本田真凛の学歴|出身大学高校中学校や小学校の偏差値と可愛いい学生時代の画像

 

フィギュアスケート選手の本田真凛さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。本田三姉妹の長女の真凛さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

本田真凛(ほんだ まりん)

 

 

2001821日生

身長162

血液型はA型

 

京都府出身のフィギュアスケート選手

 

以下では本田真凛さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2歳からスケートをはじめ、2013年に日本スケート連盟の強化選手にはじめて選ばれる。 

2014年にアジアフィギュア杯で3位に入賞し、全日本ジュニア選手権では4位入賞。 

2015年の世界ジュニア選手権で初選出ながら優勝の快挙を遂げる。

2017年の世界ジュニア選手権では200点超えをマークしたものの2位に惜敗。

201718年のシーズンにシニア入りを果たした。

 

本田真凛の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治大学 政治経済学部 偏差値64(やや難関)

 

 

 

本田真凛さんは2019年12月に明治大学に進学することを明らかにされています。

 

進学するのは政治経済学部で、一般受験ではなくスポーツ特別入試(スポーツ推薦)での進学です。

 

 

この大学に進学したことを本田さんは次のようにインタビューで話しています。

 

「将来自分が何をするにしても、大学は卒業しておきたいと思っていました。新葉ちゃん(樋口・商2=開智日本橋学園)など知っている先輩も多くいますし、明大ってなんかすごいじゃないですか(笑)。そんな憧れはありました」

 

ちなみに本田さんは大学時代の目標をインカレに出場することと、全日本選手権に兄妹4人で出場することと定めています。

 

本田さんは大学進学後もフィギュアスケートを続行することを明言しています。

 

ただしフィギュアスケートの競技は大学までとも決めています。

 

中学時代に「ポスト浅田真央」として大きな注目を集めた本田さんですが、大学卒業と同時にフィギュアスケート選手を引退する予定です(プロのスケーターに転向する可能性はあり)。

 

ちなみに2018年の世界選手権で銀メダルに輝いた樋口新葉さんも明治大学に在籍しています。

 

高校時代はグランプリシリーズ出場などで全日本選手権の予選を免除されていましたが、その後の不調のため大学進学後は東日本選手権などの予選に出場して全日本選手権の出場権を争っています。

 

大学1年生だった2020年の東日本選手権でシングル10位となって全日本選手権の出場権を獲得しています。

 

 

また復活を期待されたこの年のNHK杯では、ミスを連発して女子シングル9位に終わっています。

 

 

さらに大学に進学した2020年には、妹の望結さんや紗来さんとともにYOUTUBEチャンネル「本田姉妹やで」を立ち上げています。

 

 

するとチャンネルは瞬く間に40万人以上がチャンネル登録をしています。

 

本田紗来の学歴|出身中学校や高校の偏差値|かわいくて頭もいい!

 

本田望結の学歴|出身中学校高校や小学校の偏差値と学生時代

 

 

本田真凛の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:関西大学高等部 偏差値66(難関)

※青森山田高校普通科スポーツコース(偏差値38)に転校

 

 

 

本田真凛さんが進学したのは、私立の共学校の関西大学高等部です。

 

この高校は2010年に開校した新しい高校ですが、関西の名門私大の関西大学に進学できることから開校当初から高い人気を誇っています。

 

後述するように本田さんはこの高校の系列校に通学していたことから、内部進学しています。

 

 

高校入学の際には本田さんはインタビューで次のように抱負を話しています。

 

「制服が違うので、去年よりもちょっとでも、精神的にも、見た目でも、成長できていたら」

 

また高校時代は外部からの進学者とも遊びたいとしています。

 

「中学の時はスケートの子と遊ぶことが多かった。外部から入ってくる友達とも一緒に遊びたい。練習をメインにしながら、時間のある時に遊んでいきたい」

 

 

高校1年生の時にシニアデビューをしており、翌年の平昌オリンピックの出場を目標にしています。

 

しかし平昌オリンピックの代表選考も兼ねた2017年の全日本選手権では、シュートとフリーでともにジャンプにミスが出て7位に終わったしまい、オリンピックの出場を逃しています。

 

 

その際には涙をぬぐいながらリンクを去っており、「自分が目指していた演技ができなかった。自分のスケートというものができなかった。いざ滑ってみると緊張して思うような演技ができなかった」とインタビューで語っています。

 

 

ジュニア時代の成績やそのルックスの良さから当時の本田さんは「ポスト浅田真央」との大きな期待を背負っていましたが、大一番では重圧に負けてしまっています。

 

当時の周囲の期待はかなり大きく、テレビ番組や雑誌などでもたびたび特集が組まれていました。

 

 

そして高校2年生の時には本田さんは日本航空アイススケート部と所属契約を交わしています。

 

またこの年の全日本選手権ではショート・フリーともに精彩を欠いて、自己ワーストの15位に沈んでいます。

 

そして本田さんは高校3年生に上がるタイミングで、関西大学高等部から青森山田高校普通科スポーツコース(偏差値38)に転校しています。

 

 

 

この高校に転校したのは高校3年生の4月から、練習拠点をアメリカに移すからです。

 

高校に通学できないとなると関西大学高等部での進級は厳しくなってしまうのですが、青森山田高校は競技活動に理解のあることで知られ、通信制も設置していることから実際に学校に通学できなくともレポートなどの提出によって進級や卒業も可能です。

 

過去にテニスの錦織圭選手や卓球の福原愛選手も同校に在籍し、世界を転戦しながら高校卒業の資格を取得しています。

 

ちなみに本田さんは青森山田高校に転校した際に、インスタグラムで新しい制服姿を披露しています。

 

 

またアメリカでは浅田真央さんのコーチを務めたラファエル・アルトゥニアンさんに師事しており、リベンジも誓っています。

 

なおコロナ禍で卒業式も危ぶまれましたが、2020年3月に無事に高校を卒業したことを報告しています。

 

 

スポンサードリンク

 

本田真凛の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:関西大学中等部 偏差値64(やや難関)

 

 

 

本田真凛さんの出身中学校は、私立の共学校の関西大学中等部です。

 

この中学校は高校に併設している系列校のため、前述のように高校へは内部進学で進んでいます。

 

(中学生の頃)

 

本田さんは中学時代に頭角を現して、中学校2年生の時には世界ジュニア選手権で初出場ながら初優勝という快挙をやってのけています。

 

 

また日本の女子選手が世界ジュニア選手権のシングルで優勝するのは、村上佳菜子さん以来6年ぶりのことでした。

 

 

ちなみにこの際には決して下馬評は高くなかったものの、ショートとフリーでともにベストスコアを大幅に更新して快挙を成し遂げて、一躍時の人となっています。

 

この際には本田さんは次のように話しています。

 

「全然緊張しませんでした。世界ジュニアは獲れる気がしていたので、落ち着いてイメージどおりの演技ができました。あっという間に終わりました」

 

そして中学3年生の時には連覇をかけて世界ジュニア選手権に挑み、ジュニア選手としては史上2人目の200点越えを記録(201.61)していますが、惜しくも2位に終わっています。

 

このような中学時代の活躍もあって、長らく日本の女子フィギュアスケート界をけん引してきた浅田真央さんの後継者と言われるようになっています。

 

スポンサードリンク

 

本田真凛の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:大阪府 関西大学初等部

 

 

 

本田真凛さんの出身小学校は、私立の共学校の関西大学初等部です。

 

家族構成は両親と5人きょうだいの7人家族です。

 

きょうだいの中では次女(3番目)で、兄と三女の望結さん、四女紗来さんもフィギュアスケートの選手です。

 

 

望結さんと紗来さんは女優として活動もしています。

 

本田さんの実家では小さい頃から絵本の読み聞かせをおこなっており、自宅に絵本が400~500冊もあるほどです。

 

その影響もあり本田さんは文章が上手で、毎年読書感想文で受賞していました。

 

このあたりについては本田さんのお母さんが次のようにインタビューで話しています。

 

「兄妹みんなよく本を読むんですけど、真凜は暇さえあれば本を読んでいる。これで、視野や価値感、創造力も広がったように思います」

 

本田さんは当初は地元である京都の小学校に通学していましたが、8歳だった20104月に同校の開校とともに編入しています。

 

子どもの頃からスケートに加え、アイスホッケーや水泳、体操、テニスと様々なスポーツに取り組んできました。

 

 

また本田さんは小学校時代から公文式に通学して、勉強も熱心におこなっています。

 

公文式では数学、国語、英語の3科目で京都府内で1位になったこともあり、成績も非常に優秀でした。

 

さらに公文式のほかにも幼児英才教育の「EQWELチャイルドアカデミー」にも4歳の頃から通学しています。

 

関西大学初等部ではフィギュアの名門である関西大学のスケートリンクを使用することができるので、入学とともにフィギュアスケート一本に絞っています。

 

本田さんは10歳の頃にはノービズの強化して選手に選ばれて、翌年からは早くも世界大会に出場しています。

 

 

以上が本田真凛さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

中学時代はいきなり世界ジュニア選手権で優勝をして世間をあっと言わせていますが、高校時代はやや伸び悩んでいます。

 

 

とは言え、浅田真央選手や村上佳菜子選手ら人気選手が相次いで引退した女子フィギュア界のスター候補として名前も挙がっています。

 

もちろんオリンピックの有力な候補でもありますし、今後の成長次第では世界的な選手になる可能性も秘めています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 3月頃の写真 いいなー寒そう 今日は18歳最後の日〜

本田真凜 Marin Honda(@marin_honda)がシェアした投稿 –

 

素質の高さは折り紙つきなので、大きな飛躍を期待しています。

 

本田紗来の学歴|出身中学校や高校の偏差値|かわいくて頭もいい!

 

本田望結の学歴|出身中学校高校や小学校の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ