高梨沙羅の学歴|出身大学高校や小中学校の偏差値と高校時代や経歴

高梨沙羅(たかなし さら)

 

%e9%ab%98%e6%a2%a8%e6%b2%99%e7%be%85

 

1996年10月8日生

身長152㎝

 

北海道上川町出身の女子スキージャンプ選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と4歳年上の兄。

 

小学校2年生からジャンプ競技を始め、2009年にわずか12歳でコンチネンタルカップに出場。

 

2010年のオーストリアでおこなわれたコンチネンタルカップで、史上最年少で初優勝し頭角を現す。

 

 

2014年1月にはワールドカップ通算17勝を挙げて、日本人の歴代最多勝利記録保持者となる。

 

同年金メダルの大本命として臨んだソチオリンピックでは、まさかの4位に終わりメダルを逃がす。

 

 

2015年-2016年のシーズンでは17戦14勝の圧倒的な強さを見せる。

 

 

2018年2月の平昌オリンピックでは銅メダルを獲得。

 

 

同年3月に男女通じて歴代最多勝となるワールドカップ54勝目を挙げた。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:上川町立上川小学校

 

出身中学校:上川町立上川中学校

 

高梨沙羅さんの出身小学校・中学校は、いずれも地元の上川町内の公立校です。

 

父親と兄がスキージャンプの選手だった影響から小学校2年生の時からジャンプをはじめますが、はじめて飛んだ際の浮力感に魅了されています。

 

小学生時代には頭角を現していますが、当時は女子の大会だけではなく、男子の大会に出場するほどでした。

 

 

また父親の寛也さんの指導は当時から「世界」を見据えたスパルタで、体育館に跳び箱と椅子を重ねて「ジャンプ台」を作り、そこから床に敷いたマットへうつ伏せにダイブするトレーニングなどをおこなっていました。

 

多くの選手が恐怖でバランスを崩す中、高梨選手は難なくこれをこなしました。

 

また4歳の時から10年間クラシックバレエを習っており、この経験もスキージャンプに活かされています。

 

中学時代は中学1年生の終わりに国際大会デビューを飾ると、中学2年生で出場したコンチネンタルカップで初優勝。

 

これは国際スキー連盟の公認大会での女子選手史上最年少の優勝記録という快挙でした。

 

そして中学3年生の時にはワールドカップで初優勝をして、シーズン個人総合でも3位となっています。

 

そんな高梨さんですが意外にも球技が苦手で、当時の体育の成績は「3」だったとのこと。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:北海道 グレースマウンテンインターナショナルスクール偏差値 なし

 

高梨沙羅さんの出身校は、北海道旭川市にあるグレースマウンテンインターナショナルスクール。

 

この学校はキリスト教系のインターナショナルスクールで、幼稚園から高校までの一貫教育をおこなっています。

 

また全校生徒は20人あまりと非常に小規模で、高梨さんが入学した際には高校生は高梨さんのみの在籍でした。

 

高梨さんがこの学校に進学した理由は英語を学ぶためです。

 

なおこの学校は文部科学省が認めた学校ではないことから、卒業するだけでは高卒の資格が取れずに、別途高校卒業程度認定試験(旧大検)などを受験する必要もあります。

 

高梨さんは入学からわずか4か月後にこの試験に合格。

 

その間、なんと1日11時間の猛勉強をしたそうです。

 

しかも旧大検の試験は高校3年生で学ぶ内容も出題されることから、高梨さんはわずか4か月間で高校3年間で学ぶことを学習したようですね。

 

このことから彼女は非常に努力家であることや利発であることが窺えます。

 

なお高梨さんはトレーニングや海外遠征などもあって、ほとんどこの高校には通学できていません。

 

しかし高校時代にはジャンプ選手として驚異的な成長を遂げて、高校1年生でワールドカップ8勝を挙げシーズン個人総合でも優勝。

 

高校2年生の時にはシーズン10勝を挙げて、シーズン個人総合でも2連覇を達成するなど、圧倒的な強さを発揮しています。

 

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:日本体育大学 体育学部体育学科 偏差値45(容易)

 

高梨さんは日本体育大学に進学しますが、何と入学時は17歳の飛び級入学です。

 

旧大検を4カ月で合格したかと思えば、今度は大学の飛び級入学です。

 

しかもそれでいて競技でも世界トップクラスの成績を残しながらです。

 

日体大に進学したのも競技のためと思われますが、恐らく競技のことを考えなければ、かなりの難関大学も合格したと思われます。

 

アスリートといえばどうしても競技優先で学業も疎かになってしまうのもやむを得ないところですが、彼女はその鏡ともいえる稀有な選手です。

 

まさに文武両道を地でいっている高梨選手ですが、こういう選手にこそ念願のオリンピックでの金メダルをぜひとも獲得してほしいですね!!

 

平昌オリンピックでは銅メダルでしたが、次の北京オリンピックでのリベンジを期待しましょう!

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ