玉城デニーの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

政治家の玉城デニーさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。衆議院議員から沖縄県知事に転身した玉城さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介します

 

玉城デニー(たまき でにー)

 

 

19591013日生

身長164

血液型はO型

 

沖縄県与那城村(現うるま市)出身の政治家、元タレント

本名は玉城康裕(やすひろ)

 

以下では玉城デニーさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

玉城デニーの経歴・プロフィールの詳細

 

当初は福祉関係の臨時職員やインテリア内装業、音響会社などに勤務。 

1989年からローカルタレントとして活動を開始して、ラジオ番組「ふれ愛パンフレット」のパーソナリティを務める。 

他にもラジオ番組「すまいるスタジオ」やテレビ番組「かりゆし劇場」などに出演。 

20025月に沖縄市議会議会選挙に出馬してトップ当選。 

20059月の衆議院議員選挙に民主党から出馬するも落選。 

20098月の衆議院議員選挙に民主党から出馬して初当選。 

20127月に国民の生活が第一が結党されるとこれに合流し、以降は日本未来の党や生活の党などを経て自由党に所属。 

20189月の沖縄知事選挙に出馬して、衆議院議員を退職した。 

私生活では24歳の時に結婚し、二男二女がいる。

 

玉城デニーの学歴~出身大学(上智社会福祉専門学校)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:上智社会福祉専門学校 偏差値なし

※現在は閉校

 

 

 

玉城デニーさんは高校卒業後は、東京の上智社会福祉専門学校に進学しています。

 

同校は上智大学などの上智学院が運営する専門学校で、社会福祉士や保育士などを養成する専門学校です。

 

現在は一部の学科が昼間部に移行していますが、玉城さんが在籍した頃の同校の学科はすべて夜間部でした。

 

また成績優秀者は上智大学人間科学部社会福祉学科に編入できる制度もありましたが、2022年3月に閉校となっています。

 

玉城さんは高校時代に周囲の家族や友人に恵まれていたと感じたことから、「自分も誰かを幸せにしたい」と思いこの専門学校で福祉を学んでいます。

 

また高校時代の友人と話していた時に友人が東京の福祉系の大学に行くと聞いたこともきっかけの一つでした。

 

加えて玉城さんは文系が得意だったことから、現代国語と現代社会、小論文で受験できる学校ということもあったようです。

 

玉城さんは専門学校時代は昼間は酒屋で働いて、夜は同校で学び、さらにその後は歌舞伎町のゲームセンターで働くなどしていました。

 

しかし途中で授業日数が足りなくなり、時間に余裕ができるようになりました。

 

当時のことについては次のように話しています。

 

「その専門学校はまじめに授業を受けていれば2年間で卒業なんですが、僕は授業日数が足りなくて、あと1年間、特別講義を受けなければならなくなり、時間にゆとりができたんです。」

 

玉城さんは再びバンド活動をしようと思い、1年間だけ東京で音楽活動をすることになりました。

 

そして当初は専門学校卒業後は沖縄県に帰ろうと思っており、インタビューでは次のように話していました。

 

「なんか東京にはなじまないというか、東京で働こうとは思えなかったんです」

 

この専門学校では児童指導員と児童福祉士の国家資格が取得することができました。

 

玉城さんは卒業後にはすぐに沖縄に帰って、福祉関係の臨時職員として勤めています。

 

 

30歳だった1989年にローカルタレントとして活動を開始すると、ラジオ番組のパーソナリティなどで人気を得ます。

 

42歳で政治家に転身後は衆議院議員選挙でも4度の当選を果たしています。

 

 

59歳だった2018年に沖縄知事選に当選しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。 

 

スポンサードリンク

 

玉城デニーの学歴~出身高校(沖縄県立前原高校)の詳細

 

出身高校:沖縄県 前原高校 普通科 偏差値38(現在・かなり容易)

 

 

 

 

玉城デニーさんの出身高校は、県立の共学校の前原高校です。

 

この高校は1945年開校の県立校で、スポーツコースを設置していることもあって部活動が盛んです。

 

特に空手部やサッカー部は県内でも強豪として知られています。

 

玉城さんは高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

その一方で高校時代には4人組のロックバンド「ウィザード」を結成しており、ボーカルを務めていました。

 

 

バンドはかなり本格的で、毎日熱心に練習していました。

 

メンバーの中で玉城さんだけが郊外に住んでいたので、他のメンバーがバス代をカンパしてくれたこともありました。

 

そして地元のライブハウスでは人気を集めていたそうです。

 

玉城さんは高校に登校時には鞄すら持っておらず、エレキギターをケースに入れずにむき出しのままで登校するようなヤンチャ少年だったとのことです。

 

また髪型もロン毛でした。

 

 

【主な卒業生】

照屋愛美(ファッションモデル)

くだかまり(タレント)

 

スポンサードリンク

 

玉城デニーの学歴~出身中学校(勝連町立与勝第二中学校)の詳細

 

出身中学校:沖縄県 勝連町立与勝第二中学校 偏差値なし

※現在はうるま市立与勝第二中学校

 

 

 

玉城デニーさんの出身中学校は、沖縄県勝連町(現在はうるま市)内の公立校・勝連町立与勝第二中学校です。

 

中学時代には音楽に興味を持ちはじめています。

 

イギリスのハードロックグループ「ディープ・パープル」などに衝撃を受けてロックバンドに憧れを抱くようになりました。

 

玉城デニーの学歴~出身小学校(与那城村教育区与那城小学校)の詳細

 



 

出身小学校:沖縄県 与那城村教育区与那城小学校

※現在はうるま市立与那城小学校

 

 

 

玉城デニーさんの出身小学校は公立の与那城村教育区与那城小学校です。

 

父親はアメリカ人で、母親は日本人のハーフです。 

 

父親は沖縄駐留の米軍人でアメリカに帰った父親を母親は追いかけなかったため、以降は母子家庭で育っています。

 

 

当初はアメリカに渡航することを前提としていたため、「デニス(Dennis)」という名前が付けられていました。

 

母子家庭だったことから母親は生活費を稼ぐために、玉城さんが1歳の時に知人の自宅に預けています。

 

そして飲食店で住み込みで働いていました。

 

玉城さんは育ての親を「おっかあ」と呼び、実母を「アンマー」と読んで育っており、「この2人の母がいて、今の僕がある」と語っています。

 

玉城さんが物心つく前には父親の写真や手紙はすべて母親が処分をしていました。

 

父親のことを知りたいと思い、根掘り葉掘り聞いたこともありましたが母親は「全部忘れた」としか答えてくれなかったとのことです。

 

 

10歳の頃から実母と暮らすようになっており、名前を「康裕」に改名しています。

 

玉城さんはハーフという理由でいじめに遭っており、「嫌なーアメリカー(嫌なアメリカ人)」と悪口を言われて差別や暴力を受けることもありました。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「もうそれはハーフとして生まれた者の宿命みたいなもの。ヤンキーの先輩からもいろいろいじられましたよ」

 

以上が玉城デニーさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初は沖縄のローカルタレントとして活動していましたが、後に政治家に転身しています。

 

 

衆議院議員を経て沖縄県知事になっていますが、米軍基地の問題など難問も多く残っています。

 

その政治的手腕にも期待ですね。

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ