川村あんり(モーグル)の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

モーグル選手の川村あんりさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。上村愛子さん以来の現役女子高生でのワールドカップ優勝の快挙を成し遂げた川村さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

川村あんり(かわむら あんり)

 

 

2004年10月15日生

身長153㎝

血液型は非公表

 

東京都東久留米市出身のフリースタイルスキー(モーグル)選手

本名同じ

 

以下では川村あんりさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

川村あんりの学歴~出身高校(日本体育大学桜華高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 日本体育大学桜華高校 偏差値40(容易)

 

 

 

川村あんりさんの出身高校は、私立の女子校の日本体育大学桜華(おうか)高校です。

 

この高校は1958年開校の日本体育大学の系列の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

川村さんは高校に進学するタイミングで活動拠点を東京に移し、この高校に進学しています。

 

 

この高校ではスノーボード選手らとともに、特別競技部に在籍して競技に励んでいます。

 

中学3年生の時に国際大会にデビューしたので、高校時代も世界大会に出場しています。

 

 

そのためシーズン中はほとんどワールドカップの参戦などで、世界中を転戦しています。

 

そのため学校に通うことができずに寂しい思いをしているそうですが、その思いは活躍するたびに送られてくる友人からのメッセージで癒されており、このことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「みんな優しいメッセージを送ってくれるので、つらくなったときに見返して“頑張ろう”と改めて思えます」

 

高校2年生だった2021年12月には、ワールドカップ今季モーグル第2戦でワールドカップ初優勝を飾りました。

 

 

 

川村さんは男子モーグル金銀を獲得した堀島行真さんと原大智さんと共に表彰台にのぼったことについて、自身のSNSで「ずっとずっと夢だった、わたしの夢のひとつが叶いました」と喜びを投稿しました。

 

この優勝によってモーグル選手として大きな注目を集め、北京オリンピックの選手にも内定しています。

 

 

川村さんは北京オリンピックに向けても意気込みについてはインタビューで、次のように話しています。

 

「楽しんで滑るというのをしっかり出せば結果もついてくると思うので、まずはベストな滑りをするという目標で頑張りたい。初めてのオリンピックで金メダルをとりたい。」

 

北京オリンピックでの活躍にも期待ですね。

 

 

なお川村さんは2021年の時点で、インタビューなどで大学進学などについては述べていません。

 

とは言え通学している高校が日本体育大学の系列校なので、日本体育大学に進学する可能性が高そうです。

 

このあたりについては何か判明したら追記しておきます。

 

スポンサードリンク

 

川村あんりの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:新潟県 湯沢学園 偏差値なし

 

 

 

川村あんりさんの出身中学校は、新潟県湯沢町内の公立校の湯沢学園です。

 

この中学校はもともとは湯沢町立湯沢中学校でしたが、2014年に湯沢町立湯沢小学校と統合されて小中一貫教育の湯沢学園になっています。

 

後述するように川村さんは小学校時代は週末に新潟県湯沢町に行き、スキーの練習をする日々を送っていました。

 

しかし母親の「中途半端になるより、冬は湯沢に滞在して、ずっとスキーをやろう」という考えより、中学校に入学を機に母親と2人で湯沢町に移り競技に取り組んでいます。

 

 

父親は東京都に残って仕事をしており毎週末に湯沢町で合流をしていましたが、「寂しい思いもありますけど」と番組内でコメントを残しました。

 

また川村さんは13歳の時にはフリースタイルスキーのチーム「チームジョックス」に所属していました。

 

川村さんは湯沢学園9年生(中学3年生)だった2019年には初出場したワールドカップで2位に入りいきなり表彰台に立っており、国際スキー連盟(FIS)の最優秀新人賞に選ばれています。

 

また同じシーズンの全日本選手権でも初優勝をしました。

 

しかし川村さんは「できなかったこともあり悔しかった」とこのシーズンを振り返りました。

 

 

とは言え国際大会の衝撃的なデビューによって、この頃から将来のオリンピック候補と期待されています。

 

スポンサードリンク

 

川村あんりの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:新潟県 湯沢学園

 

 

 

川村あんりさんの出身小学校は、公立校の湯沢学園です。

 

家族構成は両親と3人家族のようです。

 

父親の修一さんと母親の愛子さんは元実業団のアイスホッケー選手でした。

 

川村さんは3歳の時にスキーをはじめています。

 

 

スキー愛好家の祖父が湯沢町にリゾートマンションを持っていたことから、そこを拠点に毎週末に東京都内から滑りに行くようになりました。

 

4歳の時に大会に出場をしており、ジャンプ台は飛びませんでしたが転ぶことなく完走をしました。

 

そしてモーグルチームに声をかけらており、本格的に競技をはじめています。

 

スキーをはじめたきっかけについてはインタビューで次のように話しています。

 

「(きっかけは)お爺ちゃんにスキー場に連れていってもらったことです。子どもながらに楽しいと思うことがあり、現在も続けています」

 

川村さんは子供の頃にはバレエも習っていました。

 

 

川村さんの自宅は東京都東久留米市にありましたが、当初は週末のみ新潟県に通って練習をしていました。

 

また後に冬場だけ湯沢学園に通学するようになっています。

 

なお冬場以外は東京都東久留米市内の公立校の東久留米市立第六小学校に通学していました。

 

 

 

川村さんは2014年のSAJ(全日本スキー連盟)公認大会で初優勝を果たしており、それからは大会で上位の成績を残すようになりました。

 

以上が川村あんりさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

中学時代からモーグル選手として頭角を現していましたが、2021年のワールドカップで初優勝してにわかに大きな注目を集めています。

 

 

現役女子高生がワールドカップで優勝するのは、上村愛子さん以来の快挙です。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ