竹内まなぶ(カミナリ)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

竹内まなぶ(たけうち まなぶ)

 

竹内

 

1988916日生

身長175㎝ 体重65kg

血液型はO型

 

茨城県出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「カミナリ」のボケ担当

本名は竹内学

 

以下では竹内まなぶさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2013年に幼なじみだった石田たくみとお笑いコンビ「カミナリ」を結成し、自ら売り込んで芸能事務所に所属。

 

竹内1

 

当初はコントが中心だったが、2015年のM-1グランプリ出場を境に漫才にシフトしていく。

 

2016年のM1グランプリで決勝進出を果たして注目される。

 

 

以降はテレビでの露出が増えて、「ぐるナイ」や「ナカイの窓」などのバラエティー番組に出演。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部経済学科(中退) 偏差値70(超難関)

 

 

竹内まなぶさんは高校卒業後は、名門大学の早稲田大学に進学しています。

 

二年間の浪人生活を経ましたが、同大の看板学部である政治経済学部に入学できる学力はたいしたものです。

 

また2浪での受験の際はこの大学を含めて、10もの大学や学部に合格したので、かなり受験勉強は頑張ったようです。

 

しかし大学時代はサークル活動に没頭して、学業に打ち込みませんでした。

 

そのため6年半在籍したものの、取得単位は40数単位というさんざんなもので、結局は大学も中退してしまっています。

 

ちなみに所属したサークル内には恋愛禁止のルールがありましたが、卒業パーティーでカミングアウトしたところ、竹内さん以外のメンバー同士が交際していたことが発覚しています。

 

とは言え、大学3年生の時にお笑いコンビ「カミナリ」を結成し、2016年のM-1グランプリ決勝進出を機に注目されています。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:茨城県 緑岡高校 偏差値66(難関)

 

 

竹内まなぶさんの出身校は、県立の共学校の緑岡(みどりおか)高校です。

 

茨城県内有数の進学校として知られ、難関大学に進学する卒業生も少なくありません。

 

竹内さんは高校時代はサッカー部に在籍していましたが、レギュラーではなく補欠でした。

 

ただし試合が残り5分くらいのころに出場して、Vゴールを決めたことが3、4回あることをテレビ番組で語っています。

 

なお相方の石田さんは高校生の頃からお笑い芸人になることを目指しており、竹内さんは高校2年生の時からコンビを組もうと勧誘されていましたが当時は実現しませんでした。

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:旭村立旭中学校

※現在は鉾田市立

 

 

竹内まなぶさんの出身中学校は、旭村立旭中学校です。

 

出身の旭村は2005年の合併により、現在は鉾田市になっています。

 

相方の石田さんとは遠縁の親戚で、幼稚園からの幼馴染という間柄で、幼稚園と中学校は同じ学校に通学しています。

 

竹内さんは中学時代までは「仕切り屋」で、卒業文集にも「面白い人」や「将来有名になりそうな人」、「クラスを引っ張ってた人」などすべてのランキングで1位だったとインタビューで話しています。

 

 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:旭村立旭東小学校

※現在は鉾田市立

 

竹内まなぶさんの出身小学校は、旭村立旭東小学校です。

 

実家は鮮魚店の「スーパータケウチ」を経営しています。

 

 

3人きょうだいの真ん中(姉と妹がいる)ですが、お姉さんや妹さんも以前テレビ番組に出演したことがあります。

 

 

なお竹内さんの小学生時代の情報はほとんどありません。

 

また石田さんとは幼稚園と中学校は同じ学校に通っていましたが、小学校は別の学校でした。

 

以上が「カミナリ」竹内まなぶさんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

コンビはM-1グランプリでの決勝進出を機に、にわかに注目を集めて多くのテレビ番組に出演しています。

 

「茨城弁のどつき漫才」と称される個性派でありますし、さらに芸を磨いていけば大ブレイクの可能性も秘めています。

 

今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ