秋元司の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

自由民主党衆議院議員の秋元司さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。秋元さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

秋元司(あきもと つかさ)

 

 

1971年10月23日生

身長非公表

血液型非公表

 

東京都江東区出身(鹿児島県育ち)の政治家

自由民主党所属の衆議院議員

 

以下では秋元司さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

秋元司の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:大東文化大学 経済学部 偏差値48(やや容易)

 

 

秋元司さんは高校卒業後は、大東文化大学に進学しています。

 

大学へは21歳になる年に入学しており、2年間の浪人生活を経ての進学と思われます。

 

またそのため第一志望は他大学だった可能性もありそうです。

 

秋元さんは大学進学後は自身でベンチャー企業を立ち上げたことをインタビューで述べています。

 

またこの経験から政治家になった後に、ベンチャー企業をバックアップする政策に力を入れてきたとも話しています。

 

秋元さんは当初は政治家を志していませんでしたが、取引先に政治に関わる職業の人がいて選挙の手伝いをしたことがきっかけで政治に興味を持ちはじめています。

 

そして大学2年生だった1993年に、衆議院議員の事務所に学生秘書として入所しています。

 

そのため以降は大学生と秘書を掛け持ちしていますが、大学はキッチリと卒業しています。

 

以降は小林興起衆議院議員の公設第一秘書を経て、32歳だった2004年7月の参議院議員選挙に自民党から出馬して当選しています。

 

若い頃の画像などはありませんが、結婚式の画像がありました。

 

 

その後は衆議院議員に転身していますが、2019年12月にカジノなどの統合型リゾート(IR)事業に参入を目指していた中国企業の関係者が多額の現金を海外から持ち込んだ外為法違反事件で事務所などが家宅捜索されています。

 

 

その際には秋元さんは公式ツイッターで次のようなコメントを発表しています。

 

「本日、事務所なの(※原文ママ)家宅捜査が入りました。大変ご心配おかけしてすいません。ただ、私は、不正なことには、全く関与しておりません。何があろうとも主張して参ります」

 

スポンサードリンク

 

秋元司の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:鹿児島県 武岡台高校 偏差値62~63(やや難関)

 

 

秋元司さんの出身校は、県立の共学校の武岡台高校です。

 

この高校は1987年開校の県立校で、秋元さんは第1期生として入学しています。

 

また同校には開校時から以下の2つの学科が設置されていますが、秋元さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。

 

普通科:偏差値63

情報科学科:偏差値62

 

なお2019年度のこの高校の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

鹿児島大学:55名

宮崎大学:5名

熊本大学:3名

 

鹿児島国際大学:65名

福岡大学:32名

関西大学:3名

青山学院大学:2名

 

秋元さんは高校時代は生徒会の活動に携わっていたことをインタビューで述べています。

 

また何となく政治に憧れがあったかもしれませんが、政治家の家系でなかったことや選挙もよくわからなかったので、当時は「政治家になろう」という気持ちはまったくなかったとも話しています。

 

【主な卒業生】

美里夢乃(元宝塚歌劇団)

 

スポンサードリンク

 

秋元司の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:鹿児島市立吉野東中学校 偏差値なし

 

 

秋元司さんの出身中学校は、地元鹿児島市内の公立校の吉野東中学校です。

 

ただし中学時代のエピソードや情報は見当たらず、学校生活の詳細なども不明です。

 

秋元司の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:鹿児島市立吉野東小学校

 

 

秋元司さんの出身小学校は、地元鹿児島市内の公立校の吉野東小学校です。

 

出身は東京都江東区ですが、小学校入学までに鹿児島市に転居したようです。

 

家族構成や兄弟姉妹の情報も見当たりませんでした。

 

現在は結婚しており、双子の息子の父親になっています。

 

 

秋元さんは小学校時代に学級委員長を務めたことがきっかけとなり、政治に対し関心を持ちはじめたとインタビューで話しています。

 

「学級委員長決めってありましたよね。勉強やスポーツができるクラスの人気者が選ばれたり、クラスによっては先生が指名したりして決められていたと思いますが、私が高学年の頃にはみんながやりたくないという感じになってきたんです。そして、だんだん弱い立場の子が押し付けられるようになってきて「これではいけない!」という正義感から自ら立候補して学級委員を務めるようになりました」

 

以上が秋元司さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

32歳の若さで国会議員となり、2010年の参議院議員選挙では落選も経験していますが、その後は国政に復帰しています。

 

また2017年の第3次安倍改造内閣では国土交通副大臣や内閣府副大臣に起用されるなど、政治家として順調にキャリアを重ねています。

 

ただし2019年12月にIRをめぐる外為法違反の事件で家宅捜索を受けてしまいました。

 

 

今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ