平山浩行の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

平山浩行(ひらやま ひろゆき)

 

平山

 

19771017日生

身長185

 

岐阜県出身の俳優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

25歳だった2003年に、オーディションに合格してドラマ

「高原にいらっしゃい」で俳優デビュー。

 

2004年に出演したNHKの朝ドラ「天花」を経て、2005年の映画

「男たちの大和/YAMATO」の演技で注目される。

 

2007年に菅野美穂と出演した「チオビタドリンク」のCMが話題になる。

 

平山1

 

その後は数多くのドラマや映画に出演。

 

ドラマでは「篤姫」や「JIN-仁-」、「全開ガール」、「ファースト・クラス」、

「医師たちの恋愛事情」などの話題作の連続ドラマに出演。

 

映画では「東京タワー」や「ROOKIES」、「本能寺ホテル」などに

出演している。

 

また2011年に映画「それでも花は咲いていく」で初主演を果たした。

 

2017年12月に一般人女性と結婚して子供がいることが判明した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岐阜県 岐阜聖徳大学附属高校 偏差値43(容易)

※現在は岐阜聖徳学園高校

 

平山浩行さんの出身校は、私立の共学校の岐阜聖徳大学附属高校です。

 

同校は20123月で廃止されましたが、名称を岐阜聖徳学園高校に変更し

存続しています。

 

穂積町立穂積中学校(現在は瑞穂市立)から同校に進学しています。

 

平山浩行さんは高校時代はラグビー部に所属しており、ラグビー一色の

高校時代を送っていました。

 

ただし、中学生の頃から俳優を志しており、当時も将来の夢は役者でした。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

平山浩行さんは高校卒業後は大学に進学せずに、俳優を目指します。

 

上京はしたものの俳優養成所などには通わずに、アルバイトをしながら

オーディションを受け続けていました。

 

ところがなかなかうまくいかずに、ようやくオーディションを勝ち抜いて

デビューしたのは25歳の頃です。

 

その後は出演した映画「男たちの大和」で注目されると、多くのドラマや

映画に起用されるようになります。

 

現在でもベテランらしい安定した演技で、連続ドラマの主要キャストなどにも

起用されています。

 

これまで主演作はほとんどありませんが、脇役としての存在感や演技も光ります。

 

ドラマの引き立て役である貴重なバイプレーヤーですから、今後の活躍にも

期待です。

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ