光石研の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

光石研(みついし けん)

 

 

1961926日生

身長173㎝ 体重63kg

 

福岡県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1978年にオーディションを経て、映画「博多っ子純情」でいきなり主演デビュー。

 

 

1980年の「ただいま放課後」でテレビドラマ初出演。

 

1981年に出演した「セーラー服と機関銃」や「男はつらいよシリーズ」などの映画で注目される。

 

 

以降も数えきれないほどの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「おしん」や「踊る大捜査線」、「ケイゾク」など。

 

「童貞物語」や「カイジ」、「恋人たち」などの映画にも出演している。

 

 

1998年の「シン・レッド・ライン」でハリウッド映画初出演。

 

 

多くのドラマや映画に出演しているが、舞台出演はほとんどない。

 

29歳の時に結婚しているが、子供はいない。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 東海大学附属第五高校 偏差値40程度(当時)

※現在は東海大学福岡高校(偏差値4155

 

光石研さんの出身校は、私立の共学校の東海大五高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にサッカー部は県内では名門として知られています。

 

光石さんは北九州市立黒崎中学校から同校に進学しています。

 

子供のころの夢は俳優ではなく、漫画家でした。

 

16歳の時に映画のエキストラのオーディションを受けたところ主役に抜擢されて、華々しいデビューを飾っています。

 

高校時代は学業優先だったようでさほど多くの作品に出演していませんが、高校3年生の時から映画「男はつらいよシリーズ」に出演を開始しています。

 

【主な卒業生】

KENZODA PUNP

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

光石研さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業後からは本格的に俳優として活動をはじめており、以降はコンスタントに多くの作品に起用されています。

 

ほとんどが脇役での出演ですが、様々な役をこなせる安定した演技力は高く評価されています。

 

ここまで数えきれないほどの作品に出演していますが、名脇役とも呼ばれる俳優なので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ