大坂なおみの学歴|出身小中学校高校や大学の偏差値と経歴

 

大坂なおみ(おおさか なおみ)

 

 

19971016日生

身長180㎝、体重69kg

 

大阪府出身のプロテニス選手

 

以下では大坂なおみさんの学歴や経歴、出身高校や大学のレベル・難易度、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



父親はハイチ系アメリカ人で母親は日本人のハーフ、姉の大坂まりもプロテニス選手。

 

 

大阪市に在住していた3歳の頃にテニスをはじめ、2001年にアメリカに移住。

 

14歳だった2011年にツアーデビューし、2013年にプロ転向。

 

20147月のバンク・オブ・ウェスト・クラシックではじめて本戦に進出し、1回戦で2011年の全米オープンの覇者のサマンサ・ストーサーに勝利。

 

2016年の全豪オープンと全米オープンでそれぞれ3回戦まで進出し、WTAアワード最優秀新人賞を受賞。

 

2017年の全米オープンで前年の覇者のアンゲルク・ケルバーに勝利。

 

 

2018年のインディアンウェルズ・マスターズでツアー初優勝を遂げた。

 

 

2018年9月に四大大会の全米オープンテニス・女子シングルスに優勝する偉業を達成。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:ニューヨーク 私立アルデン・テラス小学校

※小学校4年生からはフロリダ州の小学校に転校

 

大坂なおみさんが入学したのニューヨークの私立小学校のアルデン・テラス小学校です。

 

生まれたのは日本の大阪市で、ハイチ出身の父親のレオナルド・フランソワさんは当時は大手語学学校の英語講師をしていました。

 

母親の大坂環さんは北海道根室市出身の日本人。

 

大坂さんは3歳の頃から1歳年上の姉の影響でテニスを始めていますが、直後にアメリカのニューヨーク州に移住しています。

 

金銭的にさほど余裕がなかったので、父親がテニスのコーチを務めて、母親が日系企業で働いて家計を助けています。

 

 

そして8歳の時にフロリダに移住して、現地の小学校に編入して卒業しています。

 

小学生時代はテニスだけではなく、陸上やバスケットボールなどもやっていました。

 

9歳の時に姉のまりさんとペアを組んで、日本でおこなわれた全日本公共公園テニス選手権に出場してダブルスで優勝を飾っています。

 

また11歳の時に将来性を見込まれて、ヨネックスとスポンサー契約を結んでいます。

 

 

出身中学校:フロリダ ブロード・バーチャル中学校

 

大坂なおみさんは小学校卒業後は、ブロワード・バーチャル中学校に進学しています。

 

同校はインターネットなどを使ったバーチャルスクールで、通信制の中学校です。

 

テニスプレーヤーとして各地を転戦することから、この学校を選んで入学したようです。

 

プロツアー資格が認められる14歳でデビュー後はジュニア大会には出場せずにツアー下部大会に出場しています(プロ転向は16歳の時)。

 

出身高校:フロリダ ブロード・バーチャル高校

 

大坂なおみさんは中学校卒業後は、系列のブロワード・バーチャル高校に進学しています。

 

中学・高校ともにバーチャルスクールなのでさほどレベルは高くはありませんが、17歳の6月に2学年飛び級で卒業しています(アメリカは10月が始業なので)。

 

前年にプロに転向してツアーにも出場しており、テニス学校のハロルド・ソロモン・アカデミーにも通っていながら飛び級で高校を卒業しており、勉強は得意のようですし、恐らくは努力家でもあるようです。

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:フロリダ大学(中退) 学部不明 難関

 

※訂正

大坂なおみさんはどうやらフロリダ大学には進学していないようです。当初はWIKIPEDIAにも「フロリダ大学中退」の記載がありましたが現在は削除されています。

 

大坂なおみさんは、高校卒業後はフロリダ大学に進学しています。

 

同大はアメリカの公立大学の名門校として知られ、全米でも3番目の規模を誇るマンモス大学です。

 

また同大はスポーツが非常に盛んで、野球やアメリカンフットボール、バスケットボールなどで名選手を輩出しています。

 

同大は優秀なアスリートを多数受け入れているので、大坂さんの場合も恐らくはスポーツ推薦などでの入学でしょう。

 

しかしツアーなどが多忙となって、ほどなくして大学は中退しています。

 

とは言え以降の活躍は周知の通りで、各大会で名のある実力者たちを倒しながら世界ランキングを上昇させていきました。

 

そして2018年には四大大会に次ぐグレードのプレミア・マンダリートーナメントであるインディアンウェルズ・マスターズで優勝。

 

男子の世界的なプレーヤーである錦織圭選手が同格のマスターズ1000に未勝利であることを考えれば、信じられないほどの快挙です。

 

そして弱冠20歳にしてグランドスラムの全米オープンテニスに優勝。

 

もはやその勢いは留まらず、世界のTOPプレーヤの仲間入りも果たしています。

 

今後も故障なく成長を遂げれば一時代を築くほどのプレーヤーになる可能性もあり、さらなる大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ