだけだと思い、大学2年で中退しました。

 

松竹芸能では約2年間にわたり活動していましたが、大津さんが大学4年生の時に辞めています。

 

大学中退後は上京をするためにアルバイトでお金を貯めて、大学を卒業した大津さんと共に上京をし「ホリプロ笑売塾(養成所)」に入っています。

 

この時に平井さんは違う夢ができてしまったことから、養成所には入らずにお笑いを辞めています。

 

そのため以降は淡路さんと大津さんのコンビとなっています。

 

そして養成所に入った時にコンビ名が現在の「きつね」になりました。

 

 

2015年9月にはテレビ番組「PON!」でテレビ初出演をしており、この時披露したのは柔道ネタだったようです。

 

2019年と2020年の歌ネタ王決定戦に出場しており、ともに準優勝となって知名度が上昇しています。

 

 

そのため以降は数々のバラエティ番組に出演するようになりました。

 

また2019年からはYOUTUBEに自身のチャンネル「きつねジム」を開設しています。

 

 

今後は大ブレイクの可能性もあるので楽しみですね。

 

きつね大津広次の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|整形していた!

 

スポンサードリンク

 

淡路幸誠の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:大阪府 堺西高校 偏差値46(やや容易)

 

 

 

「きつね」淡路幸誠さんの出身高校は、府立の共学校の堺西高校です。

 

この高校は1979年開校の公立校で、ダンス部が強豪として知られています。

 

なお相方の大津さんや「シュテンドウジ」の前田さんは高校時代の同級生です。

 

詳細は後述しますが淡路さんは母子家庭で育ったため、母親に負担をかけないように高校1年生の時からアルバイトをしています。

 

高校1年生の時に同じクラスに太った同級生がおり、その子がどうしても柔道をやりたいと言ったことから、大津さんとともに部員を集めて5人で柔道サークルを創設しました。

 

学校に柔道場はあったのですが、柔道を指導してくれる顧問の先生がいなかったことから、街の柔道教室に足を運んで教えてもらったこともあったようです。

 

ただし柔道の腕前は3年間白帯でした。

 

大津さんと初めてステージに一緒に立ったのは高校時代の文化祭だったそうで、この時はお笑いコンビとしてではなくバンドでした。

 

この時に唯一作ったオリジナル曲のタイトルは「誰よりも目立ちたい」だったそうです。

 

ちなみに相方の大津さんは淡路さんの影響で、桃山学院大学に進学しています。

 

きつね大津広次の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|整形していた!

 

【主な卒業生】

前野悠介(お笑い・クロスバー直撃)

 

スポンサードリンク

 

淡路幸誠の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 堺市立三原台中学校 偏差値なし

 

 

 

「きつね」淡路幸誠さんの出身中学校は、地元堺市内の公立校の三原台中学校です。

 

中学時代は陸上部に在籍しており、部活動に励んでいます。

 

淡路さんは陸上部では短距離と跳躍をやっていました。

 

部活動は真剣にやっていたため、三段跳びで堺市の大会で1位になったこともあります。

 

なお相方の大津さんは小学校の同級生でもありますが、中学入学時に引っ越しをしたため別の中学校に通学していました。

 

ただし同じく陸上部に在籍していたので大会などでは顔を合わせていたようです。

 

【主な卒業生】

江川ほーじん(爆風スランプ)

山根康広(シンガーソングライター)

 

淡路幸誠の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

「きつね」淡路幸誠さんの出身小学校は、堺市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

堺市立三原台小学校

堺市立泉北高倉小学校

 

家族構成は母親と2人家族のようです(母子家庭)。

 

淡路さんは母子家庭で育っていますが、そこまで貧しくはなかったとインタビューで話しています。

 

相方の大津さんとは小学1年生の時からの幼馴染で、仲良くなったきっかけは席順が50音順で席が近かったからだそうです。

 

以上が「きつね」淡路幸誠さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にプロの芸人として5人組ユニットでデビューしていますが、紆余曲折を経て大津さんとのコンビとなっています。

 

そして「きつね」は歌ネタ王で注目されて、その後は数々のバラエティ番組に起用されるほどになっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

きつね大津広次の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|整形していた!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ